お金のヒント」カテゴリーアーカイブ

どうやらアメブロの『REQU』がコンテンツやサービス提供には便利っぽいぞ!?

こんにちは。こころ豊かに働く人を増やすお坊さん!無理せず起業塾、塾長の阿部です。

やばい!!!最近ノーマークだったから、気が付いてなかった!!

アメブロめっちゃいい感じに進化してるやん

とくに、今回大きなポイントが、

  1. あいまいだった商用利用禁止規定の廃止
  2. REQUサービスのスタート

この二つは、かなり大きい。

ごめんなさい。おととしの今頃は、アメブロはぐるっぽもなくなるしもうだめだ!!!と言っていた私は誠心誠意謝ります。ごめんね。

ここまで思い切って商用利用しやすい方向に舵を切ってくるとは全く思ってなかったから、これなら、アメブロに戻ってもいいし、アメブロで本気出す意味が十分あるくらいのルール改定だね。

元アメブロガーとして、もう一回アメブロを信じて、チャレンジしてみようと、今、アメブロを復活させました。

こうなってくると、だぜんアメブロは、本来の強さ取り戻してくるよね。

元々は、ビジネスブロガーがたくさんいて、そこだけで十分利益が出るアメブロバブルという時代を作ったアメブロが、他のツールのいいところ真似て、進化して戻ってきた感じ。

実はアメブロが廃った理由は、単純にあいまいな商用利用禁止規定を執行して猶予なしにブロガーさんのブログを強制的に消しちゃったから。

私も消された張本人だから、あの時の怒りと失望は、半端じゃなかった。

でも、今回その商用利用禁止規定が取れたことで、また人が集まる可能性が格段に上がってきたわけだ。

さらに、今回スタートしたREQUは、じつは、仕組みとしては、今、流行りのnoteとか、ココナラの仕組みの合わせ技の仕組み。

まだ甘いところはあるけど、今の段階でかなり、noteやココナラの2つより便利。というか、サイト分けなくていいし、何よりアメブロと直結しているので、宣伝広告がしやすい。

実は、noteもココナラも宣伝広告は、他のSNSの力を借りないと無理な状況なので、それなら、アメブロでブログを書いて、どんどんフォロワーさん増やして、そこに、商品をREQUで発表して、販売すれば、かなりスムーズな流れができるわけだ。

さらに、ココナラなどにある、『外部誘導の禁止規定』これが私が、ココナラを嫌った理由。

これって何かというと、メッセージのやり取りもサービスのやり取りもココナラの中だけでやって、他のツールを使うの禁止。というルールなんだよね。

そうなると、私達みたいに、プロの経営者からすると、ZOOMで相談に乗りたい。もっと詳しく話聞いてあげたい。そんな風に思っても、してあげられないんだ。

noteも、記事の販売はできるけど、それ以外のことには全く使えない。

だから、片手間でやっているようなサービスならいいんだけど、本気でやっている商品とかになると、今度は、インフォカートとかを使うことになる。

そうなると、あれはココナラ、それはインフォ、これはnoteという風に、てんでバラバラでかなりめんどくさかったんだよね。

それが今回から、REQUに統一ができそうなんだよね。

こういう、商品を提供するときの会社さんのズレって、お客さんにも迷惑かかるし、何よりも商品提供が面倒。

さらに、売り上げからとられる手数料も会社ごとにとられるから、結構馬鹿にならないんだ。

そんな不満があって、結局直接銀行振り込みにしてもらうことがどうしても多くなっちゃってたんだけど……。

これなら、かなり便利に使えそうだ^^

ということで、私は、インフォカート以外のNoteとココナラは今日で引退かな~。

もちろんこれからの動向を見ないといけないので何とも言えないけど、そうなると、ブログの更新も、アメブロでも本格的にやらないとね。

じゃあ、さっそくフォロワーさんサクッと1000人目指して動こうかな^^

ということで、REQUのページを作りました。皆さんも参考に見てくださいね。

無理せず起業塾でしっかり学びたい方のためのコンサルはこちら

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら

 

順番を間違えるな!あなたはまだ、ブログ更新のタイミングではないかもしれない

こんにちは。こころ豊かに働く人を増やすお坊さん!無理せず起業塾、塾長の阿部です。

コンサルをやってて、最近つくづく感じているのが、「手ごたえ」というのをどうやって感じさせてあげるかなんです。

人によっては、お客さんが増えているのに、満足しないというか、焦り続けている人もいます。その状態では、不幸になるからダメだよとアドバイスすると、怒っちゃう。

そういう人に、冷静にきちんと自分の状態を見つめなおす何かを作らないといけないなと思い、こんなテキストを作りました。

無理せずのコンサルで相談した内容を書き記すシート。

というか、1年間で、12回~24回やるわけですから、並べてみると結構な量になるんですよね。

これは、最初に書く事業計画ね。集客の戦略とか書きます。

こういう自分の努力を見える化してあげることがものすごく重要なのかもしれない。

今まで、私の方で打ち込んでデーターで送ってはいたんですが、やっぱり自分で書きこんでいくのが、いいのかなと思って、今回からは、冊子にして皆さんのもとに届けることにしました。

こんな感じでね。1人1人作ります。最初に。

ところで、このテキストを作りながら、感じたんですが、私はブログ集客などのサポートをするので、ブログをまず書かせることに目がいきがちだったんですが、まだ、ブログを書けない段階の生徒さんというのもいるのかな?

ということに最近気が付いたんです。

そのブログをまだ書いちゃいけない段階というのが、

  • 自分の商品が定まっていない
  • 自分のやりたいことが定まっていない
  • 自分が救いたい人が決まっていない

要するに、商品や自分の価値が定まっていない人は、ブログを書いてもぼやぼやボヤ。そんな感じになってしまうんですね。

だから、まずは、自分の商品を徹底して決めてしまってから、ブログに入った方がいいのかなと思うんです。

元々は、ブログに慣れるために、なんでもいいからとにかくブログやってみよう!!!

という主義だったんですが、最近それを切に思うんです。

だって、知識不足でブログ書けないんだもん。

それで書く内容悩んでる時間がもったいないから、それだったら、まずは、商品決めて、お客さん決めて、その業界しっかり勉強して。

それが最初なのかなと思うんです。

そういう人一人一人違いがあるので、その管理や、アドバイスが、難しいところがあったんですが、今回からはこのテキストを使うので、皆さんも私も考えていることが共有できますからね。

バランスよく、サポートできると思います^^

ということで、無理せず起業塾のコンサルサポート!集客や、起業のことで悩んでる方は、私に声をかけてくださいね。

無理せず起業塾のコンサルはこちら

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら

 

あなたは自分の事業をあきらめてたたむタイミングをしっかりと決めてますか?

こんにちは。こころ豊かに働く人を増やすお坊さん!無理せず起業塾、塾長の阿部です。

私が行政書士時代相続系のサポートをしていると、よく耳にしたのが『自分はまだ死ぬわけじゃないのに遺言を書くなんて縁起でもない』なんて話を耳にすることがしばしば。

でもね。これって、皆さんがプロの法律家ならわかると思うんですが、そうじゃないよと思うと思うんですよ。

実際、私のところにも、20代で遺言を書いた人から『遺言を書いたことで前向きに生きられるようになりました』というメッセージを頂いたことがあるんです。

ということは、これ、相続から、事業に置き換えてみてくださいね。

事業というのは、『法人』というなんちゃっての人です。人と同じように生まれ、そして廃業という名で死を迎えます。

ところで、行政書士さんとか、遺言を扱っているのに自分の遺言を書いたことないとか、自分の事業の遺言でもある撤退条件を決めてないとか、結構いらっしゃいません?

ということで、実は大事な『撤退条件を決める』ということについてお話ししていきます。

撤退条件というのは、簡単に言うと、事務所を潰す目安のことです。

実は、感覚で経営をしているとこの撤退条件というのを見過ごす人がたくさんいます。

根性論で乗り切ろうとする人もいますが、根性論で乗り切ってきた私だからこそ、あんまり賛成できない戦略だなと思うんです。

というのも、明確なプレッシャーがないので、本当に追い込まれないと自分が本気になって必死に営業とかかけられなかったり、あるいは、人によっては借金まみれになってしまうなんてこともあるから。

私は、事業というのは、何度潰しても、やり直しがきく潰し方ならそれは成功のためのプロセスだと思っています。

実際私も、行政書士はやめているわけで、でも、その行政書士をやっていたことが今こうやって生きているわけですから、失敗ではないわけですね。

周りが何と言おうと、あなたや私が幸せなら、それはやっかみでしかないので、聞く必要はありません。

その一方、自分の今の事業に執着して、今までの努力がもったいないとしがみついて、借金を重ねて事業どころか、人生そのものが苦しい状況に追い込まれる人もいます。

この状況になったら、私は、事業としては、再建できないまずい辞め方。つまり、初めてこの時に、失敗と言えると思っているんですね。

そして、この失敗は取り返しがつきません。

だから、この失敗だけは絶対に避けなければならないわけです。

さて、そんな中、「再チャレンジができる撤退ライン」を明確にしておくのはとても重要です。

実際、新しい無理せずの事業計画書でも、私は、撤退ラインを必ず書いてもらうようにしています。

その撤退ラインは感情論ではなく、明確な根拠をもって、ここから先は、進んではいけないラインと誰が見てもわかるようにするのが大事なんです。

たとえば私の撤退ライン。

私の場合は、廃業ではなく、事業内容の見直しになりますが、

  • 労働時間が1日平均8時間を超える

こういう基準もあります。これを超えてしまったら、事業を見直さないと、体を壊し仕事が続けられなくなるからですね。

そういう風に、自分の売り上げだけでなく、様々な時間や、家族との関係、私生活なども含めて、ゆずれない撤退ラインを明確にしておくということはかなり重要です。

ということで、皆さんもしっかりと撤退ラインを決めて明記しておいてくださいね。

そうすることで、自分がダメな時といい時が分かりますから、自信をもって前に進んでいけるようになりますよ。

無理せず起業塾で一緒に事業計画を書きませんか?3カ月で一緒に集中して作りたい方はこちら

1年かけてじっくりと総合的にサポートを受けたい方はコンサルを受講してくださいね

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら

 

あなたはHPに青色を使ってはいけないかも!色にあるメッセージをしっかり読み取ってますか?

こんにちは。こころ豊かに働く人を増やすお坊さん!無理せず起業塾、塾長の阿部です。

皆さん!夏といわれるとどんな色をイメージしますか?

海や、空の青。または、熱いのが好きな人は、太陽の黄色だったり、赤だったりオレンジだったり。そんな風に、色って実はその色以上にいろんな意味が込められているものです。

ところが、そういうイメージを全く無視して、名刺やHPのカラーを決めている人って案外多いんですよね。これって、自分で自分のお客さんを減らす。そんなばかばかしい選択をしているということになるかもしれないんです。

たとえば、保育園や学習塾などのカラーなどで、青を使うか?オレンジ系を使うか?これって大きな選択の分かれ目なんですよ。

カラーの本などを見て一度勉強してもらうとわかりますが、色というのは、それぞれたくさんの意味を持っているんです。

たとえば、先ほど例に出した青。

これって、知的さや冷静さを表す色で、ちょっと賢い雰囲気の学習塾やお受験用の何かみたいなときって、ブルーを使っている人が多いんです。

その一方、暖色系といわれるオレンジなどは、温かさ、優しさなどを表すといわれています。

ということは、保育園などで考えてみると、「子供と楽しくワイワイフレンドリー」という方針で、ブルーのイメージカラーでHPなどを作ってしまうと、実はお客さんは無意識に、そのちぐはぐ間に不安を感じ始めてしまうんです。

実はこういう些細なミスというのが、後々大きな足かせになることは多いです。

特に多いのが、士業で、温かみを出す事務所運営を謳っているのに、なぜか全体カラーはブルー。

こういうことが重なってしまうと、不信感につながるケースもあります。

実はある生徒さん。私が入塾する前にHPを見させていただいたときに、この生徒さんちょっと厳しいかな?と思った方というのが何人かいらっしゃいます。うちの雰囲気に合わない人かな?と感じるような怖そうな雰囲気を出していたんです。

ところが実際に話してみると、あれ?なんかHPで感じた印象と全然違うな~。そんな風に感じることって珍しくなかったんです。

ということは、実際はいい人なのに、HPでは、怖い人という雰囲気を出してしまっている。

つまりお客さんに、「怖い人」と伝わっているので、仕事がないんです。

というように、HPのせいで逆に仕事を減らしている人もいるんですね。まぁ、この事例は後でまた話をしますが、このような現象が色が原因で起こることもあります。

たとえば、私は、開業1年目のHPをなぜか、黒も壁紙に赤の文字で言葉を書き込むという、恐怖のHPを作ったことがあります(笑)

その時の伝説の画像はもうないんですが、ただ、そんなホラー配色でHP作ってたら誰もお客さんなんて来やしません。

そこまで極端なことをしていないとしても、それに近いことをしている人は、案外多いんです。

そして、これは、『色の効果』をというのと『自分が伝えたいコンセプト』というのがしっかり決まっていないからなんですね。

これらの原因は、あなたが事業計画書を書いていない。または、事業計画書を生かし切れていないことに原因があります。

事業計画で、『誰にどんなイメージを持ってもらいたいのか?』がしっかり定まっていれば、そんなトラブルに巻き込まれないのですが、それがあいまいなままなので、いつまでたっても、無駄な行動をしてしまうわけです。

そして、それが原因で信頼を落とすんですね。

せっかくお金や労力をかけてHPを作ったのに、そんな不幸なことになってもいいのでしょうか?

そうならないように、しっかりと事業計画書を書くようにしてくださいね。

事業計画書を一緒に書いて、10年後まで迷い少なく進んでいけるようになりたい方は、こちらをご覧くださいね。

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら

 

お客さんに値切られていつも安くしてしまう…そんな行政書士さんの原因はこれ

こんにちは。こころ豊かに働く人を増やすお坊さん!無理せず起業塾、塾長の阿部です。

熱くなってきましたね。地域によっては梅雨入りということですが、私の事務所のある新潟は6月ですが、めちゃくちゃ熱い!日差しの強い天気です。

さて、そんな中ですが、昨日から『短期集中コンサル』がスタートしました。

今までの無理せずは、全部総合的に相談に乗り解決策を提示しますよ。というものだったんですが、この『短期集中コンサル』によって、HPだけ!とか、SNSだけ!というような受講の仕方ができるようになりました。

あなたも、自分の悩んでいることが明確であれば、この短期集中コンサルを受講していただけるといいのではないかなと思います。

短期集中コンサル一覧はこちら

ということで、今日の本題に入ります。今日からしばらくは、事業計画書のコンサルがスタートした記念で、事業計画書についての話をどんどんしていこうと思います。

実は、私が事業計画書について口を酸っぱく言うようになったのは、この3年くらいのことです。

それまでは、私はあくまでも集客コンサル、もっというとネット集客コンサルとして、ネットのアドバイスだけをしていました。

ところが、お客さんが集まっているのに、物が売れなかったり、売り上げが上がらないというひとが多発したんです。

正直に言うと、私は、集客のコンサルなんで、お客さんが集まるような状態を作り上げているんですから、そこから先は皆さんの自己責任。

お客さんに対して、ものを売るのも、そのままいい人としてへらへらしているのも、正直言うと私の責任ではないという考え方もできました。

ですが、そういう人を他のコンサルさんがどんどん増やしている現状で、誰かが、そこの部分をカバーしていかなければならない。

だって、本当に利益が上がらなければ、その事業は続かないわけなんですから。

ということで、私はその原因である、それぞれの生徒さんの弱点を一人ずつ潰しながら、「どうするとこういう問題が、最初のうちに浮き彫りになるかな?」「どうするとここで躓かなくなるかな?」と考え続けました。

そんな中、気になったのが、行政書士さんを含む士業さんの多くが、『自分のどの商品をどのくらいいつまでに売りたい』というビジョンすら見えていないということ。

これは、正直まずいでしょ。という気持ち。

だって、どの商品をいくら売れば、いくら儲かるのか?ということもわからないで、営業をかけていて、どの商品をお客さんにアピールしたいのか?最低でもどの商品を売りたいとか、全然見えてない。

そうしたら、売りたいものも、売るべき相手もブレブレになって当たり前なんです。

そんな状態で、お客さん任せで、仕事していても、それは苦しくなりますよね?

だってお客さんの気分であなたに入ってくる売り上げが変わるわけですし、だれかれ構わず営業しないとだめなんで、営業の時間も労力もかさむ。

それは、悪い方向にしか出なくなりますよ。

とくに、利益をどの業務でどれだけ出すか?ということが決まっていないので、価格すらブレブレになる。そういう状態を見透かされて、値引き交渉をされて、値切られる。

こんな状態で、はたして本当にいいのでしょうか?

もちろん、事業計画書なしでも、天性の感覚でそれを乗り越えられる人もいれば、人一倍の行動力で乗り越える人もいます。

でも、それだけでは、長く続けるのはきついんです。

さて、あなたは事業計画を書かずに、その沼地に足を踏み込んでいって本当に大丈夫ですか?

そんな沼地に入りたくないな~。という方は、私と一緒に事業計画作りましょうね

無理せず起業塾の授業の紹介
無理せず起業塾HPはこちら
無理せず起業塾でサポートを受けたい方のためのコンサルはこちら
無理せず起業塾の無料ツールを体験&無理せずで交流
2019年スタートの新メルマガ!長く続けられる孤独でつぶされない『本当に幸せな経営者として生きる知恵』を身につけましょう
行政書士向けの無料メルマガ「食えない行政書士を脱却する」はこちら
毎週20時から生放送!無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら