起業サポート(玄徳庵)」カテゴリーアーカイブ

お客さんが突然豹変!相続実務などで苦労するタイプ2のお客さん

こんにちは。玄徳庵塾長の阿部です。

さて、今日から玄徳庵に新しい仲間が加わり、ブログ配信がスタートします^^

今日の登場人物は、タイプ2の『げんとくさん』をお客さんにして悩んでいるタイプ6の『しりゅうさん』とのお話です。


■今日の登場人物

 

げんとくさん。普段は温厚で思いやりのある徳の高い人。ところが今回は、なんかものすごく怒っているらしい…

 

 

しりゅうさん。誠実な対応に定評のあるみんなに信頼される苦労人。今回は、玄徳さんの家庭の揉め事を、穏便に解決するために頑張っていたが、突然、げんとくさんが暴れだして、びっくりして、塾長のもとに駆け込んできた。

 

 


しりゅう「じゅ、じゅくちょう!!!!」

阿部「うん?しりゅうさんどうしました??」

しりゅう「じつはですね。げんとくさんの家族の相続の依頼を受けていたんですが、ご両親の葬儀中にげんとくさんが突然暴れだしまして…」

阿部「うん?あの温厚なげんとくさんが?」

しりゅう「はい。だからびっくりして。何せ、『柱に縛り付けて鞭打ちにするんだ!!』と、大騒ぎしてしまっているので」

阿部「…どっかで聞いた話だな」

しりゅう「こういうときってどうしたらいいでしょう?」

阿部「はい。ということで、タイプ2のお客さんが、突然怒っちゃったときの対処法を考えていきましょう」

<授業開始>

阿部「それでは、今回『げんとくくん』タイプのタイプ2のお客さんが、怒ってしまった場合の対処法です」

しりゅう「うん。実は案外、げんとくさんキレますからね」

阿部「温厚キャラな割には、キレますよね」

しりゅう「で、今回は何がまずかったんでしょう?」

阿部「おそらくなんですが、げんとくさんにいろいろ協力してもらったのに、感謝しなかったとか、誰かがお仕事手伝ってくれたのに、ないがしろにしたとかありませんか?」

しりゅう「うーん。思いつかないですね」

阿部「おそらくしりゅうさんではなく、今回は相続ということですから、親族の中に、だれか、そういう横暴なことをした人がいたのではないですか?」

しりゅう「あ!!息子さんが、今回手続きに協力してくださったげんとくさんの弟さんに失礼な対応してました」

阿部「おそらくそれです」

しりゅう「というと?」

阿部「タイプ2の人は、誰かのために一生懸命頑張った人が報われないことに強い怒りを感じます。そういうことをする人がいると、その報われない人を守ってあげようと怒り出します」

しりゅう「怒るのも誰かのためなんですね」

阿部「まぁ、自分がないがしろにされたときも、怒り出すので、誰かのためだけではないんですが、でも、それが分かると解決策が浮かんできますよ」

しりゅう「どんな手ですか?」

阿部「例えば、そのないがしろにされている親族の方に、大事な役割を何か与えてください。そうすることで、敬意を示していることを伝えられるので、思いのほか、トラブル解決が早いかもしれません」

しりゅう「うーん。たとえば?」

阿部「例えば、今回相続ということで、現在葬儀の準備中ですよね?それなら、喪主を任せるわけにはいきませんが、たとえば、おとぎの会場係とか、そういう配役を頼めばいいんです。『あなたを信頼してるよ』『感謝してるよ』の意思表示が大事なんです」

しりゅう「わかりました。提案してみます」

さて、タイプ2の人は、普段おとなしかったり、温厚な方が多いのですが、怒りだすと本当にびっくりするくらいおこります。というか、怒り方が下手なんで、周りがパニックになってしまうことがあるんです

そういうときは、たいてい、何かしらを守ろうとしていたり、理不尽な状態で損をしている人がいることなどが「情」で怒っていることが多いので、その原因をしっかり解決させてあげましょう。

この人は怒らない人と、勘違いして、対応していると、一番最後に大きな爆弾が投下されてあなたの努力が、全部無駄になる原因にもなりますので、こういう方にこそしっかりと向き合って丁寧に接してくださいね。

あなたは自分のキャラクターしっかりと把握して、弱点と強みを生かせていますか?本当の自分にあった幸せを見つけるコンサルが玄徳庵にはありますよ。

NEW!!最新情報はこちら!

無理せず起業塾の無料メルマガで「負けない起業」について学びましょう
無理せず起業塾授業紹介!!
無理せずが初めての人向け!あの人は成功しているのに私はなんでうまくいかないの?そんな理由が見えてくる『夢をかなえるレベルアップ講座』
【NO1】夢をかなえる事業計画書講座で未来の地図を作って将来の不安をなくそう!
【NO2】文章力&会話力でお客さんを次々GET!『夢をかなえる伝達力アップ講座』
【NO3】利益が出ない?そのままでいいわけないよね『夢をかなえる商品力アップ講座』で解決しよう

 

初めての方向け!玄徳庵のブログ講座の特徴!

こんにちは。玄徳庵塾長の阿部こうめいです。

起業の成功のスタイルは一つではなく、何百通りもある。大事なのは、自分にあったスタイルで、長く続けていける仕組みを作ること。私たちはそう考えています。

さて、玄徳庵では、そんな思いをかなえるため皆さんに起業に関する知識をより分かりやすく身に付けて頂くためにあなたの性格ごとに指導方針や目標を変える『タイプ別分析のエニアグラム』を採用しています。

しかし、エニアグラムといわれても、なかなか、自分の落としこめない方が多いのではないかなと考え、玄徳庵のブログでは、9人のキャラクターを設定し、それぞれのタイプに合わせた起業のスタイルについて、話をさせて頂く形にしています。

自分にあった起業法を見つけ、その実現のために頑張っていく。

そろそろ、誰かの成功事例に踊らされて、自分の望まない生き方でなんちゃって成功を求めるのはやめませんか?

そんな、囚われを抱えてで苦しんでいる、あなたを解放し、幸せの一歩を踏み出すきっかけになるためのブログです。

なお、登場人物は、会社の名前にちなんで三国志の登場人物をモデルに設定してますが、それらの人物が、正式にそのタイプということではなく、そのタイプを演じてくれている設定としていますので、ご注意ください。

★このブログの登場人物★

エニアグラムタイプ1【完ぺき主義タイプ・革命家タイプ】

名前:白いこうめい

『泣いて馬謖を斬る』で有名なルール重視の真面目な人。公正誠実な人で、世の中を良くしていきたいと願っている。

正論で戦ってちょっと損をしがち

 


エニアグラムタイプ2【愛情タイプ・献身家タイプ】

名前:げんとくさん

人を見捨てることが出来ない愛情深い人で沢山の人に好かれる。自分のことよりも人を大事にする。心のつながりを重視

が、それを裏切られたときの怒りのパワーは半端ない

 


エニアグラムタイプ3【カリスマタイプ・達成者タイプ】

名前:もうとくさん

キラキラしているカリスマタイプ。常に結果を出す超人タイプで、周りの人からもあこがれられている。優れたボス

ただし、敵も多く、頭痛がひどくなるくらい結構苦労している

 


エニアグラムタイプ4【個性的な人・芸術家タイプ】

名前:こうきんさん

平凡であることは嫌だ!!人と変わったことをしていたい。一人ひとりの個性を重視する芸術家タイプ。個人主義で、自己探究心も高い

ただし、自分は他の人から正当に評価されていないと他人(主にこうめい)に嫉妬し羨望してしまう癖もある。


エニアグラムタイプ5【調べる人タイプ・観察者タイプ】

名前:くろいこうめい

知識大好き!どんどん知識を集めて、論戦をしていくのも好きな学者系タイプ。とにかく博識だが、周りにそれを伝えようとは思わない。

外に出ずに、知識だけを蓄えて自分ひとりだけニマニマして、三顧の礼で無理やり引っ張り出されるまで、社会に出たくなかった。


エニアグラムタイプ6【忠実な人タイプ・堅実家タイプ】

名前:しりゅうさん

ザ!日本人タイプ。自分が信じる人にとことんついていく忠誠心の塊。堅実な人で冒険はしないが、回りからの信頼度はめっちゃ高い。

ただ、依存体質になってしまいやすく、堅実さを求めるあまり、チャンスを逃す傾向がある


エニアグラムタイプ7【熱中する人・楽天家タイプ】

名前:よくとくさん

基本ポジティブで行動力もあり、みんなを愉快にしてくれるユーモアのある人物。いろんなことにチャレンジして、結果を出していく

ただし、綿密な行動は苦手で穴が多かったり、飽きっぽく、その隙を突かれて守っていたお城とかとられちゃったりする。


エニアグラムタイプ8【チャレンジャータイプ・統率者タイプ】

名前:うんちょうさん

何もしなくても貫禄があるので、気がつくとリーダー格にされている親分肌。とにかくパワフルで、敵味方の意識が強い

下への面倒見はいいが、圧がやや強い。だれかに屈するのが苦手なプライドの高さがあり、気をつけないと裏切られて大変な目にあっちゃう

 


エニアグラムタイプ9【調停者タイプ・平和を愛する人タイプ】

名前:あいぼう

本当は三国志からやら糜竺やら孫乾を出したかったけど、画像が用意できなかったので相棒が担当することになった。

議論や論争を好まず、みんなで和気あいあいしている雰囲気が大好き。周りに合わせて自分を変えていける自己主張の少ない人たち。

ただし、意外と頑固で、成功者になることよりも自分が快適に暮らせる環境を作ることを目標にするタイプ


講師役(タイプ8)

名前:あべさん(こうめい)

こうめいと名乗っていたが、今回登場人物に、こうめいが2人も出てくるので、阿部さんに名前を戻すことにした玄徳庵の塾長。

お坊さんで元行政書士という変わった肩書きを持つ教育者。26歳で独立し、経営社歴11年。教育者歴14年。という経歴を持つ。

エニアグラムで言うところのタイプ8のクマさんタイプ。三国志が好きだったが、三国志をまったく知らない師匠に、玄徳こうめいの名を授かり、ちょっとした運命に震えている。

玄徳庵は、自分の名前からとって設立した。


★それぞれのタイプごとのブログ

玄徳庵では、これらのキャラクターが、自分の個性を生かして、仕事をしていきます。時には悩み苦しみながら、生きて行く彼らに、塾長の阿部からアドバイスをしていくスタイルでのブログ更新になります。

各タイプごとにブログはまとめますので、自分のタイプや、周りの人のタイプなどに合わせて、ごらんくださいね。

タイプ1

タイプ2

タイプ3

タイプ4

タイプ5

タイプ6

タイプ7

タイプ8

タイプ9

全タイプ共通

★その他のブログ記事★

ブログ全部を見る

玄徳庵のお客さんの感想

玄徳庵の活動の様子

玄徳庵の旧スタイル『無理せず起業塾』時代の記事

★最新記事はこちら

 

玄徳庵の生徒さん&OBさんロングインタビュー 大阪の行政書士長島崇さん

こんにちは。無理せず起業塾(玄徳庵)の阿部です。

今日は、大阪の行政書士事務所の所長で、無理せずの生徒さんから特別講師陣になってくださった行政書士。長島崇さんに、インタビューをさせていただきます。

阿部:今日はよろしくお願いします。忙しいのにすいません。

長島:こちらこそ!阿部さんの役に立ってるんであれば、ありがたくお受けします。

阿部:長島さんのフットワークの軽さは、すごいですよね。菅原さんを見ていてもすごいと思いますが、やっぱり、飛び込み営業や御用聞き営業をしている人はすごい!ネット集客とはまた違うすごさを感じます。

そもそも無理せずに入られたきっかけって何ですか?

阿部:改めて、なんか長島さんに聞くのも失礼な気がするんですが、無理せずに入られたきっかけってなんでしたか?

長島:そうですね。実は、行政書士事務所を開業して3年目で、ほとんど仕事を受注できなかったんですよ。

阿部:そうですね。士業では珍しくはないですが、結構厳しい状況ですよね~。

長島:また、オフレコで、阿部さんは知ってるんですが(笑)得意なアナログ営業をここでは言えない理由でできなくなったこと、選んだ業務が悪かったことから途方にくれるようになってしまったんです。

阿部:ああ、得意なのが使えなくなる時は、ありますね。自分のせいだけでなく、外的要因などが原因だったりもするんですが。

長島:阿部さんもですか?そうなんですよ。オフレコなんであんまり話せないですけど(笑)そんなところで、とりあえずホームページビルダーで自作したHPから問い合わせが来たことから、ネット営業に可能性を感じたんです。

阿部:アナログ営業派のネットに、反応があるって、結構珍しいことですよね。菅原さんなんて、大阪セミナーの時点で全く反応なかったみたいですが(笑)

長島:それが、幸いあったんです。で、一度、ネット営業のやり方を勉強しようと思い、「行政書士 食える」とか「行政書士 ネット営業」みたいなキーワードで検索しまくったら、「無理せず開業講座」を見つけて、たまたま大阪でセミナーを開催することを知ったので、2日間セミナーのうちの2日目(無料でネット集客する講座)に参加したんです。

阿部:あ、そうでしたね。あの時2日連続で参加された方が多かったので忘れてましたが、長島さんネット集客の日だけでしたね。ということは、1回のセミナーだけで、私たちとの縁ができたんですね。

長島:正直、相当期待してました(笑)

阿部:やばい。プレッシャー(笑)

実際、無理せずのセミナーを受講して、何か変わりましたか?

阿部:で、どうでした?(ドキドキ)

長島:いや~、すごくよかったですよ。当時、ないお金を握りしめて、参加した過去の私をほめたいくらいです(笑)

阿部:誉めてあげてください(笑)

※この時長島さんが参加されたセミナーは、今無理せずのコンサル生さんが、全員無料で見れるようになってます。

長島:そのあとも、無料コンサル(現在の無理せず起業塾の0期生のコンサル)を受けながら、言われたことを、実践していったんです。

阿部:具体的にどんなことしたんですか?

長島:アメブロを使うことや、ビジネスに向いたテンプレートがあることをセミナーで勉強し、早速記事を増やしたり、ペイントでヘッダー画像を作ったり、リンクしたりといろいろ作業をしたんです。

阿部:思い出してきました。長島さん質問よりも行動早いから、私が何やかんやアドバイスする前に、すごい勢いで、HPとか完成させちゃいましたもんね~。あれ、皆さんに見習ってほしい。

長島:ありがとうございます(笑)そうしたら、1カ月くらいで問い合わせが来たんですよね。ネットから。

阿部:よかった(笑)やっぱりきちんとしたやり方で、きちんと努力すれば結果って出ますよね^^

長島:いや~。驚きました。こんなに短期間で成果が出たので、もっと記事を増やせば、SEO対策になっていくと思い、必死に更新したことを覚えてます。

阿部:でも、そのあとネット営業で、長島さん収まらなかったのはどうしてなんですか?

無理せずで成功体験を積んで、自信をつけたからこそ、過去のトラウマに向き合い次に進むことができた

長島:そうですね~。アナログ営業が封じられて、最初やっぱり困ってたんです。

阿部:そうですね。その相談も乗らせていただきました^^

長島:その節は…。

阿部:いえいえ。

長島:そんな時に、ネット営業を進めていき、自信がつくようになってからは、アナログ営業に回帰したんです。今までとは違うことで、結果が出て自信が出ると、色々チャレンジできるようになります。

阿部:ああ、それすごく共感します!すごくそれ大事ですよね^^

※いまでもコンサルでは、こんな感じで、皆さん質問されてます。

長島:で、そこでも実績アピールを少しずつだが、うまくできるようになり、税理士や司法書士からの紹介が出てくるようになったんです。

阿部:そうでした。確か、何をアピールすべきか一緒に考えましたよね~。

長島:はい。そして、結果が出てきたので、少しずつお金をかけられるようになって、アナログ、ネットの両輪で営業していけるようになったんです。

阿部:両輪という考え方すごくいいですね~。

長島:それで、ずいぶん回り道したんですが、経営者としてのスタンスを確保できるようになったとは実感できるようになって。今の私がいるんですね。

阿部:無理せずの大阪のイベントは、必ず、長島さん来てくださいましたもんね。大阪というと、今度インタビューする安藤さんと長島さんの信頼できる二人がいてくれるので、ホントほっとします。

長島:私も、おかげで、「無理せず起業塾」で、今、特別講師として活動させていただいているわけですからね~。

無理せずの特別講師を引き受けた思いと、それからどんなことを感じたかを教えてください。

阿部:長島さんの場合は、私がスカウトした、初期の特別講師陣4人の中の一人として、『屋根裏対談』などの人気テキスト動画の作成にかかわっていただいてますが、正直最初のころ、オファーをもらってどうでした(笑)

長島:これ、正直に話していいですか?

阿部:いいですよ(笑)それが無理せずです(笑)

長島:そうですね(笑)無理せず起業塾は、同業者の行政書士だけ見ていても、民事業務を主力業務にしたい方が多いので、私の営業法や戦略等がマッチするのかなと思ったという気持ちもありました。

阿部:最初は、自分の事業の縁づくりという面もあったんですね。我々も、最初はそうでしたからね~。

長島:そうなんです。が、自分自身が阿部さんとの出会いで、気付きや得られたものが多いので、それ(阿部さんの思い)にこたえたいなと。

阿部:ありがとうございます(泣)

長島:なんで、阿部さんを見習って、特別講師を引き受けてからは、本当に出し惜しみすることなく情報発信し続けているんです。

阿部:『屋根裏対談』なんか、外部に漏らせない本音ばっかり話してくれてますもんね(笑)あれ、すごく面白いです。長島さんの企画でしたよね。

長島:そうです。そうです。「屋根裏中継(やったっけか?(笑))」やと思ってましたが(笑)

阿部:企画の名前間違えてる~(笑)

長島:あれも、非常に評判がいいと聞いているので、うれしいです。これも特別講師を受けたからこそできたことだと思っているんで、引き続きやっていきたいですね。

阿部:あの軽快な福島さんとのトーク。マネしたいんですけど、私と菅原さんではできないんですよね~。2人だから、いける屋根裏対談ですよ。

長島:あとは、教えることによって、逆に、現在の自分の考え方やトレンドにブレが無いかをチェックする大事な場所にも、無理せずがなってます!

阿部:そうそう。これは、教える側に立ってみて初めて分かることですよね。人に教えるということは、自分を何倍も見つめなおすということ。自分も一緒に成長できるんですよね。

長島:ほんと、阿部さんって、人育てに一生懸命ですよね。尊敬します。

阿部:ありがとうございます。

最後に、開業したての方や、開業を躊躇している人へ一言!

阿部:では、最後に開業を躊躇している人へ、先輩起業家として、一言お願いします^^

長島:私、行政書士講座の講師なんで、行政書士の方向けにお話ししていいですか?

阿部:お願いします!

長島:開業を考えている方、本当に行政書士でいいのですか?あえて厳しいことを言いますが、この仕事は生半可な気持ちでは絶対にできません。また、大金持ちになれることはまずありません。

阿部:(うん。)

長島:楽して大金持ちになりたいなら、士業は選択せずに、違う業種で社長になりましょう。

阿部:(うんうん。)

長島:金持ちになれない、集客は苦労する、仕事は責任重大、下手したら莫大な金額の損害賠償・・・。では、なぜそんな厳しい仕事を私は選択しているのか?

阿部:……

長島:それは、「私に仕事を依頼した社長の喜ぶ顔が見たい!」「そしてその喜びに浸りながら報酬をいただいて生活したい!」からです。

阿部:おお!それまさに、無理せずの理念ですね!

長島:はい。キレイゴトを言っているように感じると思いますが、本当にそうです。

阿部:うん。

長島:ちなみに、お金にとらわれていると、確実に他に依頼されます。お客さんは、意外とそういう言動や振る舞いに敏感です!だから、自分の失敗も含めて、いろいろとこの場を含めて情報発信しております。

阿部:ホントそれは、声を大にして言いたい。そんなことをさせるコンサルがいるのが、私は許せないんですよね~。お金より人。人が喜ぶから、お金はついてくるんですよね!

長島:あと、開業された方、おめでとうございます。もしかしたら短期間で軌道に乗せて、うまくいってる方がいるかもしれません。もしかしたら集客に苦しんでいる方もいるかもしれません。

阿部:(うんうん。)

長島:いずれにせよ、「行政書士で食っていく!」と決めたなら、それに向かって、なりふり構わず突き進むだけです。

阿部:……

長島:「ええカッコしい」では、生きていけません。町の社長さんは想像を超える苦労の果てに、今のポジションを築いております!それに比べれば、少なくとも私は、振りかえると大したことしていないと思います><

阿部:ホント起業家は孤独に悩んでます!長島さんがおっしゃる通り。

長島:はい。私もまだまだ成長していかないとダメなので、どんどん自分が出来ることを突き詰めて、この戦場で生き残っていこうと思います。お互い頑張っていきましょう!

阿部:私もそうですが、起業していると、人間はものすごく成長します。それは、自分の課題を乗り越えるために、自分の人生にこれ以上ないくらい、向き合うからなんですね。

長島:悩みますね~。

阿部:でも、それが楽しくもあり、だから続けられるんですよね^^さて、長い時間インタビューありがとうございました。今後ともよろしくお願いしますね。

そんな長島さんが、特別講師も務めている無理せず起業塾は、こちらから詳細をご覧いただけますよ。

NEW!!最新情報はこちら!

無理せず起業塾の無料メルマガで「負けない起業」について学びましょう