(新)廃業するな!魔の半年を生き抜く方法」カテゴリーアーカイブ

東日本大震災のときもらった岩手からのメールを読んだときから、災害のとき、真っ先に動くべき準備をするべき士業は行政書士だと私は思ってます。

こんにちは。あなたの夢をかなえる起業塾無理せず起業塾の阿部です。

台風が日本列島を通過していますが、皆さん大丈夫だったでしょうか?私の友人は、停電の被害にあっていたり、新潟も河川の氾濫があったりと、大変な状況が伝わってきます。

そんな状況を見ると、ふと私が行政書士として開業してすぐの2012年のにいただいたとある岩手の方からのメッセージを思い出すんです。東日本大震災から1年後のこと。

このころ、私は、行政書士として独り立ちできるようになり、無理せず開業行政書士講座を立ち上げて情報発信をしていました。

そんな時にとあるメルマガの読者さんからメッセージが届いたんです。

残念ながら、そのメールは消えてしまっているので記憶をたどりながら再現してみると、

「私は、東日本大震災で被災しました。そしてその被災から立ち直るべく、地元の人たちが、色々と頑張っている姿を見ながら、自分にできることはないのかと思い行政書士を目指すことにしました。いま、被災地には行政書士の数が足りていないように感じます。役所での手続きや、様々なことで悩んでいる方がたくさんいて、地元の行政書士さんたちも頑張ってくれていますが、圧倒的に人手が足りていません。そんな災害にあって困っている人たちを救うためにも、阿部さんたちのおっしゃっているような『行政書士の助け合いのネットワーク』というのをぜひ頑張って作って欲しいなと思います。私も合格したら、いずれ無理せずで一緒にお仕事させていただけるとうれしいなと思っています。応援してます。』

要約すると、このようなメッセージを頂いて、泣きそうになったのを覚えています。

自分の実力のなさ、そして、そういう災害時の自分たちの役割、そういうものに全く気が付けていなかった当時の自分は、ものすごく情けない気持ちになりました。

偉そうにみんなの前でいろいろ言っていながら、こんなことにすら気が付けていなかったのか…って。そして、それを知っても、応援に行くだけの余力のなさに、更に情けなくなったのを思い出します。

だから、私は、この方からいただいたメッセージをこの次の無理せずのセミナーで読み上げさせていただいたんですね。一人にでも、伝えたかったから。

災害の時は、真っ先に必要となるのが人命救助ですが、そのあと必要になるのが、対行政との懸け橋の存在です。

そして、この役割を担っているのは、間違いなく行政書士なんですね。

当然ですが、災害で困った人たちを応援するわけですから、お金にはならないかもしれません。

でも、それとこれは話が別です。

恐らくしばらくすると行政書士会なども動き出すかとは思いますが、まずは、自分の顧問先を中心に、自分のお客さんたちのケアーに動いていただければ嬉しいなと思います。

災害にあった方たちは、今は、そこまで考えられないと思いますが、しばらくして落ち着いてくると、いろんな不安に押しつぶされそうになると思うんです。

予想してなかった人生の困難というのに、人間は本当にもろいんです。

そのもろい状態になっている人を、カモにして詐欺行為を働く人たちも出てくるかもしれません。

そんな人たちの被害を防いでいくというのも、行政書士が近くにいればできるはずなんですね。

再度言いますが、こういう時は利益度外視です。

落ち着いたら払っていただければ。というレベルでもいいと思います。損得で考えてはいけないタイミングですので、とにかく、自分の普段お世話になっている地域や、普段お世話になっている顧問先のお客さん。

そして顧問先の関係安皆さんに、恩返しのつもりで、動くようにしてみてください。

もちろん自分が被災している人もいると思います。

そういう時は、まずは自分を守るところから。そして余力ができたら、自分の周りの人の状況を確認し、動けるだけ動いてください。

『情けは人の為ならず』

あなたがここでやった皆さんへの恩返しは、きっと何か他の形で返ってきますので、今はそこにがめつくならずに、しっかりと自分の恩義のある人たちをサポートし、行政書士としての役割である、役所と困ってる人々の懸け橋になれるように、自分が何ができるか考えてください。

行政書士現役でなくなっている私からできるのは、皆さんへの呼びかけだけですが、無理はしない。そのうえで、行政の動きに合わせて、いつでも動けるように。

そんな心構えで、これからの数日を過ごしていただければ嬉しいなと思います。

その上で、何もなければ何もないでほっとすればいいですし、他の地域の人の応援に行ってもいい。でも、不安になっている人が多いはずなんで、備えておくに越したことはありません。

あの時声かけて置けば…そんな後悔を私もしたことがあります。

だから、皆さんもそんな思いをしないために。悲しい思いを、顧問先や自分の身近な人にさせないために。

無理せずの生徒さん、無理せずのOBさん含め、このブログの読者さんたちが協力し合い、こういう時こそ積極的に活動していってほしいなと思います

一人でも多くの人が、変な被害や、不安、孤独に押しつぶされて不幸にならないように、活動していただければ嬉しいなと思います。

きれいごとといわれようが、何だろうが、こういう時動ける!そんなみなさんであってほしいなと願います。

 

開業して1年悩んだ、行政書士の存在価値ってなんだろう?

こんにちは。無理せず起業塾塾長の阿部です。

さて、最近また、行政書士の癖に。行政書士なのに。という、他士業さんからの批判や、『行政書士は安い報酬で仕事をするものだ』という、変な行政書士の思い込みで、苦労している人を見かけましたので、私の体験談を話します。

私も開業当初、行政書士の資格の生かし方に悩んでいました。

書類作成は出来るけれども、法律相談はダメ。紛争状態になったら、解決が出来なくなるなど、制限が多い行政書士。

どの仕事をしても、中途半端で、仕事を他士業さんに任せることになり、行政書士の存在意義って果たしてあるのだろうか?そんな風に悩んで、仕事を募集する勇気がなくなってきました。

そこに、今以上に他士業や、食えなかった行政書士からの誹謗中傷も多く飛び交っていたこともあり、内心は自信をなくして、ぼろぼろになりつつありました。

そんなときに、ある依頼者さんの相談を解決させようとしていた最中、準備中に、紛争状態に突入しそうな状況まで、事態が進んでしまったことがあり、あわてて弁護士さんのところに、依頼者と一緒に向かったんですね。

すると、その弁護士さんは、こんなことをおっしゃってくれました。

『今回の件は、私が担当しますが、正直弁護士は、刑事事件やいろんなこともあり、行政書士さんほど細やかなケアーが出来ないんです。その点ご了承をお願いします』

この弁護士さんはとてもいい人で、そんなことを私の依頼者にキチンと説明をしてくれたんですね。

確かに私は、依頼者と一緒に役所に行ったり、色んなところを回ったり、お客さんが不安をなくせるように可能な限りのことは一緒にやり、しかも、司法書士さんや、社労士さん、税理士さんなど他の士業にお仕事をお願いするときも、お客さんのケアーは、一緒に続けさせてもらっていました。

これは、お客さんが、阿部さんに話を聞いて欲しい。

阿部さんに一緒に他の事務所に来て欲しい。

そんな風にお願いされたので、私は極力それに同行して、丸投げというスタイルにしないように一人ひとり大事にケアーしてきたんですね。

それを、感じ取ってくれた弁護士さんからの、私への気遣いと、依頼者さんへの正直なお話だったんだと思います。

私はそういう意味では、本当にいい士業の先生ばかりに恵まれていたので、その点は、感謝したいところです。

そして、私はこのとき初めて、自分の役割に気がつきました。

行政書士は、書類を作るのが一番の仕事だ。でも、その書類作りだけなら、誰でも出来る。

それでも、私が選んでもらえる理由は、『他の事務所がしない細かにケアー』をしてくれるところに価値を見出しているんだ。

そして、そのケアーは、忙しい司法書士さんや弁護士さんには、出来ないことで、行政書士がまさに活躍できるポジションではないんだろうか?

そんな風に考えて、活動をするようにしました。

そうしたら、他士業の先生もそれに賛同をしてくださり、どんどん仲間の輪が広がり、仕事が増えていったんですね。

もちろん、そういう説明をしても理解してくれない先生も多いです。

でも、そういう生き方もあるわけです。

士業はとかく、喧嘩や討論が好きな人も多く、平然と他士業の批判や、愚痴をネットでつぶやいていますが、そういう発言をする人にはだんだんお客さんがいなくなってきます。

自分でお客さんを遠のけていることに気がついていないので、また、他の人を批判して、今度は廃業することになります。

行政書士にはキチンと存在価値があります。

でも、その価値に気が付けていない人が、その価値がないものとして、マイナスの情報を振りまいているだけです。

本来士業同士は、苦手を補って助け合うために資格が分かれているはずなのですが、今は、目くらましに合っている人が多く、その暗闇の中で、相手を批判すれば自分が何とかなるんじゃないかと、迷走している人も多いです。

そんなことはありません。

人は、『共生』という生き方をしながら、成長してきたはずです。それを忘れて、相手をつぶせば自分が変われると思っていてはダメなんですね。

そこの呪縛から早く抜け出す。

これが何よりも大事なことなんですよ。

さて、自信を持って、仕事に取り組みましょう。

以下お知らせです。

NEW!!最新情報はこちら!

無理せず起業塾の無料メルマガで「負けない起業」について学びましょう

現在開講中の授業はこちら

無理せず起業塾授業紹介!!
無理せずが初めての人向け!あの人は成功しているのに私はなんでうまくいかないの?そんな理由が見えてくる『夢をかなえるレベルアップ講座』
【NO1】夢をかなえる事業計画書講座で未来の地図を作って将来の不安をなくそう!
【NO2】文章力&会話力でお客さんを次々GET!『夢をかなえる伝達力アップ講座』
【NO3】利益が出ない?そのままでいいわけないよね『夢をかなえる商品力アップ講座』で解決しよう

 

なぜ、潰れにくいはずの行政書士の6割が半年で行政書士を廃業してしまうことになるの?

経営者の将来の不安をなくす無理せず起業塾の阿部浩明(あべこうめい) です。

今年は、無理せずの関係者以外の方とも会って情報収集をしてみよう。そんなこともあり、新人の行政書士さんたちのお話を聞きに行く機会が何度かありました。

お話を聞いただけで、勧誘などしていないので無理せずには皆さん入られていないんですが、そんな方たちが、「廃業を決意した」という噂を各種の方面からうわさに聞きました。

いや、実は私半年廃業説って、うわさには聞いてたんですが10年間目の当たりにしたことがなくって……。

ありがたいことに私の周りの方って、ほぼ1年以内に廃業した方いないんですね。というか、廃業自体してしまった人が少ない。

これってありがたいことなんだなと、改めて、思うわけです。

さて、それでは、無理せずの生徒さんたちと、廃業してしまう方たちの違いって何なんでしょうか?

いろんな理由は考えられますが、一番は、「生き残る戦略をとりながら信頼値をためる」という戦略と、「一か八か成功してやるぜ!!」戦略での行動をしてしまうことの違いなんだと思うんです。

動画でも言ってますが、名将ほど敗戦に強いんです。

勝てる試合に強さを発揮するのは当たり前です。勝てない試合に勝つのは運も必要です。でも、負けるべき戦いに被害を最小限に抑える。これができると、実は、チャンスは巡ってくるんですね。

雌伏雄飛という考え方。これをぜひ大事にしてほしいなと思って、動画つくりましたよ。

この話をすると、根性論かよ。

そんな風に言う人もいるんですが、負けない戦略は、根性論ではどうにもなりません。

相手にすきをうかがいながら、臨戦態勢を保ち、じわじわ実力を上げて、それでも潰されずにぐ~と、チャンスをうかがう。

これは、かなりの実力が必要です。

だからこそ、半年で廃業してしまうなんて論外なんです。

しっかりと、その違いを見極めて、信頼という自分の戦力をじわじわあげながら、攻め込めるチャンスをうかがっていきましょうね。

チャンスを作り出したら、がぶっといってしまいましょう(笑)

ということで今日はここまでです。

無理せず起業塾のお知らせはこちらです

NEW!!最新情報はこちら!

無理せず起業塾の無料メルマガで「負けない起業」について学びましょう

無理せず起業塾の現在開講中の授業はこちらですよ

無理せず起業塾授業紹介!!
無理せずが初めての人向け!あの人は成功しているのに私はなんでうまくいかないの?そんな理由が見えてくる『夢をかなえるレベルアップ講座』
【NO1】夢をかなえる事業計画書講座で未来の地図を作って将来の不安をなくそう!
【NO2】文章力&会話力でお客さんを次々GET!『夢をかなえる伝達力アップ講座』
【NO3】利益が出ない?そのままでいいわけないよね『夢をかなえる商品力アップ講座』で解決しよう