カテゴリー別アーカイブ: 法律業で生きていく知恵

開業して1年悩んだ、行政書士の存在価値ってなんだろう?

こんにちは。無理せず起業塾塾長の阿部です。

さて、最近また、行政書士の癖に。行政書士なのに。という、他士業さんからの批判や、『行政書士は安い報酬で仕事をするものだ』という、変な行政書士の思い込みで、苦労している人を見かけましたので、私の体験談を話します。

私も開業当初、行政書士の資格の生かし方に悩んでいました。

書類作成は出来るけれども、法律相談はダメ。紛争状態になったら、解決が出来なくなるなど、制限が多い行政書士。

どの仕事をしても、中途半端で、仕事を他士業さんに任せることになり、行政書士の存在意義って果たしてあるのだろうか?そんな風に悩んで、仕事を募集する勇気がなくなってきました。

そこに、今以上に他士業や、食えなかった行政書士からの誹謗中傷も多く飛び交っていたこともあり、内心は自信をなくして、ぼろぼろになりつつありました。

そんなときに、ある依頼者さんの相談を解決させようとしていた最中、準備中に、紛争状態に突入しそうな状況まで、事態が進んでしまったことがあり、あわてて弁護士さんのところに、依頼者と一緒に向かったんですね。

すると、その弁護士さんは、こんなことをおっしゃってくれました。

『今回の件は、私が担当しますが、正直弁護士は、刑事事件やいろんなこともあり、行政書士さんほど細やかなケアーが出来ないんです。その点ご了承をお願いします』

この弁護士さんはとてもいい人で、そんなことを私の依頼者にキチンと説明をしてくれたんですね。

確かに私は、依頼者と一緒に役所に行ったり、色んなところを回ったり、お客さんが不安をなくせるように可能な限りのことは一緒にやり、しかも、司法書士さんや、社労士さん、税理士さんなど他の士業にお仕事をお願いするときも、お客さんのケアーは、一緒に続けさせてもらっていました。

これは、お客さんが、阿部さんに話を聞いて欲しい。

阿部さんに一緒に他の事務所に来て欲しい。

そんな風にお願いされたので、私は極力それに同行して、丸投げというスタイルにしないように一人ひとり大事にケアーしてきたんですね。

それを、感じ取ってくれた弁護士さんからの、私への気遣いと、依頼者さんへの正直なお話だったんだと思います。

私はそういう意味では、本当にいい士業の先生ばかりに恵まれていたので、その点は、感謝したいところです。

そして、私はこのとき初めて、自分の役割に気がつきました。

行政書士は、書類を作るのが一番の仕事だ。でも、その書類作りだけなら、誰でも出来る。

それでも、私が選んでもらえる理由は、『他の事務所がしない細かにケアー』をしてくれるところに価値を見出しているんだ。

そして、そのケアーは、忙しい司法書士さんや弁護士さんには、出来ないことで、行政書士がまさに活躍できるポジションではないんだろうか?

そんな風に考えて、活動をするようにしました。

そうしたら、他士業の先生もそれに賛同をしてくださり、どんどん仲間の輪が広がり、仕事が増えていったんですね。

もちろん、そういう説明をしても理解してくれない先生も多いです。

でも、そういう生き方もあるわけです。

士業はとかく、喧嘩や討論が好きな人も多く、平然と他士業の批判や、愚痴をネットでつぶやいていますが、そういう発言をする人にはだんだんお客さんがいなくなってきます。

自分でお客さんを遠のけていることに気がついていないので、また、他の人を批判して、今度は廃業することになります。

行政書士にはキチンと存在価値があります。

でも、その価値に気が付けていない人が、その価値がないものとして、マイナスの情報を振りまいているだけです。

本来士業同士は、苦手を補って助け合うために資格が分かれているはずなのですが、今は、目くらましに合っている人が多く、その暗闇の中で、相手を批判すれば自分が何とかなるんじゃないかと、迷走している人も多いです。

そんなことはありません。

人は、『共生』という生き方をしながら、成長してきたはずです。それを忘れて、相手をつぶせば自分が変われると思っていてはダメなんですね。

そこの呪縛から早く抜け出す。

これが何よりも大事なことなんですよ。

さて、自信を持って、仕事に取り組みましょう。

 

無理せず起業塾のサービス
あと4名。12月まで!無理せず起業塾年間コンサル入塾生募集中
新人士業が独立して食べていけるようになる方法をお伝えするメルマガ配信中です

 

 

本日20時開催!『開業2年目の相続専門の行政書士がブログで集客したテクニック』講座、第一弾を放送します。

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

無理せず起業塾、金曜20時からの『YouTube勉強会』が本日開催されます。

この勉強会は、YouTubeから誰もが参加でき、YouTubeのアカウントをお持ちの方は、リアルタイムに、私とメッセージのやり取りが出来るようになっている仕組みです。

YouTubeですから、ご自宅のPCや、スマートホンから参加でき、また、お子さんと一緒に受講したり、家事の合間に受講する、あるいは、布団で横になりながらの受講も出来ます。

無理せずの有料セミナーと同じ濃い内容を皆さんにお届けする勉強会。

そんな情報無料で出していいんですか?といわれる無理せずの情報を出していきたいなと思っています。

今回からスタートするのは、私が相続専門の行政書士として、ブログから集客できるようになった行政書士開業2年目にどんなことを考えて、どんなことをして、どんな結果が出たのか?

私が行政書士時代には、競合が増えるので出したくなかった情報を、引退して1年たった今だから出す講座になります。

今回主に話すのは、『相続業務のターゲットの絞り方』です。

相続をブログで集客できるというと、驚く方がいまだにいますが、普通に年間十数件~数十件を私はブログから問い合わせをもらっていました。

当たり前に、相続の以来はネットから取れます。

ところが、多くの士業は、どうやったらネットから集客できるかを考えずに、あきらめて、ネットでは相続は集客できないなんてレッテルを貼り始めるのです。

そんな都市伝説に惑わされて、周りが脱落してくれるからこそ、私たちは、ブログを頑張って、ブログからお客さんをゲットしていくことが出来るわけなんで、私たちがそれに惑わされてはいけないわけです。

知っているか?知らないかで大きく結果が異なるネットの世界。

それを味方に付ければ、私の現役時代のように、全国各地から相続の相談が来るようになりますよ。

ということで、本日20時から無理せず起業塾のYouTubeチャンネルにて開催です。

それまでに、チャンネル登録をして頂けると、忘れずに、見ていただくことが出来ますよ。

無理せず起業塾YouTubeチャンネルはこちら

 

無理せず起業塾のサービス
あと4名。12月まで!無理せず起業塾年間コンサル入塾生募集中
新人士業が独立して食べていけるようになる方法をお伝えするメルマガ配信中です

 

 

行政書士現役時代に職務上請求書は常にかばんに入れて持ち歩いていましたか?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、先日の合同コンサルを開催しましたが、主催者含め10人ほどが集まり、色んな質問も集まりました。

その合同コンサルの感想は、あとで別記事でまとめさせて頂きますが、今回はいただいた質問を、私の経験談を通じて、個別にお話をしていこうかなと思います。

今回話をする質問はこれです。

『行政書士現役時代に職務上請求書は常にかばんに入れて持ち歩いていましたか?』

はい。これなんですが、私は開業当初は相続専門だったので、当然に職務上請求を使っていました。

職務上請求とは、行政書士などが自分の仕事を達成するために必要な戸籍などを役所に請求するときに必要な書類です。

この職務上請求は、士業に認められた特権で、逆に言うと、悪用してしまうと、とんでもない行為を招くことがありえるパワーを持つものになります。

昨今は、DV被害やストーカー被害なども多く、それらの加害者が戸籍などの情報をもとに、被害者を追跡して、犯罪を犯すケースもあります。

そんなものに加担をしてしまったら、プロとして、失格なわけですね。

だから、職務上請求の使いどころは、かなり限定されています。

そして、管理の基準も年々厳格になっているわけですね。

私の開業当初は、実はそこまで厳格ではなかった時期でした。というのも、それよりちょっと前までは、戸籍は誰でも請求できる公開の資料だったから。

そんなオープンな時代が十数年前まであったわけです。私が大学生の頃まではそうでした。なにせ、旧行政書士試験では戸籍法は出題科目でしたから良く覚えてます。

ところが、先ほども話をしたように、こういうものを悪用する人が出てきたので、現在では、戸籍は厳重に管理されているわけですね。

ところで、そんな職務上請求ですが、普段から持ち歩いていたか?と、きかれると答はNOです。

まず、重たいので持ち歩きたくありません(笑)

という冗談を置いておいても、お客さんの前で、職務上請求を書くということは、基本ありません。

というか、冊子状になっているので、他の人の個人情報も書かれているものになるので、お客さんの前で広げるのは危ないと私は思っています。

さらに、うっかり、どこかに忘れたりしたらとんでもない個人情報漏洩です。

役所に行って戸籍を集めるときなら持ち歩くこともありますが、私は基本持ち歩きたくない派で、戸籍収集も、なるべく郵便にしていました。

まぁ、郵便が信用できるのか?なんていわれてしまうと、難しいところですが、冊子を持ち歩くよりリスクは極力減らせると思うんですよね。

ここから先は、皆さんのプロとしての経営判断ですので、お任せしますが、私は、基本持ち歩きませんでした。

何よりも重いですからね。重量的にも(笑)そして、一番は責任的にも。

 

無理せず起業塾のサービス
あと4名。12月まで!無理せず起業塾年間コンサル入塾生募集中
新人士業が独立して食べていけるようになる方法をお伝えするメルマガ配信中です