行政書士で『楽をして稼ぐ』『開業1年で年収1千万円』これらのやり方は、個人的に本当に怖いと思ってます

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

久しぶりに、髪を剃って、お坊さんらしくなってます。うん。冬はものすごく頭が寒いです(笑)

ということで、今日もよろしくお願いします^^

明日は節分なんですが、今年は例年に比べて、恵方まきのアピールが弱い気がします。

あれですかね。ブームが過ぎ去ったんですかね。

なんでもそうですが、一気に加熱したものってさめるのも早いんです。私も、無理せず立ち上げのとき、急激に人気が出たことに戸惑ってしまったことがありましたが、半年休業したとたん、人気急落で大変でした(笑)

急成長もいいんですが、出来れば、緩やかにコツコツ地盤を作ることを怖がらないで欲しいなと思います。

とはいえ、恵方まきの場合は、結構続いていたので、急成長というわけではないと思いますが、去年は本当に過剰なくらいどこでも売ってたイメージだったので、そうなのかな?と1人で思ってます。

ハロウィーンとかもきっとそうなるんでしょうね~。

さて、話は戻すんですが、実は、ネットでよく出ている『楽して稼ぐ』みたいなのあるじゃないですか~。

あれって本当に出来るんです。

楽して稼ごうと思えば楽して稼ぐことも出来る。

でも、条件があって、『短期的に』という条件がつきます。

もしくは、楽して稼げるようになるまでに、何年も準備が必要とかね。

ああいうのも、急成長と同じで、自分の実力が追いつかない間に事業を無理やり成長させる行動なので、やっぱり、どこかで無理が来ると私は思うんです。

例えば、アメブロバブルのときに、アメブロに頼り切ってなんかよく分からんけど、アメブロだけやっていれば儲かるから!という状態に甘えて、勉強をしなかった人。

何でアメブロがいいのかの分析や、勉強をしなかった人。

そういう人は、アメブロのバブルが終わったときに、やはり、その『楽をした分』損害をこうむることになっているのではないかなと思うんです。

そして、そこから立て直すって、かなりの根気と勇気が必要なんです。

だからこそ、私は、緩やかな成長というのがいいと思うんですよね。

長く緩やかに、そこにいるのが当然という状態にしていく。そういう行政書士を目指して欲しいですし、私たちも目指して生きたいですね。

ということで今日はここまで^^

それではまた明日!

あ、今日は、音声動画を公開しますよ。いつもどおり18時半に公開になりますので、お楽しみに『遺言実務講座パート1』ですよ^^

無理せず起業塾のYouTubeはこちら

 

無理せずからのお知らせ
行政書士で10年生き残るための事業計画書を書こう!
残り2名!行政書士・新人士業・開業準備中の行政書士にお勧めの無理せずの交流会『ゆるゆる交流会』のを3月3日池袋で開催しますよ
■メルマガ読者さんだけがこっそり見れる動画やブログがあります!
無理せず起業塾の無料メルマガにて、ネット集客・名刺集客・行政書士の経営から実務のお話まで秘密で公開中です

 

20代前半で行政書士として起業するのをどう思われますか?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

さて、Twitterの方で質問をいただきましたので、そちらにブログで答えていきますよ^^

20代前半で行政書士として起業するのはどう思われますか?

行政書士で起業するか、資格だけとって他の形で生かすかで迷っています。

(フォロワーさん)

さて、この質問ですが、ちょっと長くなるので、ブログで答えさせて頂いたんですが、これは、2つの目線で考える必要があります。

行政書士として成功できるか?は、1日でも早く経験を始めることにポイントがある

行政書士は、一般の業界とは違った特殊な業界の癖があります。

例えば、書類の作成の知識1つとってもそうですが、法律の知識だけでは対応できない事例がたくさんあります。

自分が業務をやっていたら、ピンポイントで、役所のルールが変わった!!!なんてこともあるんです。

法律の知識だけで対応できないこの現実という世界。

それに対応する力をつけるためにも、1日でも早く、1つでも多くの行政書士としての経験が必要です。

さらに、行政書士になるということは、経営者になるということ。

経営の勉強は、かなり大変で、こちらもたくさんの失敗を繰り返しながら、学んでいく経験が大事です。

例えば、どこにいくらかければいいのか?

どんなことに時間をかければいいのか?

そういうことすらわからない状態ですから、まず慣れるまでに、私は最低1年はかかると思っています。

そうやって考えると、年齢を重ねて、ある程度過程を持ったりしてしまってからだと、リスクは増える一方です。

ただし、社会人経験の少ない行政書士は常識不足としてお客さんに嫌われる

さて、では即、起業するのが正しいのかというと、20代前半というのが、少しネックになります。

私の起業が26才ですから、20代後半入りたてでしたので、社会人経験は3年程度はありました。

それでも、

  • 名刺の渡し方がわからない
  • 領収書の切り方がわからない
  • 印紙の使い方がわからない
  • 郵便小為替ってなんだ?

といったように、本当に何もわからない・・・。しかも、お客さんとの接客の仕方がわからなかったり、マナーがわからなかったり、いろいろな苦労をしました。

私は、塾講師だったので、こうでしたが、あなたが営業職なら、名刺交換なんかは、会社で叩き込んでもらえますよね?

そういうスキルを教えてもらえるのが会社という場所でもあります。

さらに、会社員時代の経験談が、ビジネストークで役に立つこともあります。

さらに生徒さんを見ていると、前職での体験ほど、行政書士にとっては、差別化の大きな武器になります。

行政書士業務自身での差別化は難しいですが、前職とあわせて考えることで、唯一無地の存在になることが出来るんです。

そうなったら、お客さんからも、同業者からも信頼されます。

両方の課題を解決させる方法は1つ!

ということで、長くなりましたが、これらの両方の課題を解決させる方法は、1つです。

それは、副業起業です。

副業のやつはダメだという人がいますが、それは、ハングリー精神にかけてしまって、頑張りきれない人が多いからです。

リスク・社会人経験など色んなことを考えると、副業開業ほど、メリットの多い状況はありません。

もしかすると、勤め先の同僚や上司から仕事が来ることもありますしね。

廃業するリスクを減らすのは、とにかく経験値をつむことにあります。

その経験を、会社でつみ、副業でつみ、そうやって準備を淡々と整えるんですね。

ちなみに、1つだけ条件を整えると、『いついつまでに独立する』という目標は設定しておくといいです。

それがないと、つい甘えちゃって、だらだら副業を続けてしまって経験値がつめませんので、この力をいついつまでにつける!こう決めて、どんどん経験をつみ、勉強をしていく。

これを副業という状況で、続けていくのがベストかなとおもいますよ。

無理せずへのTwitterからの質問はこちらから

実際に行政書士をしながら具体的な質問をしたい方は、コンサルがお勧めです。

ちなみに、行政書士としての経験や知識をGETしたい方は、無理せずの授業を受講されてくださいね。

無理せず開業行政書士講座はこちら

 

■メルマガ読者さんだけがこっそり見れる動画やブログがあります!
無理せず起業塾の無料メルマガにて、ネット集客・名刺集客・行政書士の経営から実務のお話まで秘密で公開中です
無理せずからのお知らせ
行政書士で10年生き残るための事業計画書を書こう!
残り2名!行政書士・新人士業・開業準備中の行政書士にお勧めの無理せずの交流会『ゆるゆる交流会』のを3月3日池袋で開催しますよ