読書に時間がかかってなかなか読めない人のビジネス書の読み方

社長のための自己啓発

こんにちは。経営者さんを0から育てる経営塾!玄徳庵のこうめいです。

さて、明日は15日ということで、玄徳庵では毎月15日に玄徳庵の生徒さん限定で参加できる「実践読書勉強会」を開催しています。

これは、みんなで同じ本を買い、それを読み進めながらビジネスに生かしていくというもので、狙いとしては『強制的に読書の時間を作る』ことで、経営者の器を広げ、仲間と共に自分一人では気が付けなかった視点に気が付く。これを目指す「上級コース」の授業

過去には、7つの習慣や自助論など手に取ったことはあるけど、何となく読んだだけだったり、積読になってしまっていそうな本を中心に取り扱っています。

ちなみに今扱っているのが、Dカーネギーの「人を動かす」です。

人を動かす 文庫版をお持ちじゃない方はこちらから購入できます

商売において、「人を動かす力」というのは絶対に必要不可欠です。しかも巷に出回っているただの表面的なテクニックではなく、しっかり本質を教えてくれる本といえばこの本だと思ってます

明日は、4時間目。もうそろそろ終わりに差し掛かってますが、一人でも多くの生徒さんが自分自身を磨くきっかけにしてくれればうれしいなと思います。

ところで、今日は読書の話をすると必ず出てくる「私本読むの遅いんです」問題について話をしていこうと思います。今回のはビジネス書に限ったお話ですよ。

さて、本を読むのが遅いことを悪としてとらえる風潮がありますが、それは、平成までの価値観です。だって、今の時代本を早く読んで中身を取り込みたいだけなら、ネットであらすじ検索すればいいし、

もっというのであれば、私の愛読書シリーズでもある(笑)『まんがでわかる』といったシリーズの本がたくさん出回っています。

漫画版の人を動かす

こんなのね!私なんかは、漫画で読んで授業に使えそうか検討し、いい本だと思ったら原作を買って読み込んで授業をやるようにしています。

だから、こうめいさんいろんな本知ってますね!と褒められると、原作読んでないものもあるんでちょっと恥ずかしいんですが(笑)

でも、漫画化されるということは、それなりにみんなに評価された本なので、自分では普段手に取らない本でも知ることができて私はいいなと思ってます。

話は戻して、つまり、早く中身を知りたいだけだったらこういうものを読むことでその悩みを解決することは十分にできる時代でもあるんです。

その一方で、まんがだとどうしても原作の全部が理解できるわけではありません。

そこで、気に入ったものは原作をやっぱり読む必要があるんですが、この時に、1度に全部を理解しようと読んでしまうと正直いくら読んでも前に話が進まないんです。

特に本というのは、「総論」から始まって「各論」に進む構成が多いので、一番最初が一番難しいことが多いです。

そこで頭を抱えてしまうと、その先にわかりやすく書いてくれているポイントがあるのにいつまでもそこにたどりつけず、時間だけが過ぎていってしまいます。

だから私がおすすめしているのは、3回ほど読むつもりで読書をすること。

1回目はとにかくわからなくていいので、最後まで何となく読み切ってください。

2回目は、全部読み終わった後にもうちょっと読んでみたいと思ったら気になった部分を中心に読み直してください。

3回目は、ふとした時に、あれ?あの本にこんなこと書いてあったよね??と思い出した時に辞書のように調べてそこの部分を読んでください。

こんな読み方でビジネス本の読む方はいいんじゃないかなと思うんです。

もちろん小説とかは、じっくり読んでほしいんですが、ビジネス書はじっくり読む本ではなく、自分の困ったことを解決する本なので、辞書を読む感覚やテキストを読むような感覚で、全部を理解しないとって頑張る必要はないんです。

ところが真面目な人ほど、一字一句にこだわってしまい本を読むことが苦痛で苦手になってしまいます。

実際私は千葉の柏にいたころ東京のお客さんとの打ち合わせで電車によく乗りましたが、駅構内の本屋さんで「まんがでわかる」の本を3冊買い、それを上野までの30分くらいで読み切り、帰りにその中で気に入った本の原作を上野の本屋さん等で買って帰る。

そんな生活をよくしてました。

そうすると、3冊分の知識が手に入り、さらに帰りの電車で気になった原作をまた30分読めるのでかなりの勉強時間になりました。

漫画版とはいえ、じっくり読んでいたら1冊1時間はかかるので、とにかくまずは全体に目を通し、ピンときたらもう一回読みなおす。そんな感じだったんですね。

本のいいところは、何度でも読み返せるところです。

だから、一度読んで終わりではなく一度さらっと読んで、自分に必要かどうかの判断をする。そして気になる本はしっかり読み込み、もっともっと必要な本は何度も辞書として引く。

こういう読書の仕方が私はいいんじゃないかなと思うんですよね。

そういう風に考えながら読むと、「わからなくってもいいや」という気持ちで読むことができるので、ちょっとだけ読書もはかどるんじゃないかなと思うんです。

よかったら試してみてくださいね。

玄徳庵に入塾すると追加料金なしで実践読書勉強会で一緒に勉強ができます。起業したての方は基礎トレ講座で勉強しながら読書勉強会にも参加できますよ

 

玄徳庵のブログやYouTubeで取り上げてほしい相談はコメントメッセージかお問い合わせページから送ってきてくださいね!
■お問い合わせはこちら

<玄徳庵の授業>
玄徳庵の授業は段階別に、基礎トレ・中トレ・上トレの3コースがあり、すべてのコースが半年間コンサルと併用して授業を行うスタイルとなっております。

しっかり学び、コンサルを通じて実践できる。生きた学び舎ですよ

■基礎トレ講座(初心者向け総合)
■中トレ講座(利益アップ特化)
■上トレ講座(メンタル・人間力特化)
☆Cクラス(月一回の読書勉強会クラス)
☆Dクラス(週一回の有料メルマガクラス)

<玄徳庵のコンサル>
玄徳庵のコンサルは3クラスに分かれています。
■Aクラス(おすすめ・基本)
■Bクラス(安い・気軽)
■Sクラス(がっちり)
※法人さん向けのSSクラスが別途ございます。

<玄徳庵とは?>
奪い合い・騙し合いの競争社会から抜け出し、笑顔で働ける。笑顔で過ごせる人を日本に増やしていくことを目標に活動している起業塾です。

<阿部こうめいとは?>
経営者さんの成長を妨げる棘を抜く『刺抜きコンサル』を自称する教育者(コンサルタント)。20代の時に行政書士事務所所長・学習塾講師を経験し、本当に悩んでいる人の悩みを解決したいと曹洞宗のお坊さんになった変わり者。見た目が厳ついけど「カプセルトイ」などかわいいものが好き

 

玄徳庵のおすすめサービスランキング!
本格コンサル(Aクラス)

玄徳庵のメインコンサルです。月1回ZOOMでの対面コンサルをして目標設定や問題解決に取り組みながら、個別のチャットルームでこまめに情報確認しながら実践していくコンサルです。このコンサルを受講していただけると、玄徳庵での授業などの内部向けのサービスすべてに参加できるようになります。

簡易コンサル(Bクラス)

玄徳庵の一番安いコンサルです!本格コンサルと異なり、『ZOOMでの対面コンサルがない』・『チャット相談が集団ルームだ』という代わりに価格を抑えたサポートとなっています。内部イベントや過去セミナー動画での勉強などは本格コンサルと同じように無料で使用できるのでお勧めです

玄徳庵中トレ講座(集客力アップ特化クラス)

玄徳庵の中で「集客力アップ」「売上アップ」に徹底的に注目して授業&コンサルを行うクラスです。半年間のサポートで「稼ぐ力をつける」にこだわって授業と実践コンサルを繰り返していきます。本格コンサルと同じ価格で、月2回の授業とチャットでの個別コンサルを受講できるのでお得なサポートです(※ただし半年が上限になります)

基礎トレ講座(起業したての経営者向け)

玄徳庵の授業クラスのうち一番基礎を学ぶクラスでありながら、全体像を学べる大事なクラスがこの基礎トレ講座です。特に開業年数が浅い方にお勧めですよ。半年間のサポートで「経営者としての基礎力」にこだわって授業と実践コンサルを繰り返していきます。本格コンサルと同じ価格で、月2回の授業とチャットでの個別コンサルを受講できるのでお得なサポートです(※ただし半年が上限になります)

特別コンサル(Sクラス)

コンサルクラスの中でも、従業員さんの育成が含まれた唯一のプランです。個人事業主とはいえ、パートやアルバイトとして人を雇うこともありますよね?そんな時に長く一緒に働けるように環境を整えたり、従業員さんの育成をしたりと大変なことがたくさんあります。その大変なことを、玄徳庵がお手伝いするのがこのSクラスです。

社長のための自己啓発
シェアする
もう無理!とあきらめる前の個人事業主の駆け込み寺!玄徳庵
タイトルとURLをコピーしました