ブログはこちら
ブログ記事はこちら

気分でお客さんへの接し方を変えない!自分自身へのルールをしっかり作ろう!

☆玄徳庵のブログ
玄ちゃん
玄ちゃん

あなたの悩みを解決できるものはいるか?

こうめい
こうめい

ここにいるぞ!!!

はい!どうもです!玄徳庵のこうめいです。

さて、今日はお客さんがそれなりに増えてきたときの悩みについて話をしていこうと思うんですけど、皆さん自分自身のサービス提供のルールって決めてますか?

特に、丁寧なサービスをやってあげるスタイルの経営者さんは、ここを明確にしておかないと、親切心が裏目に出るかもしれません。

玄ちゃん
玄ちゃん

親切心が裏目に出るって最悪じゃないですか……

こうめい
こうめい

これ、めっちゃ悲しいんですよね。

実は今回の音声動画を撮影したきっかけは、ディズニーさんのおもてなしの心が悪い方に働いて、お客さんから不満を持たれた事例をニュースで見て、話すことにしたんです。

動画でも話しましたが、気分でルールを変えてしまうと、やっぱり、お客さんは不公平感を持ちます。

私が塾の先生をやっていたときにも、保護者さんへの電話がけが、トラブルを起こしやすい下位クラスの生徒さんに偏っていて、しっかり自立できている上位クラスへの電話がけが圧倒的に少なく、それが原因で優秀な生徒さんほど辞めていく。

そんな経験をしたことがあります。

つまり、不公平感が生じてしまっていたわけですね。

玄ちゃん
玄ちゃん

たしかに、同じ料金払ってるのに成績悪い子ばっかり面倒見てもらってたら、不満はあるかも。

こうめい
こうめい

そういう不満が出ないように、通常の授業等で、上位クラスの生徒さんたちは特別感を感じてもらう何かが必要になることもあるんですよ。

玄ちゃん
玄ちゃん

不公平感がなくなるように、常に経営者は、気を張ってないといけないんですね。

こうめい
こうめい

厳密に言うと、この辺りは、マネージャーの仕事ではなく、リーダーの仕事になると思うから、右腕を雇ったら右腕に任せるという方法もあり

こういう不公平感は、案外大きな溝を生み、これからのあなたの屋台骨を大きく揺るがすことになります。

そしてこの屋台骨を揺るがすお客さんの反乱は、「優良顧客」から離れていってしまうという側面があり、残るのは「依存度の高い顧客」という恐怖の未来になります。

玄ちゃん
玄ちゃん

依存度の高いお客さんばっかり……?

こうめい
こうめい

ガクガクガク

ブルブルブル

玄ちゃん
玄ちゃん

こうめいさんがトラウマで恐怖のあまり壊れました。

ということで、きちんと自分が商品提供するうえでのルールを設定するという大事なポイントを忘れないでくださいね。

あなたの集客の悩み全部解決します!玄徳庵本格コンサルクラスはこちら

初めての方はここから!玄徳庵無料メルマガ『年収500万円以下の経営者のしてしまっている10の問題点』について配信してますよ

 

タイトルとURLをコピーしました