ブログはこちら
ブログ記事はこちら

自宅を事務所にして事業を始めるとき大家さんともめない工夫!

☆玄徳庵のブログ
玄ちゃん
玄ちゃん

あなたの悩みを解決できるものはいるか?

こうめい
こうめい

ここにいるぞ!!!

はい!どうもです!玄徳庵のこうめいです。

さて、行政書士の方が開業登録するために賃貸の自宅の一室を事務所として使いたいという方も多いでしょね。そんな時に皆さんに求められるのが交渉力

玄ちゃん
玄ちゃん

交渉力はやっぱ大事ですか?

こうめい
こうめい

大事だよね。いかに相手の不安を和らげて、こちらの話を信頼して聞いてもらうか?交渉力がないと、この最初の段階すらクリアできないからね。

ということで、今回は大家さんと自宅開業したいあなたとの交渉についての話を音声授業にしてみました。10分ほどです。

大家さんが抱えている不安は、「ほかの住人への迷惑」これが一番大きなポイントのはずです。であれば、その迷惑をかけない努力を全力でします。という意思表示が最初に重要です。

そして、玄徳庵で学んでいる皆さんは、本物のWin-Winを目指すのが大事だよって、いつも話していると思うんですが、今回それをかなえるための第3の案は、

『住人に迷惑をかけないかけたときは自分で責任をとる約束での自宅の事務所使用の許可』

これになるというのが分かりますよね。

玄ちゃん
玄ちゃん

だから動画で話したように、こちら側からその提案をするんですね。

こうめい
こうめい

そうすることで、相手の不安を吹き飛ばすことが可能になりますからね。話を聞いてもらえる率が愚ググっと上がります。

とはいえ、過去に同じような例でトラブルを起こした人がいたり、様々な理由で、大家さんからOKが出ない可能性もあります。

そんな時は、あきらめることも重要です。

もし今から、新規契約をしてというのであれば、そのあたりを最初に大家さんにしっかりと確認しておきましょう!経営というのは確認作業が大事。

その最初の練習だと思って、しっかり確認して意思疎通をすることをお勧めしますよ。

それでは、今日はここまで!!!

あなたの集客の悩み全部解決します!玄徳庵本格コンサルクラスはこちら

初めての方はここから!玄徳庵無料メルマガ『年収500万円以下の経営者のしてしまっている10の問題点』について配信してますよ

 

タイトルとURLをコピーしました