玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

奥さんが入院したときに自分の働き方では家族が守れないとやり方を変えることにしました

☆玄徳庵のブログ

こんにちは。信頼集客の伝道師、玄徳庵のこうめいです。

玄徳庵にいらっしゃる生徒さんは実にいろんな環境の方がたくさんいらっしゃいます。そして、何よりも、自分自身でお仕事をしているうちに周りの環境が大きく変わってしうまうことは珍しくもないんです。

例えばこんなケースですね。

起業して3年ちょいの経営者さんとの連絡が突然とれなくなり、心配していたところ、しばらくして私の方にメールが届きました。どうやら奥さんが入院されたらしく、それによって今までの働き方ではどうにもうまくいかなくなってしまった。というんです。

こういう、自分自身も含めて、家族や親しい人が病気で倒れるということは、ごくごく普通にあり得ることです。

玄徳庵の生徒さんも長い方は10年近く付き合いがある方もいらっしゃいます。

そうなるとやはり私生活での問題が、経営に直撃するなんてことは珍しくもありませんし、実際、わたし自身もそういう経験があります。

起業したての経営者さんの事業計画を聞いていると、自分が病気になった時や、家族にもしものことがあった時を想定してない方が結構いらっしゃって、大丈夫かな?と思うことがよくあります。

最初から最低の想定は常にしたうえで、強い心で前に進んでいくことが経営者には大事なことで、がむしゃらに突っ込んでいって結果を出しただけでは、なかなか安定はつかめません。

勝つ戦よりも負けない戦の仕方を覚える。

これは孫子の兵法の基本的な考え方ですが、めちゃくちゃ重要なポイントで、『最悪の想定』を常に念頭に置きながら動くというのは重要な愛され経営者にかけてはいけない心構えの一つなんですね。

だから私の方でも、万が一何かがあった時には生徒さん一人一人がどのようなやり方に切り替えるか?ということをこっそり想定していたりします。

生徒さんが今しか見えていないのは、経験の問題もあるので仕方ない部分があるんです。

でも、私たち教育者側がそれを想定しておかないのは怠慢です。

だから、奥さんが病気になったので働き方を変えたい。

家族がちょっと体調が悪いので働き方を変えたい。

こういう要望には、私も全力で答えていきたいなと常に思っています。

ちなみに私だったら、家でできる仕事の仕組みづくりや、新しいサービス提供の仕方を考えることが多いです。家族との時間を増やしながらも自分の夢を叶える方法を探っていきます。

家族とともに幸せになる生き方。そういう選択肢があってもいいのではないでしょうか?玄徳庵はそんな家族を大事にするあなたの応援をしていければなと思ってます。

玄徳庵の体験授業はこちら

玄徳庵の無料メルマガはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました