ブログはこちら
ブログ記事はこちら

他の人がもう出している情報だから…と遠慮する必要はないんだよ?

こんにちは。信頼集客の伝道師。玄徳庵のこうめいです。

blogやTwitterなどをしていると、他の人が自分が先に出したかった情報を出している!!!と悔しい思いをすることがあるかもしれません。

ただ、ここで一つ勘違いしないでほしいんですが、「ほかの人が出した情報と」「あなたが出した情報」は、同じ内容をテーマとしたとしても伝わり方が全く違う。

これがすごく重要な気づきなポイントなんですね。

たとえば私が書いた情報は、私のことを応援してくれる人たちは見てくれます。

その一方、残念ながら私のことを嫌いな人はわったしの情報を見てくれませんし、私のことを知らない人は、そもそも私の情報を目にすることもありません。

つまり、私には私の影響を与えることができるエリアが決まっていて、その外の人たちにはどう頑張っても伝えることができないわけです。

それであればと、あなたがたとえ遅くなったとはいえ、自分の言葉で自分の伝えたかったことを書くことで、私にはどうにもできなかった人たちをあなたが救うことができるかもしれませんよね?

そうやって考えれば、テーマがかぶることはそんなに気にすることではないんです。

但し、こちらはやってはいけないやり方ですが、人のブログの記事や、人のツイートを丸パクリや、あるいはほぼ似せて書くこと。これはやってはいけないやり方です。

テーマは同じでも、主張が同じになるなんてことはあり得ませんし、表現の仕方や言葉選びも違うはずです。

だから、大事なのは「テーマかぶり」は気にしなくていいけど、必ず自分の言葉でそのテーマについて語るというルールを破らないことが大事なんですね。

お客さんは同じテーマでも、そのわずかな表現の違いをきっかけに信用していいのかどうかを決めています。

逆に言えば、あなたが私の文章を丸パクリしたとして、私の文章を見てあなたのところにお客さんが来てもお客さんは不満を感じるはずです。

だって、その文章を書いた本人を信頼して仕事を頼んでいるわけですから、全く別人が目の前に現れたらそれは不信感を抱きますよね?

そういう細かな不信感が会社を潰すきっかけになってしまうんですね。

もちろんこのブログを読んでいる方はそんなことしないと思いますが、そういうことだけ気を付けてもらえれば、テーマがかぶることまで怯えなくてもいいんじゃないかななんて思うわけです。

ということで、気負いすぎずに頑張っていきましょうね。

玄徳庵で一緒に集客を学びませんか?信頼集客マスター講座はこちら

無料メルマガはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました