玄徳庵のブログはこちら
ブログ記事はこちら

実績がなければ集客できない?新人行政書士に求められる実績とは?

愛され士業養成講座(Vクラス)

こんにちは。信頼集客の伝道師。玄徳庵のこうめいです。

玄徳庵のサポートをもっといいものにしたい!と、「チャットワーク」から「teams」に移籍することになり、バタバタしているこうめいです。

これから、teamsの使い方など、どんどん発信していこうかなと思ってますが、ツールの変更だけで、これだけすっきり今まで抱えていた問題が解決するのかと、正直びっくりしてます。

さらにグレードアップして、玄徳庵頑張っていきますよ^^

ということで、今日も玄徳庵の行政書士講座のブログ配信です。

生徒さん

新人行政書士ですが、なかなかお客さんが来てくれません。先輩行政書士には、行政書士がお客さんに選ばれるには実績が必要といわれましたが、実績って、最初ありませんよね?皆さんどうされているんでしょう?(行政書士 男性)

それでは、行きます。

まず勘違いしてほしくないのは実績というのは、「行政書士としての実績」である必要はないということなんです。

行政書士になったんだから行政書士として実績を出さないと、ダメなんだ。

確かにその通りですが、でもその考え方だと、いつまでたっても先輩行政書士に勝てるわけがありません。

だって先に起業した人の方が開業年数という絶対的な実績。これは有利なわけですから、同じ土俵に立って勝てるわけがないんですね。

皆さんが考えなければならないのは、たとえば、私が行政書士に再登録して、あなたの事務所の間隣に事務所を構えても勝てる行政書士にならなければならないということ。

ちなみに、私は現役を8年やってましたし、経営者としては間もなく12年目に入ります。新人さんではこの経歴には勝てませんよね?

それでも、あなたは生き残っていかなければならない。それが、経営の世界です。

それではどうすればいいのか?

これ答えなんですが、さっき言いました。「行政書士の実績にこだわるな」というのが答えなんです。

先輩行政書士は、「実績」という言葉を使うと思いますが、その実績には、あなたの人生のすべての経験が含まれています。

たとえば私が新人行政書士時代は、

  • お寺出身だった(得度の資格を持っていた)
  • 塾の先生として面談実績500人近くの経験があった
  • 営業電話は、したことないけど顧問先へのアフターフォロー電話は得意だった
  • 文章を書くのが得意だった(国語の先生だったから)
  • 難しい言葉を簡単に説明するのが得意だった(小中学生の塾の先生だったから)
  • いろんな哲学書などを読んでいた(これも国語の先生で受験対策で読んでた)
  • まだ26歳という若さ
  • 年齢に似合わず妙な貫禄があった

行政書士の経歴は全く0で、法律業と話したこともない。本当にずぶの素人だった私が、武器にできそうだと書きだしたものが、当時これくらいでした。

そして考えたんです。

『お客さんの持っている行政書士への不満って何だろう?』

これに視点を合わせると、行政書士への不満の多くが行政書士としての実績ではなく、人としての魅力やお客さんの業界への知識不足など、他のところにあると気が付けます。

それならば、私は、行政書士では勝てないけど、他の部分で勝ちに行こうと考えるようになりました。

それが、「誰よりも手厚いケア」という戦略。

誰よりもじっくり話を聞き、誰よりも丁寧にお客さんに説明し、誰よりもお客さんと連絡を密にとる。その代り料金はケア代含めてやや高め。

そんな形で、自分の事務所方針を決めて活動をし始めたんですね。

そして、その狙い通りお客さんは、「ほかの法律業では話を聞いてくれないけど阿部さんなら聞いてくれると思って」と、相談が来るようになったわけです。

この事例からわかるかと思いますが、私の場合の実績というのは、「面談回数」に強みがあったんですね。26歳で500人以上の人たちの人生相談に乗っているって、結構大きな実績です。

でも、私よりすごい実績あるのに気が付いていない行政書士さんはめっちゃ多いんですよね。

  • 英語が得意だ!
  • 漁業関連出身だ
  • 農家をしていたことがある

なんでもいいんですが、こういう経験が、実は同業者にはない実績になるということ。ここに気が付けて看板に掲げることができるか?がポイントになります。

私も最終的にお客さんが増え、同業者からの相談が増えるようになったのは、「お寺で育った」ということを前面に出してから。

実績というのは、あなたにとって当たり前。でも、他の人にとっては当たり前じゃないことが大きな武器になるんです。

正直、行政書士が行政書士としての実績があることなんてあまり魅力じゃありません。それって、当たり前のことで、大した武器にならないんです。(ただし、業界トップの実績なら別)

それよりも、他の付加価値。これこそがその人の一番の実績で、お客さんの望むことなんだと、気が付くことができれば、経営年数や業務数なんて気にしなくても、お客さんの信頼をつかむ実績は作れます。

実績といわれて、今の肩書から考えるのは新人経営者さんの悪い癖です。

その壁取っ払って、自分自身の人生そのものの魅力を実績にしていってくださいね。

玄徳庵は毎月25日に交流会を開催しています。11月25日の交流会はこちら

 

玄徳庵おすすめサポート

無料メルマガ:無料メルマガ講座!『信頼集客』でお客さんに選ばれちゃう愛され社長になる集客術を学ぶ9日間講座配信中です!月一万円で学べる信頼集客で『集客・経営』の悩みが解決する玄徳庵簡易コンサルBクラス

玄徳庵の人気サポート

初回限定:玄徳庵の2時間本格コンサルを人生で一度だけ3000円で受講できるサポートです玄徳庵Aクラス:3・6・9・12月のみ入れる1対1の徹底指導コンサル
Dクラス毎週火曜日配信!メルマガ授業で経営力を磨けLクラス【募集】玄徳庵『読書を読書で終わらせない実践型読書勉強会』を開講します(Lクラス)

玄徳庵のYouTubeチャンネルはこちら
玄徳庵Cクラス:仲間たちと一緒に学べ!玄徳庵オンライン勉強会玄徳庵のTwitterはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました