ブログはこちら
ブログ記事はこちら

行政書士が営業活動なんかするんじゃないと先輩に怒鳴られた!?

玄徳庵過去記事

こんにちは。信頼集客の伝道師。玄徳庵のこうめいです。

さて、最近は減ってきましたが、いまだに数十年前の思考のまま成長をとめてしまっている経営者さんというのは残念ながらいらっしゃいます。

特に士業の世界はちょっと前までは、広告はNG!HPもブログもNG!それどころかセミナーすらNG!という時代がありましたので、その当時の人たちからすると、何だ今の若いもんは?となるのは分かります。

でも、こういうことを言う先輩に出会ったら、どんなに偉い人だとしても、そっと距離をとるのが正解ですよ。

生徒さん
生徒さん

最近地元の行政書士さんに呼び出されて、挨拶に伺ったら、先日配布してあるいた広告を手に持って、「あんたは、行政書士なのに広告なんかだしてるのか!!行政書士が営業なんかするんじゃない!!」とどやされました。私が間違ってるんでしょうか?(行政書士 男性)

この相談は5年以上前に頂いて、私が塾生さんにだけ配布していた行政書士テキストで書かせてもらっているエピソードをブログに書いてみました。

だから、最近はこういう人がいないと信じたいんですが、さっき言ったように、いつまでもお山の大将で行政書士は偉い!!俺は先輩なんやぞ!!というような人の場合は、いまだにこういうことやってるかもしれません。

さて、話は戻しますが、当然ですが士業はもう営業しなくても仕事が来る時代ではありません。

行政書士だけでも4万人くらいいるわけですから、新人行政書士なんか行動しなかったら埋もれて終了です。だから営業はしていい。これが今までの私の答えでした。

でも、最近ちょっとアドバイスのしかたが変わってきました。

それはね。品位のないことをして集客しようとしている人がちょっと増えてきたところが気になっているからです。

集客が大事だからといって、何でもしていいというわけではないとは正直私も思っています。お金になるなら何でもしてやるという人もいるので、もしあなたがそういうことをしていて叱られたのなら、あなたにも反省点はあります。

一歩踏み込んで話をすると、行政書士の中には大きく2つのタイプがあります。

一つが、「行政書士であることを目的にしている人」つまり、名誉職として行政書士をやっている人ですね。

もう一つが、「ビジネスとして行政書士をしている人」つまり、行政書士で生計を立て会社を大きくしたりしていくことを目標にしている人たちです。

目の前の行政書士さんがどっちの行政書士なのかによって、営業への考え方や普段の立ち居振る舞いも大きく変わってきます。

そして、正直に言うと、どっちも一長一短あるんですよね。

もちろん、玄徳庵としては皆さんに、行政書士を名誉職とするのではなくビジネスとしてきちんと成立させてもらわないとだめなんですが、先も話したように、ビジネスばかり追って、品位のないことをしている人も増えているようなので、それもどうなのかなと。

お金になれば違法行為すれすれのことも平然とやる。となったら、私は、それは違うんじゃないと言いたいですし、従業員さんを不幸にしまくっているなんちゃって成功者の行政書士事務所にも、あまり賛同できません。

俺の事務所は年収いくらだぜ!!!とやって、新人行政書士から搾取する気満々の人がいたり、本当にいろんな人がいるものですからね。

だから、玄徳庵が求めるのは、品格を維持したうえでビジネスを成立させるというすごく高度なことなんですが、それを踏まえて、あなたには考えてほしいことがあります。

あなたのその営業法は品格がある営業法ですか?

たとえば、さっきも言いましたが違法行為すれすれのことを私はやりますと宣言して広告を打っているならあなたは、品格のない営業をしてます。

YouTubeやTwitterなどでも誰かの悪口を言いまくってお客さんを集めようとしているなら、それも品格のない営業になります。

たまにTwitterで同業者の悪口を言いまくってそれに賛同する仲間を集めて勝ち誇った顔をしている人や、異業種が行政書士法違反だのどうのと告発して勝ち誇った顔をしている。

それは品格がない方法ですね。違法だと思うなら粛々と行政書士会に報告すればいいだけです。

例えそういうことをしている行政書士さんが、出版をしていたり、YouTubeやTwitterでインフルエンサー的な位置にいたりしても、あるいは書士会の偉い人だったとしても、そういうことはマネしてはいけません。

品格なき成功は、本当の成功ではないからです。だって、敵ばっかり作るでしょ?

一時期、『嫌われる勇気』を勘違いした人たちが、敵をたくさん作って売り上げを伸ばすみたいなことをしていた時期もありましたが、自分から積極的に嫌われる行動をするのは嫌われる勇気ではありません。

どうしても頑張れば敵は誕生してしまうんですが、品格をしっかり持って努力を続けたうえでの敵は仕方ありません。

でも、品格をなくして、自分から積極的に敵を作りに行くのは、これは品格のない行動名わけです。その場はいいかもしれませんが、気が付くと自分の周りに誰もいなくなっているなんて悲しい人生が待っていますよ。

ということで、長くなりましたが、結局何が言いたかったか?

答えはシンプルに「品格を持った営業をする」ことが大事だよということ。

逆に言えばその品格というのは、社会通念と自分の正義感に問いかけて間違ってないと思うのであれば進んでいっていいものだと思ってます。

だから、自分があんまりよくないかな?と思ったらやらない。

そうじゃなくて、これはやった方がいいなと思うことはどんどんやっていけばいい。

その上で、自分がしっかりと責任をとっていく覚悟をもってお客さんとの縁を広げていけばいいんじゃないかなとおもんですよね。

ということで今日はここまで。

玄徳庵無料メルマガ講座「30年続く愛され経営者になるための信頼集客9日間講座」はこちら

 

玄徳庵おすすめサポート

無料メルマガ:無料メルマガ講座!『信頼集客』でお客さんに選ばれちゃう愛され社長になる集客術を学ぶ9日間講座配信中です!月一万円で学べる信頼集客で『集客・経営』の悩みが解決する玄徳庵簡易コンサルBクラス

玄徳庵の人気サポート

初回限定:玄徳庵の2時間本格コンサルを人生で一度だけ3000円で受講できるサポートです玄徳庵Aクラス:3・6・9・12月のみ入れる1対1の徹底指導コンサル
Dクラス毎週火曜日配信!メルマガ授業で経営力を磨けLクラス【募集】玄徳庵『読書を読書で終わらせない実践型読書勉強会』を開講します(Lクラス)

玄徳庵のYouTubeチャンネルはこちら
玄徳庵Cクラス:仲間たちと一緒に学べ!玄徳庵オンライン勉強会玄徳庵のTwitterはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました