お客さんが突然豹変!相続実務などで苦労するタイプ2のお客さん

こんにちは。玄徳庵塾長の阿部です。

さて、今日から玄徳庵に新しい仲間が加わり、ブログ配信がスタートします^^

今日の登場人物は、タイプ2の『げんとくさん』をお客さんにして悩んでいるタイプ6の『しりゅうさん』とのお話です。


■今日の登場人物

 

げんとくさん。普段は温厚で思いやりのある徳の高い人。ところが今回は、なんかものすごく怒っているらしい…

 

 

しりゅうさん。誠実な対応に定評のあるみんなに信頼される苦労人。今回は、玄徳さんの家庭の揉め事を、穏便に解決するために頑張っていたが、突然、げんとくさんが暴れだして、びっくりして、塾長のもとに駆け込んできた。

 

 


しりゅう「じゅ、じゅくちょう!!!!」

阿部「うん?しりゅうさんどうしました??」

しりゅう「じつはですね。げんとくさんの家族の相続の依頼を受けていたんですが、ご両親の葬儀中にげんとくさんが突然暴れだしまして…」

阿部「うん?あの温厚なげんとくさんが?」

しりゅう「はい。だからびっくりして。何せ、『柱に縛り付けて鞭打ちにするんだ!!』と、大騒ぎしてしまっているので」

阿部「…どっかで聞いた話だな」

しりゅう「こういうときってどうしたらいいでしょう?」

阿部「はい。ということで、タイプ2のお客さんが、突然怒っちゃったときの対処法を考えていきましょう」

<授業開始>

阿部「それでは、今回『げんとくくん』タイプのタイプ2のお客さんが、怒ってしまった場合の対処法です」

しりゅう「うん。実は案外、げんとくさんキレますからね」

阿部「温厚キャラな割には、キレますよね」

しりゅう「で、今回は何がまずかったんでしょう?」

阿部「おそらくなんですが、げんとくさんにいろいろ協力してもらったのに、感謝しなかったとか、誰かがお仕事手伝ってくれたのに、ないがしろにしたとかありませんか?」

しりゅう「うーん。思いつかないですね」

阿部「おそらくしりゅうさんではなく、今回は相続ということですから、親族の中に、だれか、そういう横暴なことをした人がいたのではないですか?」

しりゅう「あ!!息子さんが、今回手続きに協力してくださったげんとくさんの弟さんに失礼な対応してました」

阿部「おそらくそれです」

しりゅう「というと?」

阿部「タイプ2の人は、誰かのために一生懸命頑張った人が報われないことに強い怒りを感じます。そういうことをする人がいると、その報われない人を守ってあげようと怒り出します」

しりゅう「怒るのも誰かのためなんですね」

阿部「まぁ、自分がないがしろにされたときも、怒り出すので、誰かのためだけではないんですが、でも、それが分かると解決策が浮かんできますよ」

しりゅう「どんな手ですか?」

阿部「例えば、そのないがしろにされている親族の方に、大事な役割を何か与えてください。そうすることで、敬意を示していることを伝えられるので、思いのほか、トラブル解決が早いかもしれません」

しりゅう「うーん。たとえば?」

阿部「例えば、今回相続ということで、現在葬儀の準備中ですよね?それなら、喪主を任せるわけにはいきませんが、たとえば、おとぎの会場係とか、そういう配役を頼めばいいんです。『あなたを信頼してるよ』『感謝してるよ』の意思表示が大事なんです」

しりゅう「わかりました。提案してみます」

さて、タイプ2の人は、普段おとなしかったり、温厚な方が多いのですが、怒りだすと本当にびっくりするくらいおこります。というか、怒り方が下手なんで、周りがパニックになってしまうことがあるんです

そういうときは、たいてい、何かしらを守ろうとしていたり、理不尽な状態で損をしている人がいることなどが「情」で怒っていることが多いので、その原因をしっかり解決させてあげましょう。

この人は怒らない人と、勘違いして、対応していると、一番最後に大きな爆弾が投下されてあなたの努力が、全部無駄になる原因にもなりますので、こういう方にこそしっかりと向き合って丁寧に接してくださいね。

あなたは自分のキャラクターしっかりと把握して、弱点と強みを生かせていますか?本当の自分にあった幸せを見つけるコンサルが玄徳庵にはありますよ。

NEW!!最新情報はこちら!

玄徳庵の無料メルマガであなたの幸せな人生を取りに行く夢叶えませんか?無料メルマガはこちら
玄徳庵のサポート一覧
玄徳庵Fクラス:最初はここから!他人のマネでは結果が出ない!!あなたらしい人生スタイルで生き抜くための強み発掘面談
玄徳庵Cクラス:仲間たちと一緒に学べ!玄徳庵『月極勉強会』プラン
玄徳庵Bクラス:月額1万円で起業経営の悩みを全部解決しろ!!
玄徳庵Aクラス:みっちりサポートを受けて一人前の経営者を目指す!
玄徳庵Dクラス:毎週配信のメルマガでしっかり学んで力を蓄える!
Sクラス・SSクラスに関しましては、Aクラスの商品を参考にご検討ください