集え!自分の夢をかなえたい志高い仲間たち。『玄徳庵憩いの場』のメンバー募集開始

玄徳庵には、志を同じくする仲間たちが集まる場所があります。

それが「玄徳庵憩いの場」と呼ばれる場所です。

この憩いの場は、仲間たちが毎日お茶を飲みながら畳の上で情報交換をしあい、時には励まし、時には弱音を吐き、支え合える関係を作っていくことを目的に作りました。

初期の創設からすでに8年。

その当時からのメンバーさんや、新しく入ったばかりのメンバーさんまで、全国の仲間が大いに自分たちの知識を使って、お互いを助け合っています。

私が目指すのは、「管鮑の交わり」と表現できるような仲間たちと仕事ができる環境を作り上げることです。

管鮑の交わりとは、天才参謀である管仲という人物が、友人である鮑叔を称して「我を生む者は父母、我を知る者は鮑子なり」 といったところから生まれた言葉です。

実はこの管仲、才能は高かったのですが結構やんちゃな性格だったようで、いろんな失敗やずるいことなどもしてきました。ところが、そんな管仲のことをそのたびに鮑叔は許し理解し、最後には自分たちに負けて捕虜になった管仲を助け、自分の主君に管仲は凄い!と推薦して、自分は降格して管仲の部下になるというそういうエピソードからできた言葉。

このあと、この王様を天下の覇者にまで君主を押し上げる管仲は凄い才能の持ち主なのですが、鮑叔がいなければ歴史上に名前も残らず、ただ処刑されて消えていたかもしれません。

そんなお互いが本当に信頼し合える仲間を見つけ、憩いの場での交流を生かしお互いが支え合って生きていけるような仲間を見つけてもらえればいいなと思っています。

ただ、本来であれば、みんなでワイワイと集まって情報交換をしたいところですが、全国に散らばっている仲間たちが一堂に集まるというのはなかなか難しいものがあります。

そこで、玄徳庵は、チャット機能でスマホで簡単につながれればと考え、チャットワークを使った交流の場というのを作り上げることをしました。

それが、いま運営されている『玄徳庵 憩いの場』なんですね。

こちらのチャットでは、全国の仲間たちが、必要に応じて情報提供や質問をしたリ、仕事の協力をして助け合っている場です。

難しい縛りや、「キラキラ」や「ギラギラ」といった雰囲気はなく、緩やかに、あなたを包み込むように空気が流れているそんな交流の場です。

とはいえ、人間関係ですから、もめ事になりそうなときや、なんか誤解をされてしまったときもありますよね?

そんな時に塾長の阿部を中心とした講師陣が仲介に入るなどして、あなたがトラブルにならないように保護をすることもしっかりしています。

これは、無理せずの憩いの場が『必ず塾長と一度面談をしたうえで入れる』というルールを設けているからなんですね。

塾長と一人一人の信頼関係があり、さらに、その一人一人の性格や考え方を知っているので、きちんと間に入ってトラブルを抑止することができるので、安心して皆さんもこのルームを活用することができます。

また、この憩いの場の会員さんになると、こんな特典があります。

1、毎月一回開催の勉強会に参加できる

憩いの場のメンバーさん限定のZOOMの生授業があります。この授業に参加いただけると、普段交流できない仲間たちと直接リアルタイムで情報交換をしたリ、普段なかなか学べないような知識を学んだりすることができます。

特に、課題図書を出して授業をすることも多いので、ついつい勉強を後回しにしがちな経営哲学や心理学などの大事なものも学ぶことができますよ。

また、復習用に限定で動画公開されますので、出席できなかった方は、動画でおさらいをすることができますよ。


2、憩いの場限定の動画授業

玄徳庵では、普段からYouTubeチャンネルへの情報提供を行っていますが、じつは、公開されている情報は、その中のほんの一部にすぎません。

動画テキストは、コンサル生限定、会員さん限定、メルマガ読者さん限定、一般公開に分かれていて、憩いの場の会員さんは会員限定動画を追加料金なしで見ることができます。

一般公開では話せない、オブラートなしの情報を学べるのは、憩いの場に所属しているメンバーさんのみですよ。


3、全国の仲間と仕事の協力ができる

玄徳庵は、今まで数百人の仲間たちと交流をしてきました。その中のメンバーさんたちや、あるいは有志のメンバーさんたちの協力を得ることで、あなたの仕事の可能性を広げる連携ができることもあります。

実際、憩いの場をきっかけに仕事仲間としてつながっている人たちはたくさんいます。

あなたも、そんな仲間が見つかるかもしれませんよ


その他分からないことや、不安なことなどありましたら、初回の面談の時になど質問いただければ幸いです。

初回の面談(有料初回コンサル)はこちらになります。

それでは、『玄徳庵 憩いの場』の商品詳細です。

■商品名 玄徳庵憩いの場

■受講条件

1、過去の玄徳庵のイベントなどで塾長と会ったことがある(面談不要)

2、初めての場合は入会前に有料の初回面談の受講(¥3000円)が必要になります。

3、玄徳庵の現役の生徒さんの場合 無条件・追加料金なしで加入できます

4、玄徳庵のサポートを1年以上受けた方は月会費免除で卒業後も憩いの場に在籍することが可能です。

5、2019年11月以前の無理せず起業塾オンラインサロンから加入されていた方は、今後も会費などは発生いたしません

6、現役の会員さんからの紹介の場合は、初回の面談費用3000円のみ免除になります。

■会費 月額3000円(毎月25日支払い。初回は支払い後一番近い月の1日からサポート開始)

■お支払方法 年間払い、半年払い、3か月払い、毎月払いのいずれかで、指定のゆうちょ銀行へのお支払いをお願いしています。支払日は、25日締めとなっています。

■退会 退会の希望連絡は個別のメッセージにて前の月の25日までにお願いします

■休塾 システムの都合上休塾の制度はありません。

■必要ツール パソコンかスマートホン(チャットワークができる環境)

■その他注意事項

1、チャットワークは、無料で使えるエリアに制限がございますので、チャットワークのルールをご確認をお願いします。(初めて使用する方は特に問題なく使えます)

2、個人同士のコンタクトの追加は、塾長とのみお願いいたします。会員さん同士の交流はストーカー行為などを防ぐために、原則「憩いの場」のみとさせていただいてます。ただし、当人同士が納得したうえで情報交換するのを妨げるものではありません。

3、迷惑行為の報告や、明らかに玄徳庵の趣旨にそぐわない行動をする方は、即刻、退会を命じることがあります。その場合すでに受講した期間の返金は致しませんので、ご了承ください。

4、玄徳庵憩いの場で得られた情報を外に無断で開示することを禁止します。

5、憩いの場の会員さん同士は、多業種が集まることから全員をさん付けで敬称を統一します。塾長のことも、「塾長」や「先生」ではなく、こうめいさん、または、阿部さんとお呼びください。

6、その他ご不明なことは、責任者の阿部まで、即ご連絡ください。

玄徳庵の憩いの場は、あなたの可能性をどんどん広げる大きなきっかけを得られる大事な場所です。

一人で悩んでいても解決できない知恵がここでは解決できます。

三人寄れば文殊の知恵。

ならば、憩いの場のように50人集まれば、いったいどんな知恵が出てくるか?ワクワクしませんか?

あなたが一人で悩む。そんな辛い思いをしなくて済むように、私達やあなたの先輩たちが、祖っと力を貸してくれますよ。

玄徳庵の憩いの場への参加申し込みはこちら

最後に参加者さんたちからのメッセージです。

■男性の地方活性コンサルタントさんからのメッセージ

無理せず(玄徳庵の旧名)を通じて出会った仲間たちの協力で、仕事が広がってきて助かっています。天候不順に体がついていかず、体調すぐれない中ですが、こういう関係があることがホッとできています。

阿部さんが無理せずを開業してくださったこととても大きな助けとなっています。あらためて、ありがとうございました。

ある方は、玄徳庵で出会った縁をもとに、体調が悪くても仕事ができる関係を作り、安心して仕事ができるようになりました。

■男性の行政書士さんからのメッセージ

無理せず(玄徳庵の旧名)で学んだことをコツコツ実践したことで、先日、顧問契約だけで月収100万円を超えることができました。

ゆっくりでしたが、阿部さんのところで、アドバイスをもらったおかげで、このような結果が出せたこと感謝しております

年収1000万がどうのとよく世の中で言われてますが、コツコツと達成していくことで、信頼を損なうことも体調を損なうこともなく、成長を続けることもできるんです。

■女性のカウンセラーさんからメッセージ

実は今年の夏に、あるメニューでモニターさんを募集したところ、56名からお申し込みがあり、忙しくしておりました。

予定日が近づき、人数限定で有料化して再募集をかけたところ、満席になりました。やっと興味を持ってもらえるメニューを見つけたところで産休に入りますが、焦らず、自分のペースで進んでいこうと思います!

女性が向き合わざるを得ない「出産問題」これって、実は女性だけでなく、男性も抱えるかもしれない問題ですよね?

それでも、どんなに環境が変わっても生き抜く方法を学んでいるので、玄徳庵の仲間たちは、しっかりと自分の夢をかなえに行くことができているんですね。

さて、あなたはこんな仲間たちと一緒に頑張りたいと思いませんか?

あなたがもし仲間に入りたいというのであれば、ぜひ勇気をもって私に声をかけてください。あなたの勇気をお持ちしております。

玄徳庵の憩いの場への参加申し込みはこちら