行政書士として開業したけれども・・・初めての仕事、やったことない仕事について、それを正直にお客さんに伝えるべきですか?

こんにちは。無理せず起業塾、塾長の阿部です。

2018年から、twitterを強化していこうと思ってます^^ツイッターのフォローをよろしくお願いします。

無理せず起業塾塾長のツイッターはこちら

さて、それでは以前いただいた、行政書士開業後の実務にまつわる相談です。

初めてのお仕事が来たときに、いままで、「私初めてなんですけど」とお客さんにいったら、電話を切られてしまいました

またある時には、

私新人なんですが、頑張りますといったら、仕事を断られてしまった

なんて相談をいただきました。

これなんですが、厳しいことをいうと、「誠実」と「責任逃れ」を勘違いした発言なんで、ここでしっかりと肝に銘じてください!!

まず、お客さんは、あなたをプロとして信頼して仕事を任せてくれようとしています。

そこで、『私は新人です』と答えるのは、お客さんに、『新人だからミスしても、不手際があっても、許してね』という思惑が隠れていることになります。

要するに、自分の力のなさを、お客さんに言い訳して、自分を守っていることになってしまうんです。

だから、それをやってはいけません。

それをいうときは、仕事を断るときのみです。

つまり、仕事を断わる気がないのであれば、そのような発言はせず、プロとして、頑張るしかないんです。覚悟を決めてね。

最近、こういう言い訳をする人がちらほらいますが、絶対にプロとしてはダメなこと。

だって、塾業界だって、『私新人の先生なんで、ミスしても許してね』なんて、絶対に許されませんよ?

法律業界だって、どの業界だって、仕事としてやる以上は、プロでなければいけません。

その覚悟を持って、キチンとやりきります!と、胸を張っていえるくらいになってくださいね。

ちなみに、お客さんに聞かれてしまったときは、嘘をつくわけにはいかないので、仕方ないんですがね。

30名限定無理せず開業行政書士校講座はこちらから

 

■メルマガ読者さんだけがこっそり見れる動画やブログがあります!
無理せず起業塾の無料メルマガにて、ネット集客・名刺集客・行政書士の経営から実務のお話まで秘密で公開中です
無理せずからのお知らせ
行政書士で10年生き残るための事業計画書を書こう!
【残り23名】3年間キチンと生き残れる行政書士になる!行政書士で夢をかなえるための個別指導の開業講座
自宅にいながら全国の人と交流しよう!Skype交流会『自宅で全国の仲間を作ろう交流会』を開催します
行政書士等の士業の皆さん!一緒に交流会でお客さんに選んでもらえる『自己紹介名刺』作りましょう