【ありがとうございました】4月11日 無理せず開業講座『3年間事務所を維持し、本物の経営者になりたいあなたのための、行政書士開業講座』

無理せず開業講座、2年ぶりの大型セミナー開催です。

2年前、募集から、1週間経たずに、1万円のセミナーにのべ30名の人が集まり、さらに、キャンセル待ちの多さから、DVDを、発売することにまでなった、あのセミナー。

FB用 (2)

無理せずの一番人気のセミナー『3年間生き残るために、私たちがしてきた成功と失敗』の、完全進化版セミナーです。

宣言します。2年前と違い、今年からは、わたしと菅原のコラボのこのセミナーは、東京でも、今年は開催しません。

予定としては、11月の福岡も開催予定ですが、交通の都合上、大阪ほどがっちりした内容のセミナーは開催できません。

また、DVDには、収録できない、オフレコが、わたし達のセミナーには、必ずありますので、その部分も、大阪にきていただけないと聞けない形になります。

つまり、今回のこの内容は、大阪に来ていただかないと、聞けない内容となっておりますので、まずはそこだけ注意してくださいね。

この日のセミナーは、

  • 行政書士の世界を知りたい、行政書士の世界が見えず悩んでいる
  • 行政書士として開業してやっていく自信が無い
  • 行政書士として開業したが、何をしたらいいか分からない
  • 行政書士になったが、不安で不安で仕方ない
  • ビラや名刺を一生懸命配っているが、なぜか成果が出ない
  • 自分の強みを出せといわれたが、その強みがわからない
  • 開業本を読んだが、結局どうすればいいかわからなかった
  • 行政書士として、今はうまく行っていないが、一生頑張っていきたい!
  • 行政書士の実務は色んな人が教えてくれるけど、それ以外のことも聞きたい
  • きれいごとや、建前じゃなく、本当の行政書士の世界を知りたい。

そんなあなたに、お勧めのセミナーです。

わたしと、菅原は、行政書士として開業したのが、26と、23歳のとき。

よくある、コネや、金なしなんてレベルではなく、社会人経験もほぼなく、何にもない状態で、ぽんと、行政書士の世界に飛び込みました。

そして、今でこそたくさん増えた、行政書士の開業講座ですが、わたし達の頃は、小さなものしかなく、しかも、実務を教えるだけというものばかり。

いや、正直、今でもこの流れは変わっていないんですね。

実務が出来れば、行政書士として成功できる?

集客ができれば、行政書士として、集客出来る?

そんな幻想に、わたしたちは、何度も振り回され、つぶされ、悔しい思いをしながら、5年間、必死に事務所を守り、生き抜いてきました。

多くの資格の学校や、開業講座は、お客さんほしさに、甘いことをいいます。

『行政書士になったら、1千万円稼げますよ』

違うんです。

『行政書士になったら、人助けできますよ』

まったく違います。

『行政書士になったら・・・』

そもそも、ここが間違っていることに早く気がついてください。

行政書士になったから、あなたは、やりたいことが出来るようになるんではないんです。あなただから、その夢がかなえられるんです。

行政書士であろうが、稼げない人は稼げない。人助けできない人は出来ない。

その理由は、すべて自分自身にあります。

そこに気がつかずに、集客のノウハウだけ、実務の知識だけ?こんなものをマスターして何になるんでしょうか?

わたしは、この、『行政書士』という囚われの中にいたとき、すごくすごく苦しい思いをして生きてきました。

もうやめてしまおうと、何度も、看板をはずしたり、付け直したり、友人になきついて、仕事をもらったりと、本当にたくさん嫌な経験をしました。

そんなときに、尊敬する士業の先生に、「自分に出来ないことは、仲間に助けてもらえばいいんだよ。だって、行政書士の前に、経営者でしょ?」といわれたときに、初めて自分の過ちに気がつきました。

そう、行政書士は、自分の一部であって、行政書士という資格に、使われる自分であってはいけないんだということに。

わたしは、この囚われを抜け出してから、士業の仲間が増え、お仕事が増え、今まで感謝されなかった、お客さんから、笑顔で、「ありがとう」といわれるようになりました。

そして、その囚われを、捨てたことにより、他の士業の先生から、依頼が来るようになり、今では、「阿部さんは、お客さんを完全に任せられる、数少ない先生だ」といわれるまでに、なりました。

そう、行政書士として、生きていくためには、行政書士ではなく、経営者としての自覚を持つことからすべてがスタートするんですね。

その自覚に気がつき、育て、そして、自分たちなりの活用方法を考える。

そういうことが出来るセミナーが、『3年間事務所を維持し、本物の経営者になりたいあなたのための、行政書士開業講座』になります。

このセミナーは、多きく分けて、4章になっています。

1章 わたしたちが開業から、5年間にしてきた成功と失敗(実務などのマスター法)

2章 一生、生き残る行政書士事務所を目指して取り組んでいることと、考えるべき課題

3章 開業したてのあなたが使うべき集客ツール

4章 無理せず集客するために2つ折り名刺講座

いつも、6時間話しても話し終わらないことも多いセミナー。内容をどう削ろうか考えた結果・・・セミナーの時間を伸ばすことにしました(笑)

この日1日で、もう、行政書士の話は、満足ですと、悲鳴を上げるくらい、濃い内容をたっぷり詰め込んで、お話させていただきます。

具体的にどのようなお話をするか、簡単にご紹介しますね

第1章 わたしたちが開業から、5年間にしてきた成功と失敗(実務などのマスター法)

世の中の開業講座は、実務ごとの、書式の書き方や、テクニックなど、事細かに教えてくれますが、そんなもの、役に立ちません。

というのも、私たちが相手にしているのは、書類ではなく、生の人間なんです。

人間とどのように向き合い、そして、お客さんが、本当はどのようなことを望んでいるのか?ここが分からないで、実務を学んでしまうと、ただの、物知りおじさんです。

おなじ会社設立でも、県を越えればルールは変わりますし、市を超えれば、やはりいろいろかわります。それどころか、担当者によっても、代わることがある。

役所も人、お客さんも人。人によって、考え方も、価値観もいろいろです。

これらを、どうやったら、机の上で、マスターできるんでしょうか?

そうではないんです。分からなかったら、調べる。聞く。こういうことが出来るかどうか?そっちの法が、何万倍も大事。

実は、優秀な、多くの先生は、こういうことが、自然とできた人が多いので、そういうことで悩んでいるということが、理解できていない先生が多いです。

本当は、テクニックではなく、そういう事例と、乗り越え方、こういう知識こそ大事です。

だから、わたしたちは、成功談と失敗談を、あえて皆さんに披露しているんですね。

例えば、

  • 開業1年目に、HPに、150万円かけた結果、その業者に夜逃げされた話
  • 同業者に、お仕事を奪われた話
  • ネット上で、ちくちく嫌がらせをしてくる、同業者の話
  • わたしたちが、初のお仕事をどう受注して、どのようにこなしたかの話
  • 委任状など、本当に開業当時から必要な知識の話
  • 開業資金、300万円を用意した場合と、30万円しかなかった開業の違いの話。
  • アナログ集客、ネット集客、それぞれが、ま反対の集客に行き着いた理由
  • お客さんに裏切られたり、脅されたり、感謝されたり、本当にリアルなお客さんの声
  • そして、異業種、他士業からの、本当の現場のリアルな声
  • 無理せずという全国の行政書士が、連携する、団体を作ったからこその、出会いと難しさ

このようなお話を、隠すことなくしていきます。

わたしたちが、ずば抜けた知識も、実力もなく、必死に手探りで、泥臭く、事務所を守ってきたからこそ、話せる、他の人には話せない、5年間のお話です。

第2章 一生、生き残る行政書士事務所を目指して取り組んでいることと、考えるべき課題

法律業として、成功している先生には、共通点があります。それは、行政書士としての自覚だけでなく、経営者としての、自覚を持っていること。

経営者の自覚のない人は、やっぱり潰れていってしまう人が多いです。

  • 例えば、仕事が多いのに、自滅していく行政書士。
  • 自ら価格競争に巻き込まれて、苦しむ行政書士。
  • 無料相談ばかりして、生活が成り立たない行政書士。

これって、案外少なくないんですね。

わたしたちは、世の中で言われる、純粋な行政書士ではありません。

行政書士以外の仕事もしていますし、行政書士業務以外のことも、法律上問題なければ、サポートしています。

セミナーや、コンサルタント、保険の代理店、講師、HP作成業者、不動産屋、いろんな顔を持った行政書士がいますが、それらは、決して悪いことではありません。

それは、行政書士は、あなたの一部であって、あなたが、行政書士だけとして、生きなければならないと、誰かが決めたわけではないから。

  • お客さんが喜ぶなら、法律に違反しないで、自分が出来ることならやってあげよう。
  • こうすると、自分のお客さんがもっと喜ぶに違いない。
  • こうすると、たくさんお客さんがきてくれるぞ。収入が安定するぞ!

こういった判断が出来ず、「行政書士だから」「行政書士なので」といっている人は、行政書士としても、生き残っていけないんですね。

同じように、捨てなければいけないもの、身につけなければならないものが、たくさんあります。

そういったものを伝えながら、私たちがしている工夫や、これからしないといけないと思い、工夫している、チャレンジしていることまで、全部お話します。

第3章 開業したてのあなたが使うべき集客ツール

集客講座は、2日目にがっちり行います。初日のこの日には、入門として、簡単な全体の流れと、皆さん自身のブランディングの仕方、強みの見つけ方、写真の撮り方など、基本的な事項をお話します。

あなたの価値を、100%お客さんに伝える。

そのためには、どういうことを考えて、どのようなことを実践すればいいのか?そこをしっかり一緒に考えましょう。

第4章 無理せず集客するための2つ折り名刺セミナー

2日目には、話す時間がたぶんあまりないであろう、名刺のお話を最後にします。

名刺は、大事な集客ツール。

ところがその価値を使いこなせていない人があまりにも多いです。

あなたの名刺は、あなたの価値を、相手に、100%伝えられていますか?

そして、名刺で集めたお客さんを、どこに導くのか?ゴール地点は決まっていますか?アナログと、ネットをしっかりと、組み合わせることによって、あなたのファンを増やしていきましょうね^^

それでは、最後に詳細です。

■『3年間事務所を維持し、本物の経営者になりたいあなたのための、行政書士開業講座』

■日時:4月11日(土) 10時~19時

■会場:大阪府社会福祉会館

■費用:13,000円

■懇親会:4,000円

■募集人数:15名(先着)

なお、この日の翌日には、無理せず開業講座の集客マスター講座である、『アナログ営業からネット集客へ。ネット集客からアナログ集客へ。無理せずネット&アナログ営業完全マスター講座』が開催されます。

両日参加いただけると、2日目が、3,000円だけ安くなり、お得です^^

わたしたちは、価格以上のものを、皆さんに持ち帰ってもらうというポリシーを持って、セミナー活動をしています。両日合わせて30000円という価格設定は、行政書士が、1つ依頼を取れば、獲得できる金額にあわせて設定しているんですね。

この2日間、しっかり学んでいただいて、全員に、まずは、1件以上の依頼をとっていただく。それを目標に、2日間のセミナーをがっちり組み立てています。

2日目の詳細を知りたい方は、こちらからご覧ください。

お申し込みはこちら

推薦文

以前、実際に、このセミナーに参加してくださったところから、お友達になった、開業講座のメンバーさんから、推薦文をいただきましたので、ご紹介いたします。

行政書士あんしん総合法務事務所 所長 安藤紳次さん

374469_108326466000818_1285353116_n

私は3年前、大阪からこの開業講座に深夜バスを利用して、日帰り弾丸ツアーで参加しました。

「朝活」「夜活」と題する数時間のためだけにわざわざ東京まで行ったのですが、開業直後であったので、参加したことによるその後のインパクトは絶大なるものがありました。

今回の「大阪セミナー」2日間とも参加すれば、私が東京で受けた時の3倍以上ものボリュームがあるようです。

これは、開業して間もない方だけでなく、2~3年目くらいまでの集客で悩める行政書士さんはじめ士業の方々には、ぜひとも参加すべきセミナーであると断言できます。

私が関東に住んでいたとしたら、深夜バスとカプセルホテルに1泊して、2日間とも参加します。それほど、他のセミナーにはほとんど見られない充実した内容を提供してくださる、稀有な開業セミナーであると言えましょう。

この機会を逃すと、しばらくはこのセミナーは開かれないとのことですので、なおさら皆様におすすめしたいです。

伝説となるかもしれない今回のセミナーに来てみませんか?

もちろんおすすめは、関東だけでなく、東海・関西・中国・四国・九州など西日本にお住まいの方々に、またと無い絶好の機会です。

伝説のセミナーとまで、評価していただくと、プレッシャーですが(笑)

私たちの無理せず開業講座の目的は、一緒のお仕事をするパートナーさんを、見つけていくこと。そして、実際につながっていくことです。

ですので、セミナーだけやって、適当に終わりです!

なんて内容はやりたくありませんし、そんな内容だったら、私たちと一緒にお仕事したいなんていってくださる方は、いなくなってしまいます。

つまり、参加者の方の1人でも多くの方に、成功していただき、同志になっていただくことが、我々の一番の目的ですから、「そこは、秘密」とか、中途半端なセミナーはしません。

その点だけでも、他のセミナーとは、違うんではないかな?と、私たちは思っています。

行政書士 田中ゆきえさん

264463_478915122185574_1284224418_n

お二人の先生方は、この方に出会えて良かった!と思える先生方です。

特に、菅原先生の1年目にだまされてしまった、ネット会社のお話は、すごく印象的でした。

そのほかにも、実体験に基づくお話しをたくさん聞かせていただき、大変面白く、そして、もし知らなかったら怖かっただろうと思われるエピソードには、毎回ドキっとさせられます。

菅原の、ネット嫌いの原因になったのかどうかは分かりませんが(笑)菅原は、開業1年目に、HP作成業者に、100万円以上取られたにもかかわらず、いまだに、問い合わせが一軒もないようです><

いまでこそ、笑い話ですが、当時は、相当人間不信になったとか。

ネットに、何百万かけないといけないと勘違いしている行政書士は多いですが、実は、私は、年間1万円しかかけていませんが、問い合わせがきています。

これを聞いて驚く方が多いのですが、何でなのかは、セミナーに出ていただくと、分かります^^

懇親会のお勧め:行政書士 藤田 淑美さん

58163_514189148639400_836006094_n

私は、福島さんの出版パーティー兼、懇親会に参加させていただきました。

出版記念という大切な会に”はじめまして”と図々しくお邪魔させていただいたのにも関わらず、阿部さん、菅原さん、福島先生をはじめ、参加されていた全ての方が温かい笑顔で迎えてくださり、開業前の身の私の話もとても親身に聞いてくださり、感激したのを覚えています。

開業前の私にとって、既に活躍されている士業の先生とお会いすること自体が初めてでしたが、”行政書士”や”士業”の堅苦しいイメージが一日にして吹き飛んだ貴重な機会でした。

いつか”無理せず”の仲間の一員として、私と同じようにおっかなビックリ、ドキドキしている新人さんを温かく迎えられる存在になれたら、とゆっくりですが頑張っているところです。

懇親会に参加された方と、されなかった方では、どうしても、親密度に差が出てしまいます。

懇親会だと、とんでもない直球の質問も出てきます。

「年収いくらなんですか?」とか、セミナーじゃ聞けませんよね(笑)

この質問は、個人情報過ぎて、ちょっと困ってしまうのですが、こんな質問も出来るくらいのわいわいした雰囲気で、懇親会はフリー質問会になっています。

これにだけ出たいです!という方がいるくらいの、懇親会なんです^^

ネット集客セミナー参加者さん特典の、ネットコンサル受講生:じゅんさん

阿部先生のコンサルティングを受けて、ネットやITが苦手な自分でもブログやメルマガを始める事ができました。

聞ける人がいるということは、自分の方向性の指針にもなります。

そして今や、色々な情報が氾濫している世の中ですが、そのような情報過多にも自分が左右されず、迷わず進んでいく事ができます。

ちょっと疑問に思ったことや、分からない事迷った事でも先生に聞けば、すぐに教えてもらえますし、助けてくれる人がいるという安心感は、孤独になりがちな個人事業主でも、かなり精神的な支えになっています。

自分で全て抱えていたら・・と考えると時間的にも精神的にも、かなり浪費していたと思います。

忙しい行政書士の先生方にとっては、それだけでもコンサルを受けることはかなりのコストパフォーマンスになると思います。

ブログやメルマガは、軌道にのせ、習慣化するまでが大変のようですが、よほどITが得意だったり根気強くないと、なかなか難しい事だと思います。

そんな時にいい意味で”背中を押してくれる・見守ってくれる”阿部先生のコンサルに、非常に感謝しております!

セミナーに出たから、完璧に出来るようになりましたなんて人はいません。

実際やってみて、初めて、いろんな質問が出てくるんです。

私は、このコンサルに、月々1万円いただいていますが、セミナー参加者さんは、30日間、無料で、このコンサルを利用できます。

この30日間に、実際の、皆さんのブログを見ながら、個別にアドバイスができるので、セミナーにプラスすることで、即効性が上がります。

コンサル以外にも、ネット上での、交流の場を、私たちは、意識して作っています。

その理由は、個人事業主である行政書士は、孤独に陥りやすいからです。私たちも、最初は、かなり孤独を感じながら、やっていました。

それを払拭できるだけでも、前向きに頑張れるのが、人間だったりするんですね^

お客様の声

過去に、無理せず開業講座に、参加された、皆さんからの声や、ご感想です。

■DVD講座ご購入:行政書士有資格者女性

お客様の声

■セミナーにご参加者:男性

(セミナーを受講して)学んだことを実践してみたい。これからが楽しみです。あっという間の7時間(セミナーの休憩時間含む)でしたが、その中で、考えさせられることが、たくさんありました。

■セミナーにご参加者:女性

(受講前は)何からはじめればいいかわからなかったし、自分のやっていることが、いいのか悪いのかも分からなかったが、(セミナー受講後は、)開業から、今までの話を聞けたことや、具体的に何をするか分かったことが、よかった。(参加者:女性)

■セミナーにご参加:開業準備中男性

お礼状

■セミナーにご参加者:女性

あっという間の1日でした。具体的な失敗談をお聞きし、前向きに考えていける気がします。

■セミナーにご参加者:男性

リアルな話が聞けて満足でした。行政書士の目指すべき、収入の種類のパートが個人的には、印象に残りました。内容は、大満足でした。

■セミナーにご参加者:男性

開業してから不安を感じていました。しかし、不安を感じるより前に、やるべきことがあると分かったので、不安が軽減されました。

■セミナーにご参加者:女性

(メルマガだけで、)見ずしらずの先生のセミナーだったので、参加するか、しばらく悩みました。悩みがすべて解決したわけではありませんが、何点かアイディアが、いただけたことで、具体的なイメージがもてました。思い切って参加してよかったです。

■セミナーにご参加者:行政書士開業中の男性

(セミナーを受講して)新しい考え方を吹き込んでもらいました。やはり、法律家脳では、ダメなんだと実感しました。

■セミナーにご参加者:男性

(セミナーを受講して)まだ、自分でできることがたくさんあることを知り、かえってすぐに試したいと思っています。一度東京の会にも出てみたいと思います。(西日本から参加の男性)

■セミナーにご参加者:女性

値段の張るセミナーでしたので、その価値があるのか申し込み前は躊躇しました。結果としては、モチベーションも上がり、来てよかったと思います

■そのほかの声

「このセミナーに出て、モチべーションが上がりました。早速頑張ります!」

「まだまだ、やれることがたくさんある!頑張れると、思うことが出来ました」

「厳しい話も多かったですが、これが正直な世界。今まで見えなかった、行政書士の世界が、見えた気がします」

講師の紹介

阿部浩明(あべ ひろあき)

阿部

無理せず開業講座塾長、新潟県会所属行政書士兼、ネット&名刺集客コンサルタント

2009年合格、2010年5月千葉県柏市にて、阿部行政書士事務所を開業。2011年菅原とともに、起業塾無理せず開業講座を発足。

2014年、お坊さんの修行のため、新潟県に事務所を移転。半年間の山篭りを経て、無理せず開業講座に復帰。お坊さんの資格を持つ、数少ない行政書士。

丁寧な、ケアーから、同業者から、「阿部さんには、お客さんを自信を持って、任せられる」と、評価されている。2015年より、正式に、無理せず開業講座の塾長に就任。

参加者さんに、やって欲しいとお願いされながらも、断り続けていた、無理せずネット集客講座を、2015年より、ついに開始。

新潟にいながら、東京はもちろん、沖縄や、広島、鹿児島、島根、富山など、色んな地域の、お客さんから、相談を受け、活動している。

ちなみに、無理せず開業講座の、セミナーや懇親会の集客は、100%彼がしている。

行政書士としては、相続・会社設立が専門分野。

菅原伸也

菅原

2010年開業。大学生の時代に、行政書士試験に1発合格した。プロテストも受けるほど、野球に打ち込んだ、スポーツマンでもある。

東京会所属。ネットを一切使わない、アナログ営業がうまい。かなりの広い分野に人脈を持ち、その人脈を、有効に使い分け、仕事を増やしていく経営方法をとる。

無理せず開業講座の、元リーダーで、発起人。

自分の経験を生かし、いろいろな中小企業から、講演を頼まれ、セミナー活動をするなど、活発に活動中。

専門業務は、記帳代行。契約書の作成。無理せずの、最年少メンバーでもある。

最後に・・・

わたしたち無理せず開業講座の理念は、『無理をしない!潰れない経営力をつける』、『仲間同士で助け合い、本当の意味で、自分のお客さんを守る』この2つが、1番の目的です。

そのため、セミナー後、参加者さんどうしが交流をされたり、わたしたちから、行政書士のお仕事のお手伝いをお願いしたり、リアルな付き合いが続いています。

『無理せず開業講座は、開催されている理由がはっきりしているので、信頼が出来る』過去に、起業数年のベテランの先生からも、そういわれる団体です。

ただ、実務が学びたいだけ、ただ、集客が学びたいだけなら、無理せず開業講座はお勧めしません。

無理せず開業講座は、セミナーという、ひとつのきっかけを通じて、おなじ高い志を持った、仲間で、協力し合う、それが大きな目標なんですね。

無理せずの仲間も、60人を超え、全国に、そのネットワークは、広がりつつあります。

わたしたちと一緒に、本当に、お客さんを守れる、経営者を目指しませんか?

あなたにお会いできるのを、楽しみにしております。

お申し込みはこちら

 

 

おなじ行政書士ですが、この仕事が来たら、無理せず開業講座でであった先生にお願いします。

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

先日から、無理せず開業講座の先生達の紹介を各メディアでさせていただいています。

無理せず開業講座の先生・・・といっても、無理せず開業講座に全責任を負っているのは、行政書士の阿部と、菅原の二人だけ。

いわば他の先生たちは、私達に共感してくださった、サポーターです。

ですので、私たちも、紹介料などをいただいたりせずに、実際に顔を合わせて、『うん!この先生の人柄なら、紹介できる』と、思った先生のみ、紹介させていただいています。

そのため、こんな声が聞こえてきました。

建設業のお仕事が来たら、私は、長島先生にお願いします。

おなじ行政書士の先生から、こういう声が出てくる関係。

無理せず開業講座は、こういう関係を作っているので、事業主の方にも、胸を張って、紹介できるんですね。

長島さんは、建設業に強い、個人事業主を応援する行政書士さん。

時間を縫っては、無理せず開業講座にも、たくさん協力してくださっている先生で、私も実際にお仕事をしましたが、細かいおつりまでしっかり返してくださるしっかりした先生。

実は、士業は、お金に大雑把な人も多いので、ここって結構大事なんですね。

だから胸を張って、紹介できる先生だったりもします。

建設業でお悩みの方は、無理せず開業講座に声をかけてください^^長島先生に、直接私が、お願いしますよ。

 

 

 

 

『誰も教えてくれない!損をして後悔しない行政書士事務所の開き方』無料メルマガセミナーでお話します

こんにちわ。家族の絆を守る行政書士の阿部浩明です。

このメルマガは、発行から、2年で、300人以上の行政書士の方、または、行政書士を目指している方たちが、読んでくださったメルマガ、『誰も教えてくれない!損をして後悔しない行政書士事務所の開き方』の最新バージョンです。

私たち無理せず開業講座は、この2年間、首都圏を中心に、セミナー活動や、懇親会などを開催し、行政書士の開業準備中の方や、開業1年目の方を中心に、お話を伺ってきました。

メールなどのやり取りも加えると、2年間で、のべ100人程度の行政書士関連の方と、情報交換しました。

その中で、よく聞かれた質問。この質問は、皆さんで共有したいなと思った質問を、中心に、新たに、新しく作り直したのが、この『誰も教えてくれない!損をして後悔しない行政書士事務所の開き方2013年バージョン』なんです。

ブログで書くわけには行かない、お話しもたくさんあるので、メルマガにしています(笑)

今までは、事務所の開き方、開く前までの手続き、ということを中心にお話してきましたが、今回のリニューアルでは、実際に、事務所を開いてから、どうすればいいのか?という点にも、着目して、お話しています。

このお話は、

  • 行政書士として、開業を目指している方
  • 行政書士でやっていけるか不安な方
  • 行政書士になったはいいけど、何をしたらいいのか分からない方

こんな悩みを抱えている方に、ぜひ読んでいただけるとうれしいなと思っております。

もちろん、ここに当てはまらない方も、ご購読いただけるとうれしいです^^

具体的に、このメルマガでは、このようなお話をします。

1日目 行政書士開業のときに、開業届けは、出さないとダメですか?

2日目 行政書士開業のときに、事務所の近くの士業に挨拶にいった方がいいですか?

3日目 行政書士は、支部や他士業とどうつきあうの?

4日目 行政書士が開業したとき、先輩行政書士に、何かを教えてもらうときの注意点

5日目 行政書士のアナログ営業と、ネット営業、業務によって違いはある?

6日目 行政書士は、商工会や何かの団体に、入った方がいい?

7日目 行政書士として開業して、専門業務をまだ決めていないけど、名乗るべきですか?

8日目 行政書士として、開業したら、加除式の本はすぐ買うべきですか?

9日目 行政書士が、開業当初かけなければいけない、HPへの費用は?

10日目 実績がない行政書士の、自分の強みを見つける!キャラ作りって何?

11日目 行政書士の最大の弱点、完ぺき主義と、謙虚すぎとは?

12日目 ダブルライセンスをとっても、うまく行かない行政書士の考え方

13日目 潰れてしまう、行政書士事務所が見落としがちな大事なポイントは?

14日目 行政書士の報酬の決め方について、考えてみよう

最終日 行政書士として、生きていくために、捨てるべきことは何?

メルマガにご登録いただくと、1時間以内に、登録したその日に1通目が、その後、毎日10時に合計15日間メルマガが届きます。

また、このメルマガ終了後は、『行政書士の集客のお話』や、『実際にあった実務での失敗談』『イベントのお知らせ』などを、不定期にお送りする『士業で生きていこうと決めたあなたへ』の秘密のメルマガに、ご招待いたします。

こちらは、皆さんの質問をもとに、メルマガでお答えしたり、私達の失敗や成功談を、リアルタイムでお伝えするメルマガです。

こちらは、『誰も教えてくれない!損をして後悔しない行政書士事務所の開き方2013年バージョン』を、ご購読終了した方のみ、ご覧いただける、秘密のメルマガです^^

このメルマガも、いつでも解除できますので、ご安心して、ご購読ください。

なお、ご登録メールが、ヤフーやホットメールなど、フリーアドレスの場合は、迷惑メールに、配信されてしまう場合が報告されております。

万が一、ご登録から、1時間たっても、メールが来ない場合は、メールアドレスの、入力ミスの可能性がございますので、もう一度、ご登録いただくか、お問い合わせより、ご連絡ください。

メールが届かないという方は、こちらからお問い合わせください。

あなたにメルマガでお会いできるのを楽しみにしております^^

※最近フリーメールでご登録された方へ、メールが届かない出来事が頻発しています。特に、ホットメールを、ご利用の方は、他のメールアドレスのご利用をお勧めいたします。

※携帯で受信される方は、携帯の迷惑メール設定を、PCからのメールも受け取れるように変更をお願い致します。同じく、届かない事態が生じております。

■無料メルマガ配信中

PCからのご登録は、下のフォーマットに直接ご入力ください。



PC以外の、携帯などからのご登録は、こちらからお願い致します。

 

 

2013年12月大田区での行政書士向け開業セミナー「3年間事務所を維持するために』の報告

こんにちは。行政書士の阿部です。

2013年12月15日は、今年最後になる、無理せず開業講座ラストセミナーを開催いたしました。

今回は、少人数の5名での開催となりましたが、2回目の方や、受験前の方、受験が終わったばかりの方、さらには兵庫から、2人の方が駆けつけてくださるなど、バラエティーに富んだ、メンバーさんが、駆けつけてくださいました。

アメブロ用

セミナーのテーマは、『3年間私たちが事務所を維持するためにしてきた、成功談と失敗談』

無理せず開業講座の、一番の趣旨である、「無理せず」開業するための、基礎である、集客の考え方や、HPの使い方、事務所の運営の仕方などを、7時間程度で、1日でお伝えするセミナーです。

ボリュームが多すぎて、ちょっと消化不良になってしまうのが難点ですが(笑)これだけ濃い内容は、他のセミナーではないんではないかなと思っています^^

その証拠に、このセミナーは、受講して、1ヵ月後くらいに、じわじわ効果を発揮してくるようです。

飽和状態になった方も、そのあと、FBなどでの、サポートがありますので、安心して、質問していただけるようになっています。

7時間の長丁場にもかかわらず、皆さん真剣に聞いてくださっているのが、うれしいです^^お疲れ様でした。

最後に、セミナーで、いただいたご感想の一部をご紹介です^^

今日はありがとうございました。経験に裏づけされた、リアルなお話を聞かせていただいて、上京してきたかいがありました。今後もよろしくお願い致します。

(家ノ上さん)

 

考える方向性が、定まったように感じます。セミナーの内容も、人と知り合えたことも、良かったです。

(ニックネーム:MUNEさん)

 

ヒントが見つかりました。とくに、業務提携の話は、受講してよかったなと、思いました。

(匿名希望さん)

皆さんありがとうございました^^このセミナーの次回開催は未定です。2014年は開催いたしませんので、ご了承ください。

2014年度用に、セミナーをまとめたDVDはテキストがあります。興味のある方は、HPを、ご覧ください。

 

25.9.28 「1日で完成!自分で作る2つ折り名刺作成講座」を開催します

※今回のイベントの募集は、終了いたしました。

こんにちは。行政書士の阿部です。

名刺といわれると、あなたは、どんなものをイメージしますか?

私が一番いただく名刺のイメージは、このような形です。皆さんもこのような形の名刺を見たことはありませんか?

よくある名刺じつは、これは、お客さんに来てもらえない名刺の代表格です。

私も、最初は、この名刺を、必死にお客さんに配っていましたが、お仕事どころか、名前も覚えてもらえない。さらには、名刺を渡しても、興味を持ってもらえないという日々を過ごしました。

何がいけないんだろうと、必死に考えながら、時には、苦笑いをされるような名刺を作ったり、恥ずかしい思いもしましたが、その過程で、たどり着いたのが、今の2つ折り名刺でした。

CIMG0453

私は、今の2つ折り名刺に変えてから、こんなことが起こるようになりました。

  • ほとんどお話もできなかった、名刺を交換しただけの人から、お仕事をいただきました。
  • 自分の仕事を売り込まなくても、「こういうお仕事されているんですね。実は…」と、相談を頂けるようになりました。
  • 2度目に会う時に、「阿部さんとは、この前、名刺交換しましたよね^^覚えてます」と、話しかけてもらえるようになりました。
  • 「阿部さんは、昔、○○されていたんですよね?」と、相手の方から、話題をふってもらえるようになりました。
  • 「阿部さんって、○○ですよね」と、相手の方に、持っていただきたい、イメージを持っていただけるようになりました。
  • 「阿部さんに名刺を作ってほしいです。」「阿部さん、名刺のセミナーやってくれませんか?」と、本業でもないのに、お願いされるようになりました。

こんな風に書くと、すごい工夫をしているように感じるかもしれませんが、実は、私の名刺は、コツさえつかんでしまえば、だれでも簡単にまねができる工夫しかしていません。

現に、私たちの、開業講座で、名刺交換をした方で、1時間ほどのコンサルを受けただけで、私と同じくらいの名刺を作った方も、います。

ただ、ひとつだけ、難点を言うと、この名刺を、1人で作り上げるには、かなりの時間の労力と、時間が必要になってきます。

たとえば、私が名刺を作る前には、こんなことを最初に、やりました。

1、「私」について、思いつく単語を、500個書く

2、私の商品をほしがっている人は、どんな人か?100個書く

こういった、自己分析を、ひたすらひたすら、繰り返したんです。

私が最初に、チャレンジした時には、恥ずかしながら、気力が続かず、当時は、2~300程度で、挫折してしまったんですが、それでも、半月くらいの時間がかかりました。

これを、やりなさいというセミナーは、非常に多いです。

ですが、実際に、やるとなると、なかなか実行できないのが人間です。

そのため、多くの人が、必要だとわかっていながら、実践することなく、「名刺って使えないよね~」などと、言っている実情があります。

多くの場合は、「使えないのではなく、労力や訓練が足りない」ただそれだけなんです。

とはいえ、一人でこれをやるのは、なかなか大変です。

そこで、今回の名刺セミナーでは、私のほうから、皆さんの過去を振り返る100の質問を用意いたしました。

その質問に、当日、他の参加者さんと一緒に、書き込んでいく作業から、始めていきます。

これには、数時間時間が必要なので、午前から1日、会場をおさえました。

今回のセミナーは、大きく前編・中編・後編の3つに分かれています。

2つ折り名刺の作り方講座前編

前篇は、名刺を作るために必要な、自分自身の強みを見つけるワークを行います。

一部の例をお見せすると、

■あなたの両親の仕事は?

■あなたの出身地はどこ?

■あなたが、小学生のころ、好きだった遊びは何?

■中学生のころ部活は?

■高校生のころ、表彰されたり、ほめられたことは?

■大学生のころ、やっていたバイトは何?

自分の生まれたときから、現在まで、100の質問を通じて、自分の強みを探していくという、作業です。

名刺に必ず必要なのは、あなたの実績ではなく、いかに、初対面の人に、親近感を持ってもらえるか?です。

そのためには、共感ポイントというのを、名刺に書く必要があります。そして、その共感ポイントを見つけるためには、自分の棚卸が必要になります。

その棚卸の作業を、時間をかけて、行います。

また、ただ、自分の棚卸をするだけではなく、自分のお客さんには、どういうことを書けば、共感を覚えてもらいやすいのか?

そこまで、しっかりと、整理するために、時間をたっぷり取りたいと思っています。

こういう作業は、大事だとわかっていても、一人では、後回しにしてしまい、なかなか、できません。その面倒な作業を、この時間内に、終わらせてしまいましょう^^

もちろん今回のセミナーは、この「自分の棚卸」だけでは終わりません。

名刺に書く内容が決まっても、どこに何を書くのか?どんな写真を使えばいいのかがわからなければ、完成させられません。

そこで、中編では、実際に、手書きで、ご自身の名刺のデザインを考えていただきます。

たとえば、こんなことを、一緒に考えていきます。

  • 全体のイメージカラーをどうするか?
  • 自分の写真は、どんな写真をとればいいのか?
  • HPなど、他のツールとの連携
  • 名刺から、HPを見てもらいやすくするためにどうすればいいのか?

このようなことを、考えながら、実際にデザインしていただきます^^

2つ折り名刺の作り方講座中編

中編は、では、実際に、どのような名刺を作るのか?実際に、手書きで、紙に、書きながら、名刺のデザインを完成させてもらいます。

  • 自分の仕事の場合は、どのような色を使えばいいのか?
  • どのような写真を、使うべきなのか?
  • プロフィルや、商品紹介などは、どうすればいいのか?

など、前編で行った、棚卸をもとに、決めていき、実際に、デザインしていきます。

ここの部分で、私の名刺でしている、20の工夫について、お話します^^

細かいところの工夫ですが、じわじわ、結果を変えてくれる工夫です。

最終的には、次の後編を含めて、そのデザインをもとに、ご自身で、帰られてから、名刺を作れる状態にまで、完成できるように、していきます。

そして、最後の後編では、実際、ご自宅や職場に戻ってから、ご自身で名刺を作れるように、私お勧めの、無料ツールの使い方を、お話します。

名刺は、最終的には、印刷業者さんに、作っていただいたほうが、きれいにでき、そのほうがお勧めです。

ですが、印刷業者さんや、名刺屋さんは、印刷のプロですが、集客については、素人です。

ですので、実際、名刺屋さんに作ってもらっても、お客さんに反応してもらえない名刺になってしまうことも多いです。

さらに、名刺に自分の工夫を加えるようになると、ちょっとしたところを、変更したくなることや、イベントごとに、名刺を作り変えたくなることもあります。

そのたびに、名刺を、名刺屋さんに頼むのは、お金も、時間も、非効率です。

そんな時に、最低限でも、自分で作ることができれば、助かることもたくさんあります。

2つ折り名刺の作り方講座後編

前編と中編で、名刺の形が、ある程度出来上がりましたが、そのデザインを、実際に自分で名刺にするための、方法を、お話します。

帰宅後、用意いただくのは、パソコンと、無料のソフト、市販の名刺の専門用紙のみ。

これを使って、2つ折り名刺を作れるようになります。

名刺の完成度ということでは、自作は、プロが作るものよりは、劣りますが、自分の名刺のスタイルが、がっちり固まるまで、様子を見ながら、作るには、十分な内容のソフトです。

また、コスト的にも、非常に安いので、お勧めです^^

ちなみに、当日は、集団のテキストでの説明となりますので、実際「名刺」を作り始めると、わからないことが出てくるかもしれません。

そこで、このセミナーの翌日より、30日限定で、希望者様限定で、チャットワークにて、無料サポートをさせていただきます。

この期間であれば、名刺に関する質問なら、どんな些細なことでも、自由にしていただけます。

今回のセミナーは、ただ、名刺の利用法などを説明するのではなく、実際に皆さんにその名刺を作っていただき、活用していただくのが、私の一番の目標です。

聞いて満足ではなく、一緒に、30日間手を動かしながら、あなたの名刺を作り上げていきましょう^^

最後に、なりましたが、名刺は自分の顔です。

ですので、名刺がしっかりしていないと、自分のことを覚えてもらえる確率は減ります。

そして、自分のことを覚えてもらえないと、お仕事をもらえるチャンスも無くなってしまうんです。

せっかく時間をかけて営業しても、懇親会に参加しても、無意味になってしまうかもしれません。

実際、私も、以前お会いした方の職種で、お世話になりたいお仕事があったにもかかわらず、顔写真がついていなかったので、思い出すことができず、依頼もできず、他の方の友人にお仕事をお願いしたこともあります。

この時点で、その方は、数万円の損害を出しています。

そういう確率を、少しでも減らす。そのための名刺講座です。

このセミナーで、自分の名刺のスタイルの基礎を、一緒に作りましょう^^

<セミナー詳細>

以下、セミナーの詳細日時などです。

1日で完成!自分で作る2つ折り名刺作成講座

開催日時:9月28日

受付開始:10:20~

会を開始:10:30~16:30

会場:大田区産業プラザ

参加費用:9,800円

お支払い方法:銀行振り込みのみ(申し込みより1週間程度で、お願いします)

途中、ランチ会を挟みます。ランチ会は、産業プラザ内のレストランの予定です。

■ランチ会について

今回は、朝からのセミナーですので、懇親会ではなく、ランチ会を予定しております。

ランチ会や、懇親会は、セミナーでは一番大事なイベントです。その理由は、食事代だけで、セミナーでわからなかったことや、個別の相談を、講師や参加者さんと交換できる、唯一の場だからです。

t02200124_0800045011930632777

この懇親会だけが目当てで、わざわざセミナーに参加する人がいるくらい、大事なものですので、なるべく有効にご利用くださいね。

お申し込みはこちら

 

 

推薦文

実際に、このセミナーの前身の、名刺コンサルを受講してくださった、行政書士さんから、ご感想をいただいております。

匿名希望さん

名刺が大切な営業ツールだということは、わかっていましたが、自分ひとりで作っても、自信が持てませんでした。

そんなときに、阿部先生の名刺コンサルのことを知り、お願いいたしました。文字のレイアウトや文書内容など、ご指導いただきました。

自分ひとりで作ると、ひとりよがりになりがちだとわかり、やはり第三者に見ていただく「名刺コンサル」はよかったと感じています。

最初は、だれもが、わからないことだらけで、それを、手探りでやっていくのが、個人事業主です。

ですが、わからないからこそ、独りよがりになってしまいがちなのも事実です。

私は、名刺の重要性に気がつくまでに、1年を無駄にしました。

その1年の労力を、この1日で、解消させようというのが、今回のセミナーの一番の目的です。

  • 名刺を自分で作りたい方
  • 名刺を今までもったことのない業種から、独立した方
  • 名刺を作りたいんだけど、どういう風な内容にするか悩んでいる方

そんな方に、参加いただきたいセミナーです^^

お申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25.9.28 懇親会が苦手なあなたでも、会話が弾む! 2つ折り名刺の作り方講座を開催します。

※今回のイベント募集は、終了いたしました。

こんにちは。行政書士の阿部です。

あなたは、初対面の人との会話に自信がありますか?

私が、個人事業主として、最初に突き当たった壁は、個人のつながりを、自分で作っていかなければならないということでした。

個人のつながりを、作っていくとなると、どうしても一人でも多くの人と、会わなければならないということが、重要になってきます。

そこで問題になって来るのが、初対面の人に、しっかりと覚えてもらえるだけの会話ができるかどうかです。

私は、これが苦手でした。

懇親会に出て、名刺を渡すのも、ドキドキして、なかなか渡せないのに、名刺交換した後の、

「はじめまして。行政書士の阿部と申します」

「はじめまして。○○です」

「……」

「……」

「「よ、よろしくお願いします」」

という、何のみのりもない、会話しかできなかったんです。

どうにかして、会話ができるように頑張ろうと、いろんな会話に関係する本を読み漁りました。

が、1年間通じて、しっかりと会話できたのは、片手で数えられるかどうかという人数しかいませんでした。

最後のほうには、懇親会に申し込んでも、行きたくなくて、泣きそうな思いをしながら、懇親会に参加していたんですね。

そんな時、ある一人の方と、名刺の交換をしました。

不思議なことに、いままで、あんなに苦労していたのに、その方とは、すらすらと会話ができたんです。

何でだろうと思い、家に帰ってから、じっくり名刺を見直してみると、その方の名刺には、出身地や、卒業した学校など、たくさんの個人情報が書いてあったんです。

思い返してみれば、1年間の懇親会の中で、私がうまく話ができたのは、相手の方が、話が上手だった方か、出身地が同じなど、共通の話題があることが分かった方だけだったんです。

そうか、名刺に工夫をすれば、懇親会でも、初対面の人と話ができるんじゃないか?

この時初めて、名刺の重要性に気がついたんです。それから、3年間、私は、お客さんや、出会う方の反応を見ながら、いろいろと、名刺に工夫を加えてきました。

その結果、こんなことが起こるようになりました。

  • 名刺を見ながら、初対面の人から、話しかけてもらえるようになった
  • 名刺にしてある工夫から、売り込まなくても、自分のお仕事についても、質問してもらえるようになった
  • 2回目に会ったときに、「ああ、あの名刺の人ですよね」と、思い出してもらえるようになった。
  • 実際に名刺交換した人から、お仕事の依頼が来るようになった。
  • 名刺を作ってほしい、あるいは、名刺のアドバイスがほしいと、相談されるようになった。

今回のセミナーでは、こういう結果が残せる名刺の作り方を、一緒に学んでいきたいと思います^^

CIMG0453

今回のセミナーでは、大きく前編・中編・後編の3つに分かれています。

2つ折り名刺の作り方講座前編

前篇は、名刺を作るために必要な、自分自身の強みを見つけるワークを行います。

自分の生まれたときから、現在まで、100の質問を通じて、自分の強みを探していくという、作業です。

名刺に必ず必要なのは、あなたの実績ではなく、いかに、初対面の人に、親近感を持ってもらえるか?です。

そのためには、共感ポイントというのを、名刺に書く必要があります。そして、その共感ポイントを見つけるためには、自分の棚卸が必要になります。

その棚卸の作業を、時間をかけて、行います。

こういう作業は、大事だとわかっていても、一人では、後回しにしてしまい、なかなか、できません。その面倒な作業を、この時間内に、終わらせてしまいましょう^^

2つ折り名刺の作り方講座中編

中編は、では、実際に、どのような名刺を作るのか?実際に、手書きで、紙に、書きながら、名刺のデザインを完成させてもらいます。

  • 自分の仕事の場合は、どのような色を使えばいいのか?
  • どのような写真を、使うべきなのか?
  • プロフィルや、商品紹介などは、どうすればいいのか?

など、前編で行った、棚卸をもとに、決めていき、実際に、デザインしていきます。

2つ折り名刺の作り方講座後編

前編と中編で、名刺の形が、ある程度出来上がりましたが、そのデザインを、実際に自分で名刺にするための、方法を、お話します。

無料のソフトと、市販の名刺の専門用紙を使って、2つ折り名刺を作る手順を、お話しします。

名刺の完成度ということでは、プロが作るものよりは、劣りますが、自分の名刺のスタイルが、がっちり固まるまで、様子を見ながら、作るには、十分な内容のソフトです。

このソフトの基本的な使い方を、マスターして、実際に自分の名刺を、ご自身で作ってみたいただくための内容です。

※当日は、画像のテキストにて、使い方の説明をします。

名刺は自分の顔です。

ですので、名刺がしっかりしていないと、自分のことを覚えてもらえる確率は減ります。

そして、自分のことを覚えてもらえないと、お仕事をもらえるチャンスも無くなってしまうんです。

このセミナーで、自分の名刺のスタイルの基礎を、一緒に作りましょう^^

<セミナー詳細>

懇親会が苦手なあなたでも、会話が弾む! 2つ折り名刺の作り方講座

開催日時:9月28日

受付開始:10:20~

会を開始:10:30~16:30

会場:大田区産業プラザ

参加費用:9,800円

お支払い方法:銀行振り込みのみ(申し込みより1週間程度で、お願いします)

途中、ランチ会を挟みます。ランチ会は、産業プラザ内のレストランの予定です。

■ランチ会について

今回は、朝からのセミナーですので、懇親会ではなく、ランチ会を予定しております。

ランチ会や、懇親会は、セミナーでは一番大事なイベントです。その理由は、食事代だけで、セミナーでわからなかったことや、個別の相談を、講師や参加者さんと交換できる、唯一の場だからです。

t02200124_0800045011930632777

この懇親会だけが目当てで、わざわざセミナーに参加する人がいるくらい、大事なものですので、なるべく有効にご利用くださいね。

お申し込みはこちら

 

 

推薦文

実際に、このセミナーの前身の、名刺コンサルを受講してくださった、行政書士さんから、ご感想をいただいております。

匿名希望さん

名刺が大切な営業ツールだということは、わかっていましたが、自分ひとりで作っても、自信が持てませんでした。

そんなときに、阿部先生の名刺コンサルのことを知り、お願いいたしました。文字のレイアウトや文書内容など、ご指導いただきました。

自分ひとりで作ると、ひとりよがりになりがちだとわかり、やはり第三者に見ていただく「名刺コンサル」はよかったと感じています。

最初は、だれもが、わからないことだらけで、それを、手探りでやっていくのが、個人事業主です。

ですが、わからないからこそ、独りよがりになってしまいがちなのも事実です。

私は、名刺の重要性に気がつくまでに、1年を無駄にしました。

その1年の労力を、この1日で、解消させようというのが、今回のセミナーの一番の目的です。

  • 名刺を自分で作りたい方
  • 名刺を今までもったことのない業種から、独立した方
  • 名刺を作りたいんだけど、どういう風な内容にするか悩んでいる方

そんな方に、参加いただきたいセミナーです^^

お申し込みはこちら