個人事業主で忙しいのにうまく儲けられないという恐怖を味会わないための収入の4パターン

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

個人事業主にとって、命綱とも言える収入。

その収入には全部で、4種類のものがあります。ですが、どのお仕事でもとってくれさえすればいいというスタイルだと、個人事業としては、いずれ限界が来るんです。

では、4種類の収入のうち、どの収入パターンを狙うべきなのか?

動画セミナー第1弾公開です^^

お疲れ様でした。

収入のパターンを考えずに、営業をかけると、何年やっても、お店が安定しません。

毎月仕事の『ある!なし!』におびえる生活はもうやめましょう。

動画にして欲しい内容などございましたら、こちらからメールをお願いします。

また、もっと詳しい情報は、会員制のWEB講座限定になりますので、よろしければご検討ください。

【会員制】無理せず開業講座WEB講座個別コンサル付 

 

それでは、また、来週お会いしましょう

  

 

 

 

24.4.21 「メモをもってくればよかった~」と参加者の方が、嘆かれた。異業種懇親会のご報告

こんにちわ。行政書士の阿部です。

遅くなりましたが、先月、4月21日は、『行政書士好きな人集まれ~』という名で、上野駅近くにて、懇親会を行いました。

参加者の方は、7名。

うち、行政書士有資格者が6名。一般の方が1名、参加してくださいました。

はじめは、自己紹介から…

それぞれ、境遇は違えど、自分たちの人生を一生懸命に、送ろうとされている方ばかりで、とても刺激的な、会になりました。

一番左の、私が、大きいのは、遠近法のせいで、決して、太いわけでは…

太いわけでは…

この中の一人でも多くの人が、行政書士として、助け合える仲間になっていただけると、うれしいです。

もちろん。私のことも、助けてくださいね~(笑)

行政書士で一番儲かるのは何?

行政書士で怖い目にあったことはない?

行政書士の各都県の違い

開業セミナーなんてやってて、ライバルが増えるのは、怖くないのか?

などなど

ブログではかけないようなことも、たくさん話題に出ました(笑)

そのためか、「あ~。メモ帳を、もってくればよかった」とおっしゃってくださる参加者の方も^^

次回からは、メモ帳を、持ち物に書きますね(笑)

これは、実際にお会いするからこそ、できるお話です。

最後には、写真OK!な、参加者さん同士で、写真をパチリ!

 

 

23.12.10 不動産投資教育有限責任事業組合様主催の相続セミナーの様子(過去のセミナー実績)

こんにちわ。家族の絆を守る行政書士の阿部浩明です。

東京銀座のCASPA銀座にて、不動産投資教育有限責任事業組合様主催の相続セミナーに講師として参加してきました。

12月の忙しい中、加えて、1万円というちょっと高めの価格設定にもかかわらず、たくさんの方に参加していただき感謝しております。

今回のセミナーは、不動産法務コンサルで、行政書士の中沢誠先生 と私の2部構成でお話を進めました。

まずは、中沢先生の不動産オーナーさんの事業承継の方法についてのお話。

中沢先生 は、もともと、外資系投資ファンドで不動産に関するお仕事をしていたプロ中のプロです。

顔は怖いですが(笑)とてもいい人で、面白い方です。

ぜひ、皆さんもお友達になってください^^

中沢先生に続いて、私の相続のお話を2時間ほどさせていただきました。

緊張のあまり、上着を脱いでお話をさせていただきました。

何回やっても、セミナーは緊張します。

さて、テーマは「相続対策=相続税対策」ではなく、「相続対策=家族の絆を守る対策」

ホワイトボードを使わせていただいて、説明をさせていただきました。

このセミナーでは、私は、簡単にこんな話しをしました

○相続税はほとんどの人が払わなくていい理由
○賃貸アパートを安易に相続対策で建てると、損をしてしまう理由
○実際どのような人たちが相続でもめているのかの事例

2時間の長い話にもかかわらず、最後まで、聞いてくださった皆さん。本当にありがとうございました。

お客様の声

 

 

 

 

 

行政書士って、二つのスタイルの行政書士がいるんですよ。

こんにちは。行政書士の阿部です。

行政書士って食べていけない資格ですよね?私の開業当初はこの噂の全盛期でした。

そうですね~。確かに食べていくのは大変です。

なんでか?それは理由がちゃんとあります^^

そして、最近このいわれ方がされなくなってきたのにもちゃんと理由があるんですね。

その理由というのは、単純です^^

『継続業務』が少ないから。

普通のお店は、一度お客さんが着てくれると、リピーターが、継続的に通ってくれるので、長くやればやるほど、お客さんが増えてくるんですね。

一方、行政書士にそんなにしょっちゅう相談する人って・・・

そうですよね。そんなに考えられないんです。

まぁ、実際は、業務をやっているとそういうお客さんはいます。

ですが、そういう人は、たくさんいるわけではないんです。

じゃあ、どうするのか?

答えは二つです^^ものすごく働いて、常々お客さんを狩り続ける狩猟型の行政書士になるのか?

もうひとつは、少ないお客さんを大事に育てて、お仕事を増やす、農耕型の行政書士になるのか?

この2つの選択肢になるんですね。

私は、どうも狩猟型が苦手・・・。だから必死にメルマガや、セミナーを開催して、お客さんを育てるということをやります。

一方、営業が得意な人は、そんなことをしなくっても、ぽんぽん、お客さんを捕まえてくる。そんな人もいます。

どちらが正解ではないんですね。

自分にどちらがあっているのか?これがすごく大事なんです^^

あなたはどちらのタイプですか?

 

 

 

 

 

県をまたいで、会社設立をやる場合に気をつくないといけない小さなローカルルール

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

士業講座!メルマガ更新しました。

今日は会社設立の、ちょっと気をつけたいローカルルールについてお話しました^^

行政書士は、ローカルルールに、毎日向き合わないといけないというくらい、色んなルールが、役所ごとにあります。

それは、県を越えるとなおさら・・・

実際どんなことがあったか、今日は、メルマガでお話しました。

メルマガでは、ブログでは話せない、リアルすぎるお話を、させていただいています^^ブログでは物足りない方は、メルマガのほうもご覧くださいね。

読者350名突破!メルマガの詳細と、お申し込みは、HPよりお願いします

無理せず開業講座の主催セミナーに参加された、お客様からの声です。

こんにちは。無理せず開業講座の行政書士の阿部です。

何かを選ぶときは、実際、参加者さん達の、声で選ぶのが安心だったりしますよね。

私たち無理せず開業講座では、セミナー後に、参加してくださった皆さんから、セミナーのご感想をいただいております。

すべてご紹介したいところですが、スペースにも限りがありますので、1部ご紹介させていただければと思います。

■大阪府:男性

 

お礼状

<ご感想>

お疲れ様でした。先生のネット営業に関するお話、とても学ばされました。

実は、このお手紙、1日7時間のセミナーのあとに送ってきてくださったものです。

7時間のセミナーを受講したあと、ご丁寧に、お手紙を贈ってくださる心意気、とても感動しました。

一生懸命セミナーをやると、こういううれしいおまけが、もらえることがあるので、私は大好きです^^

ちなみに、ネットは、私の事務所経営とは、切っても切り離せません。

そういうお話って、多くの方って、セミナーでオブラートに包むことが多いのですが、私は、そういうことをしないで、全部話してしまいます(笑)

だからこそ、いただけた、ご感想じゃないかなと思っています^^

■神奈川県:女性

(現在準備中)

■大阪府:澤田様

 

お礼状3

<ご感想>

先日は、遠いところを大阪まで来てくださりありがとうございました。とても楽しい、興味深いセミナーでした。(中略)

ブログ、HP、メルマガ、自分でやるのは、無理かなーと思っていましたが、今は、「できる」という気持ちになりました。

 

■開業・企業前の女性

<ご感想>

登録・開業してやっていけるのか不安が、大きかったので、話を聞きたいと、セミナーに参加しました。セミナーに参加して、ブログや専門分野についてのお話を聞け、不安が少し小さくなっりました。

 

■ニック ネーム「行書見習い」さん

<ご感想>

専門を決める方法・集客をどのようにすべきか、さらには、行政書士の横のつながりをどのように作るか?悩んでいたときに、検索で発見しました。自分 の強みを上手に利用することによって、それだけでも仕事になるかもしれないということがわかりました。失敗談は、大変勉強になりました。

 

■行政書士佐藤さん

<ご感想>

開業からの軌道の乗せ方が、よくわからずに、セミナーに参加しました。菅原先生と阿部先生のされてきたことが、具体的にしることが出来てよかったです。

 

 

 

 

 

 

名刺が大切な営業ツールだということは、わかっていましたが、自分ひとりで作っても、自信が持てませんでした。

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

個人事業主にとって、自分を覚えてもらえることというのは、とても大事です。

そして、覚えてもらうためには、初対面の人と、うまく話せることって、結構大事だと思うんですよね。

でも、私はそれが、驚くほど苦手。

ですので、会話のきっかけを作るために、名刺に変わりに、営業をしてもらおうと、工夫をしてきました。

CIMG0453

そして、その名刺を受け取った方から、名刺のアドバイスが欲しいといわれるようになり、はじめたのが、この名刺のコンサルです。

ーーー

名刺が大切な営業ツールだということは、わかっていましたが、自分ひとりで作っても、自信が持てませんでした。

そんなときに、阿部先生の名刺コンサルのことを知り、お願いいたしました。

文字のレイアウトや文書内容など、ご指導いただきました。

自分ひとりで作ると、ひとりよがりになりがちだとわかり、やはり第三者に見ていただく「名刺コンサル」はよかったと感じています。

(匿名希望さん)

ーーー

名刺は、最終的には、業者さんに、きれいに作ってもらうのが一番です。

ですが、最初から、業者さんにまる投げすると、自分を覚えてもらえない、「捨てられる名刺」を作ってしまうことになります。

例えば、単純なところですが、顔写真は入っているのか?

顔写真は、どんなイメージを、もらった人に持ってもらいたくて、その写真を使っているのか?

そんなことを、考えて、本当は作っていかなければいけません。

あなたのいまの名刺の、そういう点について、私は、最初に、報告書をお渡しし、してきするだけでなく、こういう風にしたらどうですか?と、スカイプで、一緒に考えて作っていくスタイルをとっています。

特に、最初の頃は、独りよがりの名刺を、作ってしまいがちです。

そこに気がつき改善していくだけでも、反応は変るんですね^^

実際、この方と、名刺コンサル後の、名刺交換を、ご一緒したことがあるのですが、名刺誉められていましたよ。

 

誉められて、覚えてもらえる名刺を、自分で作りたい方は、こちらをご覧ください。

お問い合わせは、こちらからお願いいたします

お問い合わせ内容 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

紹介の方法(ブログ、メルマガで取り上げて欲しい質問の方限定)
 匿名 ペンネーム(お問い合わせ内容に記載) 本名可

メッセージ本文

会社関連のお手伝いをさせていただいた、お客様から「迅速な対応、ありがとうございました」と、お客様の声をいただきました。

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

私の事務所の方針は、出来るだけ、時間をかけても、ゆっくりと、依頼者の話を聞くスタイルです。

ですが、それは、業務を、ダラダラやるということでは、もちろんありません。

お客さんのご都合に合わせて、きちんと目標日を設定し、そこに間に合うように、「お客さんのからの聞き取りは、じっくり」でも、「書類作りは、迅速に」を、心がけています^^

迅速な対応ありがとうございます。また、こまめな心遣い、感謝しております。

また、何かありましたら、お願いします^^

「あなたが、じっくり考える時間」と、「適度な時間」を、しっかり考えて、サポートさせていただいております。

 

会社関連の相談は、こちらをご覧ください。

お問い合わせは、こちらからお願いいたします

お問い合わせ内容 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

紹介の方法(ブログ、メルマガで取り上げて欲しい質問の方限定)
 匿名 ペンネーム(お問い合わせ内容に記載) 本名可

メッセージ本文

 

 

会社関連のお仕事でお世話になった、お客様から「いろいろ調べて頂きありがとうございます」と、ご感想をいただきました。

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

法律関連のお仕事をしていると、お客さんから、「法律以外のことも、きいていいんですか?」と、ご質問を受けることがあります。

確かに、法律のこと意外は答えないというスタイルの、法律関連のお仕事もあるかと思います。

ですが、私は、行政書士のお仕事は、お客さんの「心配事や、不安を少しでも和らげること」が、一番のお仕事だと思っています。

ですので、法律で問題にならない情報に関しては、私も、出来る限り調べて、お答えするようにしたり、その分野の専門家を紹介したりさせていただいてます。

例えば、

  • 保険について知りたい→保険屋さんを紹介
  • 名刺を作りたい→名刺のデザインのアドバイスや、名刺やさんを紹介
  • ハンコを作りたい→ハンコやさんを紹介
  • 弁護士さんを紹介して欲しい→お客さんと一緒に弁護士事務所へ同行
  • 葬儀、戒名の相談→調べて、連絡
  • お勧めのテレビについて知りたい→一応調査(笑)

まぁ、テレビは、茶飲み話で、出てきただけですが、それでも、私が出来る限りのことは、させていただくのが、ポリシーです。

ですので、こういうお客様の声をいただきます。

いろいろ調べて頂き、ありがとうございます。

私たちは、法律専門家ですが、法律のことだけをやっていればいいなんて、考えておりません。

不安があるからこそ、私たちを頼ってきてくださったのですから、それに全力で取り組むのは、当然だと考えています。

ですので、こんなこと相談してもいいのかな?

と悩まれる必要はありません。遠慮なく、ご相談くださいね。

 

お問い合わせは、こちらからお願いいたします

お問い合わせ内容 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

紹介の方法(ブログ、メルマガで取り上げて欲しい質問の方限定)
 匿名 ペンネーム(お問い合わせ内容に記載) 本名可

メッセージ本文

 

 

第2話 遺書と、遺言って、似てない?お友達??

※この記事は、2012年11月23日に、私が、アメブロで開催した1日100記事祭りの記事を転載したものになります。

ーーー

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

それでは、本日開催の、遺言記事、「1日で100記事更新!祭り」、第2記事目です。

では、今日お付き合いいただく、お二人を紹介いたします。

阿部氏「行政書士の阿部氏です」

相棒「弟の相棒です」

阿部氏「さて、次の質問は、なんですか?」

相棒「次の質問です」

Q、遺書と、遺言って、似てない?お友達??

相棒「もちろん。お友達に決まってるじゃないですか(笑)」

阿部氏「朝から、暴走してますが、ぜんぜん違いますよ!」

相棒「え?」

阿部氏「遺言と、遺書は、まったく別のものですよ」

相棒「そ、そんなこと、わかってますよ~」

阿部氏「・・・。遺書というのは、あなたから、家族やお友達への、最後のお手紙です」

相棒「・・・そうですね。」

阿部氏「遺言は、財産の処分の仕方や、お墓を誰が守るか?お店は誰が継ぐか?などの法律上有効な正式書類です」

相棒「ん?」

阿部氏「遺書は、書いてあることで、誰かが、法律で縛られることはありません」

相棒「お手紙ですもんね」

阿部氏「一方、遺言は、残された人に、一定の強制力、つまり、一部の内容は、無理やり、希望を実現する力がある書類です」

相棒「お手紙と、法律書類…なんか、響きがぜんぜん違いますね」

阿部氏「まぁ、遺言には、お手紙の要素も、あるんですが、それは、あとで話しますね」

相棒「さきは、長いですからね(笑)」

相棒・阿部氏「それでは、つぎは、もう一歩踏み込んだお話をしますね^^」

 

遺言でお悩みの方は、ご相談ください^^

お問い合わせは、こちらからお願いいたします

お問い合わせ内容 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

紹介の方法(ブログ、メルマガで取り上げて欲しい質問の方限定)
 匿名 ペンネーム(お問い合わせ内容に記載) 本名可

メッセージ本文