人生上手に生きる必要なんてないと思うんですわ

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

普段お仕事で、ブログをたくさん運営してますが、このブログは、お仕事関係なく、私が日々生きていて感じたこと、気が付いたことを、つれづれで書いていこうと思うんです。

相変わらず、独断と偏見なのは変わりませんが、私のメッセージが誰かを幸せにすることもあるかもしれませんので、とんとんと、つぶやいていきますわ。

さて、私の経歴などは、他のブログなどを見ていただければ、すぐわかるんですが、新潟の小さなお寺に生まれ、幼少期を過ごし、その後、26歳で行政書士として開業。

その後、コンサルタントを経て、教育機関である『学習塾 無理せず』を創設して、いま、いろんな方にお話をさせていただいています。

経歴だけを語ると、すごくいい人生を歩んでいるような感じなんですが、とんと、不器用な生き方をしてきました。

失敗はたくさん、傷つくこともたくさん、普通の人なら気にしないようなことでも必要以上に傷つき、そして、それを誰にも打ち明けられない。

そんな性格だったので、うちにうちに、感情がこもり、自分を守るために、肩書や知識を手に入れ、必死だったような感じでした。

まさに、山月記の李徴のような性格。

とんと、上手くいかないことばかりで、毎日が悩んで悩んで、苦しんで苦しんでの人生だった気がします。

と言いつつ、まだ、33歳ですから、これからどうなるかは、さっぱりわかりませんが、今の段階でも、十分な経験をしているそうです(笑)

ところで、そんな不器用な人生を歩みながら、コツコツやってきた私だから思うことがあるんです。

いい人生って何だろう?って。

そして、最近思うんですわ。

他の人から、うらやましがられるような人生を送っていても、人生器用に順調に生きていても、それがいい人生とは限らないって。

たとえば、私は、失敗ばっかりしています。

起業して、一番最初は、赤字ばっかりでしたし、食べれなくなったこともあります。

会社員時代も、結果を出して、評価を上げ、絶好調のタイミングで、トラブルに巻き込まれやめさせられました。

そんなことの繰り返しです。

そうやって傷つくたびに、しょげてへこみます。

最近巻き込まれたトラブルは、あまりのショックに、復活までに3年かかりました。

今回ばかりは這いあがれないんじゃないかというくらい、傷ついた事件でしたが、まぁ、立ち上がれるもんですね~。

そして、立ち上がるたびに思うんですが、なんか、失敗して傷つくごとに、人や自分を受け入れられるようになっているなと。

そして、それが伝わるのか、立ち上がった時には、自分は、また新しいことをスタートできるような環境が与えられたりするものなんだなと。

落ち込んでるときは、何を言われたって、立ち直れませんし、心も清らかになりません。

だから、それを恐れて、みんな逃げだしちゃうんですが、失敗してもやっぱり前に進んでいくのも大事なんだなと思います。

その先に必ず何かが見えますし、そして、失敗しただけ、いろんなことに気が付けます。

きれいごとではなくね。

とりとめもない話でしたが、こっちのブログはこんな風にたまに更新していこうと思ってますわ。

人生辛いことがたくさん。楽しいことなんてちょっとだけかもしれません。

でも、そこをコツコツ生きていく。器用じゃなくってもいいので、コツコツと。

これが一番大事なんだろうなと思うんです。

 

■普段はこんなお仕事してます!

学習塾無理せずのHP

無理せず起業塾のブログ