『あなたは今の人生楽しいですか?』無理せず起業塾が、目指しているものって何だろう?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

最初にあなたに一言教えてほしい質問があります。

『あなたは仕事が楽しいですか?なんのために働いているのですか?』

私は単純に、会社員をやっていて、仕事を楽しいと感じたことがありませんでした。

■挫折した会社員時代。がんばっても頑張っても報われない日々……

というのも、私が社会人1年目を迎えたころ、私は、『自分が生き行くためだけ』に働いていました。そのころは、行政書士浪人生だったので、生きてさえいければ十分だったわけですね。

そんな気持ちでのお仕事でしたので、当然仕事は、楽しいことではなく、人間関係もうまくいかず、私にとっては、ただただつらいことを我慢する日々でした。

今考えると、相当理不尽な会社で、労働時間もいわゆるブラック企業。上司の理不尽なパワハラもあり、精神的には、相当ぼろぼろの状態で働いていました。

特に私に耐えがたかったのが、意味のない会議。威圧だけしてくる上司。根性論だけで解決策を見いだせない経営方針。

こういうような状態の会社で働くうちに、「仕事ってつまらないものなんだな~」と思ってしまいそうになりました。

そんな中、私を支えてくれたのは、私のお客さんたち。そのお客さんたちが喜んでくれることだけが、楽しみで、仕事をしていたわけです。

■会社を追い出されたからこそ、『会社にいることが幸せなのか?』真剣に考えたんです。

ところが、それも長くは続かず、結局は私はその会社を追い出される形で、退社させられる形になってしまいます。

そんな時に、ふと考えたのが、『こんな理不尽な会社で働いて、不幸になっている人がどれくらいいるのだろうか?』という疑問でした。

そして、私はそういう不幸な思いをしている人たちに何かできないのだろうか?

そういう風に考えたんですね。

そして、再度思いを新たに『行政書士』として、そういう人を救えるのではないかとがむしゃらに試験に臨み、翌年には無事合格。阿部行政書士事務所を開業することになります。

■志があっても現実は甘くない。素人起業家に世間は甘くない

そういうと、かっこよく聞こえるんですが、これまた、波乱万丈な起業で、『貯金なし、経験なし、人脈なし、地縁なし』の完全なダメ起業家状態での起業。

しかも、最初の事務所は6畳のアパートを借りて、細々とそこに住み込みながら事務所を経営していくといった情けない状態。

しかも、当時26歳。結婚を考えている相手もいたので、結構なチャレンジ起業でした(笑)

そこから這い上がっていくのは、並大抵の苦労ではなく、たくさんの失敗や嫌な思いをしてきました。生活もできず、食事もとりあえず『もやし』。といった貧乏生活でした。何故か太ったけど(笑)

そんな思いをしつつも、アメブロとメルマガを中心に、地道な努力が実を結び本で紹介されたり、お客さんが来てくれるようになったのが起業2年目。

そして3年目になると、ビジネスパートナーやファンの人が付いてくれるようになり、『起業のことについていろいろ教えてほしい』といわれるようになってきました。

■すべてに苦労はどこかで報われる。だから今の苦労を嘆く必要はない。

先ほどは言いませんでしたが、私の前職は教育業界で、講師をしていました。

だから、行政書士の中でもトップレベルに、人に教えるという場数を踏んでいたのが、ここで初めて役に立つことになったんですね。

そして、それと同時に、私は教育業界にいたからこそ知っていたことがありました。

それは、人は、『すごい人にあこがれるけど、すごい人のマネはできない』ということ。そして、逆に、『ちょっとだけ苦労して先を進んでいる人のマネならできる』ということを。

だから、私は、他の起業塾のように、無理せずをカリスマ講師陣で固めるようなことはしないで来ています。

カリスマは、集客力はありますが、それを実践できる生徒さんはほとんどいないんです。

これは、私が、教育業界で苦労をしたからこそ、身につけた知識でした。

そして、それと同時に、さんざんな状態で起業して、起業してしばらくは鳴かず飛ばずで苦労し、コツコツ這い上がってきた私だからこそ、誰にでもまねができる情報が出せるということにも気が付いたわけですね。

『成功は誰にでもまねはできないが失敗はだれでも防ぐことができる』

学ぶべきは、かっこのいい情報ではなく、失敗を防いでどうやって乗り越えてきたのかという生の声なんです。

今考えてみると、苦労はたくさんしましたが、そのおかげでこうやって、皆さんと出会え、そしていろいろな情報を提供できていることを思うと、人生無駄なことなんてないんだなと思うわけです。

■仕事は順調に流れ始めたのに……私が、起業しても仕事人間になるなというわけ

ただ、このまま順調に進まないのが、私の人生なのか(笑)なぜ、そんな珍事がたくさん起こるんだい?と、講師陣からツッコミが入れられる私の人生。

このままスムーズに流れるはずがなかったんです(笑)

仕事が順調に進み、さて、では次のステップ!本当の意味で、起業家さんの心を救えるようにと、仕事を休業して、お坊さんの修行に向かいます。

そして、いろいろなトラブルを乗り越えて帰ってきた私を待っていたのは、びっくりな不幸の連続。

私生活では、起業前からずーと支えてくれた人との結婚の予定が突然破談になり、仕事では、信頼していた人が突然いなくなっていたり、よくわからないトラブルに巻き込まれたりと、必死に頑張ってきた私に、世間は冷たかったわけです(笑)

一生懸命な努力が、報われるとは限らない……。努力したがゆえに失うものもある。

この時はさすがに、事業をやめて、引きこもってしまいたくなりました。

そこから這い上がるのに、実は数年。暗闇の中を手探りで、必死にもがくような時代を迎えることになります。

起業家はメンタルが大事。起業家は私生活が大事。起業家は家族が大事。

これを言い始めたのはこのころの苦しみの経験があるからなんですね。

ただ、今考えると、この経験はすごくよかったなと思います。これがなければ、私は今、まだ一歩先に進むことができてなかったでしょうから。

そして、自分がそういう苦しみを経験したことがあるからこそ、私は自分の周りの人の、そういう気持ちに敏感になれたんだと思います。

やっぱり、苦労はどこかで報われるものです(笑)

■こんな経験をしながら出した私の結論は、『私のすべてを出すことによって、同じ苦しみを味わう人を減らしたい』

こんなエピソードを通して、私が最終的にたどり着いたのが、『私と同じ苦労をするのは、私だけでいいかな~』という結論。

会社員としてひどい目に会い。

起業してひどい目に会い。

結果を出してからもひどい目に会い。

でも、その中で、ひとつづつコツコツ這い上がって、問題解決してきた。そんな私だから、話せることや、見えているものというのがたくさんあるわけです。

もし今あなたが、起業で悩んでいたり、一人で苦しんでいるのであれば、私に声をかけてください。

暗闇の中で、一人でもがき苦しんでいる辛さは、誰よりも私が一番知っています。

そして、私がその悩みを和らげる方法を知っているかもしれません。

私が、行政書士で、お坊さんでありながら、その肩書ではなく『教育者』と名乗るのは、一人一人に寄り添って、その悩みの解決を一緒に考えていきたいから。

あなたの人生を支える。それが教育者である私の役割だと私は考えています。

そんな方針でお仕事をさせていただいているのが、無理せず起業塾なんですね。

無理せず起業塾、お坊さん行政書士とじっくり話をしてみたいという方は、こちらからお問い合わせください。

また、お坊さん行政書士のメルマガを読んでみたい方は、下のリンクから、メルマガにご登録くださいね。無料です。

 

無理せずのサービス紹介!
無理せずの士業講座完全版!『無理せず開業士業講座』2年ぶりのリニューアル復活セミナー開催です!6月3日4日開催です。
お客さんに喜んでもらい、長年続けることのできるようになる行政書士を目指すための『無理せず開業行政書士講座』無料メルマガはこちらから
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!