何でこんなに話が通じないんだろう?正しいしかり方って、きっと、こうなんですよ^^

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

さてさて、今日は、起業塾としてのお話ではなく、人生相談室として、ちょっとお話ししますね^^

叱るという行為。これはものすごく難しい行為です。

というのも、叱る本人は、感情的になってしまっていますし、聞く方は、自己防衛の姿勢に入っています。

ですので、どんなに叱っても、話がこじれるだけになりやすい。

とはいえ、今の世の中のように、では叱らなくっていいかというとそうではない。

そこが難しいところですよね。

ところで、私が、いろんな人と接してきた感じたのは、叱るという行為が、やり方を間違えている人が多いなと感じるんです。

たとえば、子供や、後輩を叱るときに、

「お前は、何で頑張れないんだ!」

「お前は何でダメなんだ!」

と叱ってませんか?

これはですね~。ダメなんですね^^

というのも、具体的に、何をすればいいかわからないからなんです。だから、下手すると、人格否定と、とらえられてしまいます。

たとえば、私だったら、

「どうして、約束守れないの?守らなくっていいと思ってる?」

と、聞くところからスタートします。

「守らなくっていい」と答える人は少ないと思いますが、たまにいるかもしれませんので、どちらの場合も、答えを用意しておきます。

「守らなくっていいと思ってる。意味ないじゃん!!」というようなことを答えられたら、

「そうか、私は、約束を破られて悲しいよ。だって、頑張ってくれると思って信じてたからね」

と、自分の本音を言います。これ大事なのは、建前でなく、本音をしっかり語ること。きれいごとは、相手に伝わりません。

「約束を、守るのは大事なんですが……」

「ん?どうした?何かあったの?」

「実は……」

こういう会話になるかもしれません。

ここで、その悩みや理由が、解決できそうなことなら、アドバイスをしてあげればいいわけです。

で、そのうえで、アドバイスを守らなかった場合は、これは、叱っていいところ。

でもしかり方は、

「私は、約束を守ってもらえず、アドバイスも無視されて、悲しい」

と叱る感じですね。

叱るときは、具体的に、これがこう感じたから、こうだったよ。と、自分が感じたことを、ちゃんと伝える。もちろん、毅然としてですね。

これでだいぶ、人間関係が、改善されると私は思っていますよ。

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾無料メルマガ!人には聞けないけど知りたい起業で後悔しないための10日講座配信中です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

【第1号 特別コラム】起業を目指しているんだけど、両親に反対されている人はどうすればいい?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

今日は、無理せずの特別コラム!私以外の専門家たちが、無理せずにはたくさんいらっしゃいます。そういう方たちに、皆さんへのメッセージを書いてもらう。

そんなコーナーになります^^

今回は、女性のための後悔しない親孝行の仕方を、アドバイスされている札幌市の行政書士岡田さんから、原稿を頂いてきましたよ^^

こんにちは。後悔しない親孝行アドバイザー 札幌の行政書士 岡田七枝です。

あなたは子供の頃、こんな経験をしてきませんでしたか?

「何をするにも、親に反対された」「進む道が、あらかじめ用意されていた」「ずっと否定されて生きてきた」 このような経験のある方なら、おそらく大人になっても自分で考えたり、決定したりすることを、しなくなりますよね?

私がそうでした。

私は現在、行政書士事務所を開業しておりますが、以前は組織で働いていました。

しかし、子供の頃から、家でも親の機嫌を常に意識して生活してきた私は、職場でも人に気を使いすぎて、仕事どころではありませんでした。

必要以上に、場の雰囲気に敏感で、組織という集団のプライドや計算に振り回されて、疲れてしまうんです。

ですから一歩、外に出る勇気を出してみることにしました。ずっと母親の言いなりで育ち、本来絶対に冒険しない私が、たった一人で事務所を経営するなんて、それはそれは恐ろしすぎました。

しかし、この世界に飛び込んで、本当に良かったと今では思っています。

組織に居た頃には、けして経験できないこと、そして出会うことのない人、それらすべてのお陰で、今では毎日が楽しいと感じています。

組織に居たときのような、安定した収入もありません。もちろん起こったことすべてが自己責任。当然、不安や恐怖もついて回ります。

それでも、起業しなければよかったと思った日は、一日もありません。失うものより、得るものの方が、圧倒的に大きかったからです。

もしもあなたが、「起業したい」「人様のお役に立ちたい」「自立したい」こう思っているのに、やっぱり親の反対にあっている。

そんな状態にあるのであれば、考えてみてください。

あなたが起業したいのは、誰の為ですか?

「親の見栄の為?」「まだ会ったことのない人の幸せの為?」「あなた自身の生活の為?」 誰の為でも、何のためでもかまいません。

あなたが幸せになるためには、まず何をしますか?

「どうしても二の足を踏んでしまう」「親にガミガミ言われてくじけそう」 そんなあなたが、リアクションしてくださって、私たちにあなたの存在を教えて下さったら、なにかお手伝いできるかもしれません。

「変わりたい!」この気持ちさえあれば、人はいつだって変われます。

あなたが今、幸せならもちろん今のままで正解。

でもあなたが今、幸せを感じることができない状況なら、私たちにお手伝いできることはありませんか?

一人で悩んでいても、解決しづらいと思いますし、時間もかかります。せっかくあなたを応援できる場があるんですから、一度勇気を出してみませんか?

そもそもあなたが、ここにたどり着いてくださったことが、ご縁に感じます。

私も勇気を出すのに、ものすごーく時間がかかりました。ですからあなたが、一歩踏み出してくださるのを、ゆったりのんびりお待ちしていますね。

岡田さんのブログはこちらから

さて、意外かもしれませんが、家族というのは、すごく起業にとっては、大事なキーになります。

私も、家族と思ってた人が、起業して去ってしまったときに、事業をたたんでしまおうと思ったことがありました。

理解してもらっている!応援してもらっていると思っていただけに、それはつらいもので、今までの10年すべてを否定された気分でした。

でも、そういうことが、起こりうるのが起業です。

だから、まずは、家族を味方につけるのが大事。でも、それでも味方に付いてくれないときは、今度は逆に、距離をとることによって、お互いを守る決断も大事なんですね。

距離が近いから、上手くいかないこともあります。

だったら、距離をとる。これも大事なんですね。

起業は人生全部に影響を与える一大イベントです。あなたは何が一番大切か?考えて、一緒に、頑張っていきましょうね^^

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾無料メルマガ!人には聞けないけど知りたい起業で後悔しないための10日講座配信中です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!