起業して、会社を作りたいあなたの、資本金って何?一体いくら用意すればいいの?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

阿部「私が、無理せず起業塾の代表『塾長』の阿部浩明(アベコウメイ)です。」

相棒「ふふふ。こんにちは、相棒です。今日もよろしくお願いします」

阿部「さて、今回は、過去に発行した無理せずの初めての起業家さんの向けのメルマガを、ブログで公開します」

こんにちは。お坊さん行政書士の阿部です。

会社を作るときには、必ず、資本金が必要です。

昔は、株式会社は、いくらとか、有限会社は、いくらとか、全部決まっていましたが、今は、極論、資本金「1円」でも、会社を作れます。

ということで、ネット上には、「1円で、会社を作ろう!」なんて、情報があふれていますが、そもそも、会社を作るのに、30万円はかかるので、1円では作れないので、勘違いしないで下さいね。

ただ、資本金という、会社のお金に関しては、「1円」でも、会社を作ることは出来ます。

ですが、出来ることと、実際作ることでは、話がまったく違いますので、注意が必要です。

例えば、いま、資本金が自由になったことにより、資本金額の小さな、会社が増えてきました。

するとどうなるか?

取引先や、銀行などは、あなたの会社の資本金を、「本気度」の目安としてみるようになります。

つまり、ある程度資本金があるか会社は、「本気」の会社だから、取引しよう。となりますが、逆は、はねられてしまう可能性があるんですね。

例えば、FXなどを目的にした会社は、それようの口座を、開くことになりますが、そもそも、その口座を、開くには、それぞれの企業の、ルールがあり、発表している企業によると、資本金「100万円」がないと、口座開設の取引しないそうです。

つまり、会社を作ったは、いいけど、何の意味もない会社になって、もう一度手続きをやり直すことになった……。

なんてことも、ありえるわけです。

さらに、人を雇うなんてときにも、資本金は、参考にされますので、要注意です。

資本金は、「1円」でも会社は作れます。でも、「1円」では、業種によっては、取引先が相手にしてくれないこともあります。

自分の会社の目的と、自分の資産状況。

色々考えたうえで、適切な資本金の額を、決めてくださいね^^

阿部「ということで、お疲れ様でした。この、メルマガはこれで終わりになります」

相棒「そのまま公開するには、やや、過激かなと思った部分は、訂正して載せさせてもらってます」

阿部「そうなんです。やっぱり本当に大事な情報は、一般公開できないことも多いので。そういう情報がほしい方は、メルマガに登録していただければと思います。」

相棒「今公開中のメルマガは、こちらですね」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

行政書士で、お客様から「先生に遺言書作成や相続サポートを依頼したら、何をしてくれるんですか?」と尋ねられたら、どうお答えしますか?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

行政書士の仕事は必要なく、そのうちなくなるなんて言ううわさが、10年以上前過多流れています。

たしかに、市販の本があるんだから、ネットで調べればできるんだから、役所で聞けば答えてくれるから。昔に比べて、自分でできる人が増え始めましたよね。

そこだけを見れば、まさにその通りですね^^

では、行政書士の存在意義は何なのか?

これは、2パターンに分かれると私は思っています。

1つは、労力を減らすことに特化したシステム。とにかく依頼者が、動かなくっても、時間をかけなくっても、同じ効果が得られる。こういう風なアピールの仕方ですね。

もう一つは、それぞれ個人に合わせて、オーダーメイドの書類を作っていることや、一人一人に対して、話を聞いて、違うケアーをしていることなどのアピールの仕方。

このどちらかに分かれると思うんですね。

値段の安い、行政書士事務所は、今前半のポリシーで仕事をすることになります。

そして、後者は、値段は高めにその代り、一人ひとり丁寧にが、重要なポリシーになるんですね。

そういう違いを、アピールしていくことが、行政書士には必要なんですね。

そもそも、自分で何でもする人は、行政書士に依頼しませんし、自分でいろいろやって、トラブルになってしまったら、弁護士案件ですので、行政書士は介入できません。

となると、しっかりこの部分を理解してくれる人を、最初から、ターゲットにして、仕事をすればいいんですね^^

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

行政書士で、お客さんから自筆証書遺言と公正証書遺言で報酬額がなぜ違うのか聞かれました。が、答えられませんでした

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

行政書士の報酬は、報酬の平均額や、周りの事務所の値段を参考に最初は決める人が多いです。

ですが、それだけだと、困った質問が来ることもあるんですね。

お客さんから、こんな質問を頂いた生徒さんがいました。

今日、お客さんから自筆証書遺言と公正証書遺言で報酬額がなぜ違うのか聞かれました。私は価格を決める際、あまり深く考えず、他の方の価格表を見て決めていたので、うまく答えることができませんでした。

さて、こうなってしまうと、お客さんから不審がられてしまい、最悪、依頼がなくなることも考えられます。

そうなっては元も子もない。

ちなみに私でしたら、「信頼」と「手間」の違いが、金額に現れていると考えています。

たとえば、自筆証書は、依頼者の手書きですので、何かしらミスがあれば、無効になります。

また、全部手書きなんで、結構大変です。

一方、公正証書は、公証人や、我々が、何度もチェックして、文面を作るので、高いですが、ほぼ間違いなく、効果が発動します。

そして、完全に文章を依頼者が作らなくとも、話を聞いて、私たちの方で、文面を作ることもできます。

この違いが分かっていれば、その手間と、安心、信頼への値段の違いと説明できるんですね。

最初のころはわからないところばかりですが、こういう思わぬところを、つつかれるのが、現場です。

そういうことにも対処できる、スキルを磨きましょうね。

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!