ビラで集客をしたい。そんな起業家が、まず知っておくべき現実

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

阿部「私が、無理せず起業塾の代表『塾長』の阿部浩明(アベコウメイ)です。」

相棒「ふふふ。こんにちは、相棒です。今日もよろしくお願いします」

阿部「開業して、起業して一番最初にやる集客方法って、ビラ配りって人多いですよね」

相棒「そうなんですか?」

阿部「はい。起業塾とか、何も入っていない人は、そういうところから始める人が多いです」

相棒「何していいかわからないので、とりあえずビラからという感じですかね」

阿部「費用も比較的、安く済みますからね~」

相棒「なるほどね」

阿部「でも、ビラって、皆さんどれくらい読みます?自宅に入ってるビラです」

相棒「……読まないで、ほとんど、ポイですね」

阿部「そうそれが普通なんです。ということで、少しでも、よんでもらえる工夫が必要になるんですね」

相棒「難しいですね」

阿部「さらに、よんでもらったうえで、反応もしてもらわないといけない」

相棒「反応?」

阿部「今すぐに必要な情報なら、電話なりお問い合わせですね。今すぐじゃないなら、その紙を保管してもらわないといけない」

相棒「なるほど、何かしら行動してもらわないと、ダメということなんですね」

阿部「だからこそ、ビラは、相当鍛え上げることと、物量戦が必要になります」

相棒「大変なんですね」

阿部「だから私は、今、ビラ配りしてません。が、ビラでどうしても集客したいという方のために、ちょっと作戦を練ってみますね」

相棒「次回、以降ですね」

阿部「はい^^少々お待ちくださいね」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

起業家の集客に必要な、接触の法則の考え方

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

阿部「私が、無理せず起業塾の代表『塾長』の阿部浩明(アベコウメイ)です。」

相棒「ふふふ。こんにちは、相棒です。今日もよろしくお願いします」

阿部「さて、今回は、過去に発行した無理せずの不定期配信号メルマガを、ブログで公開します」

こんにちは。行政書士の阿部浩明です。

さて、今日は集客のお話。3ヶ月の法則です。

皆さん。年賀状は書きましたか?私は、今年(2012年)は150枚書きましたが、予想外の人からも届きましたので、 「あー、あと20枚は、書かなくちゃ……」と、思いつつ後回しになってます><…反省です。

ところで、皆さん、「3ヶ月の法則」て、ご存知ですか?

「3ヶ月疎遠になると忘れられてしまう」という法則です。

例えば、皆さんがラーメン屋さんが大好きだったとします。ラーメン屋さんってたくさんありますよね。あるAという店に、あなたが通っていたとします。

ところが、忙しくなって、Aには行けなくなったので、新しく会社の近くのBという店に行くようになったとしますよね。

問題は、その後、4ヶ月ほどして、忙しくなくなったときにAの店に行こうと思うかなんです。

Aに行く理由は、

「おなかすいた」→「外食しよう」→「ラーメンを食べたい」→「Aに行こう」

と、お客さんが考えるからです。

この思考のなかに、「A」のお店の名前が浮かばなかったら、お客さんは、絶対に「A」には行きません。

行かないのは、「A」が嫌いだからじゃないんです。思い出せなかったからなんです。

人間は、接触の回数を増やすと親近感が沸き、それが減ると疎遠になります。つまり、商売人側からすると、いかに接触回数を増やすか?が、大事なポイント。

これは、行政書士も一緒です。

私は、同じ方から、何回も依頼をいただきますし、テレビの購入まで相談されます(笑)

これは、ブログやメルマガというものを通じて、接触回数を増やしているからです。

でも、しつこすぎると嫌がられますから、ペースは考えてくださいね。

ちなみに、このときの、接触の仕方ですが、絶対に売り込まないでくださいね。嫌われます。

行政書士は、新規獲得ばかりすればいいお仕事ではありません。過去のお客さんを大切にすることを忘れないようにしましょう^^

阿部「ということで、お疲れ様でした。この、メルマガはこれで終わりになります」

相棒「そのまま公開するには、やや、過激かなと思った部分は、訂正して載せさせてもらってます」

阿部「そうなんです。やっぱり本当に大事な情報は、一般公開できないことも多いので。そういう情報がほしい方は、メルマガに登録していただければと思います。」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!

 

新人起業家の皆さん。あなたの商品に『特別』は、いりませんよ。

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

阿部「私が、無理せず起業塾の代表『塾長』の阿部浩明(アベコウメイ)です。」

相棒「ふふふ。こんにちは、相棒です。今日もよろしくお願いします」

阿部「さて、差別化って聞いたことありますか?」

相棒「ほかの人との、差を作りということですよね?オリジナルの商品を作るとか」

阿部「うん。やっぱり、そう勘違いしている人って、多いですよね」

相棒「うん?勘違い??」

阿部「はい。勘違いなんです。というのも、そもそもオリジナル商品なんていらないんですね」

相棒「うん?何でですか?」

阿部「それは、同じ商品でもすでに、売っている人が違う時点で、差別化ができているからなんです。だから、極端なことを言うと、商品に、特別性もいらないんです」

相棒「そうなの?」

阿部「もちろん、やっていくうちに、自分の商品の改善点や、求められていることが見えてくるので、そこから、特別性を育てていく必要はいずれ出てきます。でも、最初から、特別なものを扱うと、上手くいかなかった時、何がまずいのか?見えなくなっちゃうんですよ」

相棒「要するに、特別性は、いずれ出していくとして、最初は、ごくごく普通のものを売った方がいいということですね」

阿部「平均的と感じるサービスから、進化させていく。最初は、平均的なものをまねするところから、始めるといいですよ」

 

無理せずのサービス紹介!
■GW企画!札幌セミナー
GW企画!札幌から全国へ。先生業が、地方から全国のお客さんを相手にできる起業家に成長する2日間です!
■無料メルマガ
無理せず起業塾基礎テキスト一般公開!『はじめの起業した人が無理せず迷わずに進める起業の7ステップ』メルマガ配信開始です
■期間限定!無理せず起業塾に初めて入るなら、このプランから
無理せず起業塾の限定募集!初めてさんプランで、無理せずで勉強しよう!