起業対個人の時代から、個人重視の時代に変わる中、私たちは何を気を付けないといけないのか?

こんにちは。無理せず起業塾、お坊さん行政書士の阿部です。

時代は企業から個人へ。こういう風に変わっていく流れが、見え始めていますね。

会社員として働いていても、今までと違って、お客さんは、個人につく時代になりつつあります。

実際、私が塾講師をやっていた時代にも、私の授業が受けたいからと、わざわざ入塾する子もいました。

いま、外資の保険屋さんなんか見ていてもそうですよね。

売っている人の魅力で、売っている商品の会社なんてあんまり気にしていないなんて人も増えてきています。

これって、突然変な時代が来たのではなく、もともと商売というのは、こういうものだったんです。

ところが、一時期の不景気や、会社が絶対偉いといった、風潮が蔓延したとき、こういうお客さんと、従業員の関係というのが破壊され、今の変な時代を迎えました。

この時代は、人は、歯車の一つであればよく、誰でも変わりが効く時代。なんだろう。人として、見てもらえない時代が続いていたわけです。

それが、今、ようやく元に戻ろうとしている。

そんな感じがするんですね。

私は、会社員であっても、個人事業主であっても、その個人に魅力がなければ、生き残っていけない時代が来ると考えています。

どんなにいい商品でも、売り手に魅力がなければ、このネット社会の中、人と関わらずに、自動販売で買った方がよくなってしまいます。

そうなったら、人工知能の世の中になって、我々は役立たずです。

でも、やっぱり、人と人の触れ合いを求めるのが人間。

だからこそ、個人重視の人との縁を重視する商売の形か、人工知能に頑張ってもらって、低コストで、スピードと利便性を求められるかの、どちらかになると思うんですね。

さて、あなたはどのように生きますか?

無理せずで、自分の人生について一緒に考えたい人は、メルマガから、スタートしてくださいね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 起業対個人の時代から、個人重視の時代に変わる中、私たちは何を気を付けないといけないのか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]